> > キャッシングすると通知くる?と心配な場合に選ぶべき業者とは

キャッシングすると通知くる?と心配な場合に選ぶべき業者とは

キャッシングがしたいと思った時、審査はどんな風に行われるのか、利息はどれくらいつくのかなど、気になることはたくさんありますよね。その一つとして、キャッシングを利用していることを知られるのではということもあるのではないでしょうか。

例えば家族に心配を掛けたくない、ギャンブルに使ってしまったので家族には知られたくないなど、様々な理由から家族にさえキャッシングしていることがバレたくないと思うことがあっても不思議はありません。

そんな時に気になるのが、キャッシングをすると何か通知が来るかということなのではないでしょうか。それは、自宅に郵便物が届くと、それが原因でバレることもあるからです。

それでは、キャッシングを利用すると通知が来るのかというと、これは借り入れ先によるというのが答えです。それでは、キャッシングを利用するとどのような通知が来る可能性があるのでしょうか。

キャッシングをした際に来る通知は、主に2種類です。それは、契約の際に送られる契約書類やローン用のカード、そして借り入れや返済をした時の利用明細書です。そこで、どこからキャッシングをすれば郵便物が来ずに安心して利用できるのか、具体的に見てみたいと思います。
(⇒郵便物を0で借り入れる方法とは

消費者金融の商品を見てみよう

消費者金融は中小企業も合わせるとかなりの数があるので、全国どこからでも利用できる消費者金融について見てみたいと思います(50音順)。

大手消費者金融

アイフル

利用限度額 金利(%) 通知について
500万円 4.5~18.0 カード送付時

アイフルは、店舗や契約ルームを持っています。直接行って手続きした場合、最短30分でその場でカードが発行されます。また、申し込みのみ電話やインターネット、モバイル端末で行い、その後来店して手続きをする方法もあります。(参考ページはこちら→融資の申し込み方法は多彩になりました

来店せずに手続きをすると、カードは郵送されます。その場合、まずは時間帯指定が細かくできます(午前中、12時から14時、14時から16時、16時から18時、18時から20時、19時から21時)ので、自分が在宅している時に届くように手配すれば家族に知られることはありません。これは、ネットからの申し込み限定のサービスです。

それから、カードは本人限定配送という方法で送られ、以下の書類のいずれかを提出して、それを元に本人確認をしてからカードを受け取るシステムになっています。そのため、家族が代理で受け取ることができないので中身を見られることがありません。使える書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 年金手帳・年金証書
  • 外国人登録証明書・在留カード・特別永住者証明書

それ以外で郵送物が届くのは、アイフルでは以下の場合です。

  • 一部の提携先ATMを利用して借り入れや返済をした場合
  • 返済が遅れ、なおかつ電話での連絡が取れない場合
  • 利用者からの希望があった場合
  • アイフルの判断で郵送が必要だと思われる時
  • 利用明細の送付を希望した場合

利用明細書を発送するかどうかは希望を聞かれますので、発送しないようにしましょう。ただし、一部の提携先ATMを利用すると明細書が送られる可能性があります。アイフルからの通知は、社名無しの封筒で送られます。

上記の事から、提携ATMでの借り入れをする場合には注意が必要であることがわかります。それから、返済が遅れた場合は、電話に出るか遅れる旨を利用者の方から連絡するかしなければいけません。

返済が遅れると消費者金融からの印象が悪くるので、書類の事だけではなく返済する意思があることを示すためにも、返済が遅れそうな場合は自分から連絡を入れることをお勧めします

アコム

利用限度額 金利(%) 通知について
500万円 4.7~18.0 郵送での契約時・カード送付時

アコムは、店舗や自動契約機(むじんくん)を持っています。直接行って手続きした場合、その場でカードを受け取ることができます。契約方法として郵送を選んだ場合、契約に必要な書類が郵送されます。

また、電話で申し込み後、店舗や契約機でカードを受け取ることもできます。来店せずにネットで手続きをした場合は、カードが郵送されます。これらはどちらもACサービスセンター名で送られます。

それ以外で郵送物が届くのは、アコムでは以下の場合です。

  • 振り込みでの借り入れを利用した場合
  • 利用明細の送付を希望した場合

アコムでは、発送を希望しない限り明細書は送られません。

ノーローン

利用限度額 金利(%) 通知について
300万円 4.9~18.0 郵送での契約時・カード送付時

ノーローンでは、インターネットか電話で申し込んだ場合、新生銀行カードローンのレイクの契約機を利用して契約をするか、ファックスで本人確認書類を郵送して即日振り込みでキャッシングを受けた後郵送された契約書類を返送して手続きするかになります。来店せずに手続をすると書類やカードが郵送されます。

また、下記の場合は郵送物が届きます。

  • 提携ATMやCDを利用した場合(送付を承諾した場合のみ)
  • 返済が遅れ、なおかつ電話での連絡が取れない場合
  • 振り込みキャッシングを実施した時
  • 利用者からの希望があった場合

プロミス

利用限度額 金利(%) 通知について
500万円 4.5~17.8 郵送での契約時・カード送付時

プロミスでは、店頭窓口・自動契約機・三井住友銀行ローン契約機を使用しての申し込みができます。この場合はカードがその場で受け取れます。インターネット経由・モバイル端末で申し込んだ場合、Web契約・来店での契約・郵送での契約が選べます。郵便物が届くのは、Web契約の時と郵送契約の時です。郵送で申し込んだときも郵便物が届きます。

また、下記の場合は郵送物が届くことがあります。

  • 提携ATMで借り入れや返済をした場合
  • 返済が遅れ、なおかつ電話での連絡が取れない場合
  • 振り込みキャッシングを実施した時
  • 利用者からの希望があった場合

モビット

利用限度額 金利(%) 通知について
800万円 3.0%~18.0% 郵送での契約時・カード送付時

モビットでは、ローン申込機での申し込みができます。この場合はカードがその場で受け取れます。また、インターネット経由・モバイル端末・郵送・電話で申し込んだ場合、カードの受け取り方法が郵送とローン申込機と選べます。ローン申込機で受け取れば、カードは郵送されません。

郵送の場合はMCセンターの名前で書類が郵送されます。また、下記の場合は郵送物が届くことがあります。

  • 銀行振り込みや口座引き落とし、コンビニエンスストアでの返済時(希望している場合のみ)
  • 提携ATMや振り込みキャッシングを利用した場合

モビットでは、Web完結という手続き方法を利用すると、電話・郵送物が一切ありません。ただし、この方法を利用するためには、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらかに普通預金口座を持っていることが必要です。また、社会保険証か組合保険証を持っていることも必要です。

以上の事から、大手の消費者金融では、契約時も自宅に書類が送付されず、また利用方法を考えれば明細書なども届かないようにすることができることがわかります。ただし、自宅から行ける場所に店舗や契約機が無い場合は難しいと言えそうです。

中小企業消費者金融

中小企業の消費者金融に関しては、全国から利用でき、口コミランキングで上位に入っている会社を3社見てみます。

AZ株式会社

利用限度額 金利(%) 通知について
300万円 7.0~20.0 郵送での契約時

AZ株式会社では、申し込みは店頭・インターネット経由・モバイルサイト・ファックスでできます。店頭で契約した場合はその場で契約し融資が受けられますが、店頭に行けない場合は郵送になります。

AZ株式会社では、基本的には郵送物は自宅に送りますが、不都合な場合は別の場所に送付してくれますので、家族に知られずに利用しやすくなっています。

キャネット

利用限度額 金利(%) 通知について
300万円(新規50万円) 15.0~20.0 郵送で契約時

キャネットは、基本的には北海道内に住んでいる人に融資を行っていますが、キャネットのサイトの専用フォームか、郵送・ファックスで申し込んだ場合のみ全国から(一部例外あり)利用できます。

申し込みは来店・電話・インターネット・郵送・ファックスででき、審査結果の連絡後来店か郵送で手続きをします。郵送の場合は、書類が送られてくることになります。

利用明細書は、キャネットでは原則として送らないことになっています。必要であれば連絡すれば送ってもらえます。

ユニズム

利用限度額 金利(%) 通知について
50万円 15.0~20.0 郵送での契約時

ユニズムでは、どこから申し込んでも振り込みでの融資が行われています。インターネット経由での申し込みになり、契約が完了した時点で契約書類が郵送されます。

中小企業の消費者金融でも、やはり郵送物が無くて利用できるかどうかは店舗に直接行けるかどうかが関係しています。しかし、AZ株式会社のように配慮してくれるところもあるので、事前に相談することをお勧めします。

専業主婦が消費者金融で借りる時

ここまで、消費者金融からなら通知が来ないようにお金が借りられるかどうかを確認しました。もし、その目的が家族に知られないようにすることであれば、残念ながら専業主婦がキャッシングを利用する場合は、通知が来ないように消費者金融を利用することはできても家族に内緒で借り入れをすることはできません。

それは、総量規制と呼ばれる決まりによるものです。総量規制とは、貸金業である消費者金融が守らなければならない貸金業法と呼ばれる法律に定められた規制のことで、内容は借り入れ額が申し込み者の年収の3分の1までになるようにするというものです。同一業者からだけではなく、他の消費者金融からの借り入れも含めて計算します。

それに従うと、自身に年収が無い人は借り入れができないことになってしまいます。そのため、専業主婦は消費者金融から借り入れをすることは本来ならできません。しかし、この総量規制にはいくつかの例外が設けられています。その例外とは以下の通りです。

  • 顧客が一方的に有利になるもの
  • 緊急の医療費
  • 配偶者の年収との合計が年収の3分の1以下になる貸し付け
  • つなぎのための貸し付け
  • 個人事業主に対しての貸し付け

上記の中に、配偶者との収入との合計が年収の3分の1以下になる貸し付けというものがありますよね。これを配偶者貸し付けと言うのですが、これがあるので、専業主婦が消費者金融から借り入れをすることは例外としてできます。ただし、その際には必ず配偶者の同意と、配偶者との夫婦関係を示すために住民票などの書類を提出することが必要です。

また、この配偶者貸し付けを利用すると、配偶者が借り入れをしようとした時に配偶者貸し付けで借りている金額だけ配偶者は借り入れをすることができなくなります。

以上の事から、専業主婦の借り入れで、通知が来ないようにする目的が家族に知られないためだという人の場合、消費者金融から借り入れをした場合家族に知られることになります。

そのため、通知が来なくても意味がなくなってしまいますので注意が必要です。

銀行の商品を見てみよう

それでは銀行の場合はどうなのか、みんなが利用できるという意味で、全国から利用できる銀行カードローンについて確認してみましょう。

銀行のカードローンの場合

全国からの申し込みに対応している銀行もいくつかありますので、ここではその中からその銀行に口座を持っていなくても即日融資に対応できるカードローンを持つ銀行を中心に紹介します(50音順)。

新生銀行カードローンレイク

利用限度額 金利(%) 通知について
500万円 4.5~18.0 郵送での契約時・カード送付時

レイクの申し込みにはインターネット・モバイル端末・自動契約機・電話・郵送が使え、契約はインターネット上か自動契約機、郵送で行えます。自動契約機でカードを受け取った場合以外は、本人限定郵便でカードが自宅に送られます。また、郵送で契約をする場合は契約書も郵送されます。

レイクでは、領収書や明細書を送らないようにする手続きもできます。

三井住友銀行カードローン

利用限度額 金利(%) 通知について
800万円 4.0~14.5 郵送での契約時・カード送付時

三井住友銀行のカードローンの申し込みには窓口・インターネット・モバイル端末・電話・ローン契約機・郵送が使え、契約は窓口・インターネット上・ローン契約機・郵送で行えます。カードの受け取りにはローン契約機・郵送が選べます。

三井住友銀行では、明細書は送られません。郵送を希望すれば、3カ月ごとに届きます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

利用限度額 金利(%) 通知について
500万円 4.6~14.6 郵送での契約時・カード送付時

バンクイックの申し込みにはインターネット・モバイル端末・テレビ窓口・電話・郵送が使え、契約はテレビ窓口・ファックス・郵送で行えます。カードの受け取りはテレビ窓口か郵送でできます。

バンクイックでは、借り入れ・返済時に書類は送付されません。

即日融資ができないので今回は詳細は省きますが、みずほ銀行やオリックス銀行ではカードローン自体は全国から申し込めても、契約機を利用してカードを受け取る方法が使えないため、郵便物が必ず送られることになります。そのため、郵便物が届かないようにしたい場合、契約機でカードを受け取れる銀行を選ぶ必要があります

ネット銀行のカードローンの場合

それでは、ネット銀行の場合はどうか見てみたいと思います(50音順)。

じぶん銀行カードローン「じぶんローン」

利用限度額 金利(%) 通知について
500万円 3.9~17.5 カード送付時

じぶん銀行のカードローンの申し込みは、パソコン・携帯・スマホからインターネット上でできます。契約はインターネット上・ファックス・郵送で行えます。借り入れは振り込みでもできますが、後でローン専用のカードが郵送されます。利用明細書はATMの利用時に発行されるので、郵送はされません。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

利用限度額 金利(%) 通知について
1000万円 2.5~18.0 カード送付時

ジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用するためには、ジャパンネット銀行に口座を持っていることが必要です。そのため、口座を持っていない人は口座を開設することになります。ネットキャッシングの使い方はカードローンと同じで、利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れや返済ができます。

借り入れはパソコン・携帯・スマホででき、借りたお金は普通預金口座に入金されます。また提携ATMも利用できます。ローン専用のカードが届くことは無く、キャッシュカードとトークンと呼ばれる本人認証のための機器が簡易書留で届きます。

住信SBIネット銀行カードローン

利用限度額 金利(%) 通知について
1000万円(プレミアム)・300万円(スタンダード) 2.49~7.99(プレミアム)・8.99~14.79(スタンダード) カード送付時

金利は変動金利です。住信SBI銀行のカードローンを利用するには、住信SBI銀行に口座を持っていることが必要です。そのため、口座を持っていない人は口座を開設することが必要です。

カードローンの借り入れはWEB経由かモバイルサイトで行うことができ、提携先のATMであればキャッシュカードを使って借り入れができます。そのため、ローン専用カードを持つのと違って家族にカードローンの利用が知られにくくなります。また、利用明細書も発行されません。

楽天銀行カードローン

利用限度額 金利(%) 通知について
500万円 4.9~14.5 カード送付時・(提携ATMでの入金時)

楽天銀行では、インターネット上で申し込みをし、郵送かインターネット上で契約をすることができます。その後、ローン専用カードが簡易書留で郵送されます。利用明細書は基本的には送付されませんが、一部の利用者に関しては提携ATMで入金した場合に郵送で明細が送られることがあります。

以上の事から、ネット銀行はキャッシュカードをローンカードとして利用するタイプと、ローン専用のカードを郵送するタイプとがあることがわかります。

地方銀行のカードローンの場合

地方銀行のカードローンは、その銀行の営業区域内に住んでいることが利用の条件となるため、全国対応ではありません。そこで詳細は省きましたが、北海道銀行・広島銀行などいくつか見てみたところ、正式な契約は郵送で行われ、カードが手元に届いてから利用できることになっていました。

福岡銀行は、通帳を持っていればWeb完結申し込みが使えましたが、やはりカードは郵送されます。また、青森銀行のように、契約手続きは窓口でしかできないところもあります。

地方銀行の場合は、銀行によって違いはありますが、郵送物無しでは利用できない可能性が高いです

通知を受け取らずに借りる方法

これまで、大手・中小の消費者金融、銀行、ネット銀行、地方銀行について郵便物が送られるかどうかを見てきました。その結果、わかったことについてまとめます。

通知が来ないためにするべきこと

結局のところ、消費者金融・銀行問わず郵便物が送られない方法があるのです。そのため、通知が来ないようにするには、借り入れ先金融機関の特徴を知り、通知が来ないで借り入れができる借り入れ先と方法を選ぶことがポイントとなります。

地方銀行はそれぞれ特色があってこうすればいいということができませんので、その他について郵送物無しで利用するためのポイントをまとめます。

大手消費者金融・銀行カードローン

  • 窓口もしくは契約機を利用する
  • 明細書は送らないよう指定する

中小消費者金融

  • 窓口を利用する、郵送の場合は自宅以外を指定できるところを選ぶ
  • 明細書が送られないところを利用する

ネット銀行

口座を持っている人しか利用できない代わりにキャッシュカードやネット上での借り入れができる銀行を選べば通知を受け取らず利用できるが、誰でも利用できるところはローン専用のカードが発行されるので、通知が来ることになる。

以上の特徴を知って、通知が来ない方法で利用することを考えましょう。

新着記事
ページトップへ