> > 検証!三菱東京UFJ銀行のカードローンは審査がゆるい!?

検証!三菱東京UFJ銀行のカードローンは審査がゆるい!?

世界でも有数のメガバンクとして知られる、三菱東京UFJグループの主力、「三菱東京UFJ銀行」。大都市部にお住まいの方には取引されている方も多いでしょうが、それ以外の方には「名前は知ってるけど、どこにあるのかは知らないなぁ…。」という方も少なくはないでしょう。(参考ページはこちら→三菱東京UFJ銀行の詳細

カードローン探しで欠かせない銀行選び

さて、どこかからお金を借りなければいけなくなったときに、皆さんはスムーズなカードローンやフリーローン、あるいは目的別ローンを探すことができるでしょうか。特に現金を必要とする場合、フリーローンかカードローンに的は絞られますが、沢山ある的のどれを狙えばいいのでしょう?(参考ページはこちら→金融会社選びのヒント

既に口座を持っている人も、そうでない人も、カードローンを探すときに三菱東京UFJ銀行の存在は覚えておくといいですよ。その理由についてこれからご紹介していきますので、じっくりとご覧下さい。

安心して利用できることの大きさ

「カードローンなんて、借りれればどこでも同じだろ?」なんて考えている方はいませんか?20世紀の終わりから2010年代前半にかけて、金融機関や消費者金融の世界に大きな変化が起きたことは少なからず見聞きしたことがあるでしょう。どちらも多くの企業が倒産や合併などで姿を消し、今でもその動きは緩やかながら続いているんです。

1990年代、最高で40,000社以上あった貸金業者。それが今では20分の1ほどの2,000社ちょっとにまで減っているんです。20分の1ということは、パーセンテージにするとたった5%。わずか20年強で生き残った貸金業者は全体の5%しかないんです。

銀行にも大きな変化がありました。昔覚えていた銀行は今、どこの銀行となっているかなんて、普段は考えないことでしょうが、こちらも20年ほどで多くの銀行が吸収合併を繰り返している状態。第一勧業銀行・さくら銀行・北海道拓殖銀行・三和銀行など、全国的に名を知られた銀行でさえ、その名を消しています。

カードローンをはじめとする借り入れは、このような流れに動じない、安心した所を選びたいものです。いつ、どこがどうなるかは一般市民の私達には予測もつかない事ではありますが、三菱東京UFJ銀行が突然なくなるなんてことはまず考えられないでしょう。そういう意味では安心できる借入先と断言できます。

審査が厳しいんじゃないの?

「借り入れも安心できる所から!」とは言ったものの、審査に通らないと借りれませんよね(笑)。では、三菱東京UFJ銀行のカードローンは審査が厳しいのかというと、これがそうでもないんですね。銀行の、しかも日本最大級のメガバンクの審査ってどんなんだ!?と思われるかもしれませんが、そんなに肩肘張らなくても大丈夫です。

ネットに流れる口コミ情報は、全てを信じてしまうと身動きが取れなくなります。借りれた人と借りれなかった人でその評価は両極端に分かれますからね。ある程度の参考にすべき材料にはなりますが、実際の審査結果は個人で差があるものなんです。

そんな情報の中に、三菱東京UFJ銀行の行員が話す内容として、審査は概ね保証会社のアコムに任せているという記事が掲載されたことがあります。カードローン「バンクイック」の審査が緩いぞ、ということのようですが、これも「そういう可能性もある」位に受け止めておくべきでしょう。

では、実際に審査は厳しいのかゆるいのか。これは申込み条件などを見て考えるのが一番です。その見方を、これからお話していきますね。

三菱東京UFJ銀行でのカードローン選び

では、具体的に三菱東京UFJ銀行のカードローンを見てみましょう。同行には2つのカードローンがあります。ひとつはテレビCMやネット広告などでもお馴染みの「バンクイック」、もうひとつは「マイカードプラス」です。共通点と相違点があるので、わかりやすく一覧表にしてみました。

「バンクイック」 項目 「マイカードプラス」
20~64歳で安定収入がある方 申込条件(共通) 20~64歳で安定収入がある方
(株)アコム 保証会社(共通) (株)アコム
70歳の誕生月で借入が終了になる可能性あり 利用可能年齢(共通) 70歳の誕生月で借入が終了になる可能性あり
学生は10万円まで、専業主婦は30万円まで 学生・専業主婦(相違) 専業主婦OK
10万~500万円(10万円刻み) 限度額(相違) 30万~100万円(新規は30万。6ヵ月後、10万円単位で増額申込み可能)
なくてもOK 口座保有の有無(相違) 絶対必要
専用カードで引出し 借入方法(相違) 自動融資・カードで引き出し・ネットバンキングで振込依頼
①口座引落とし(同行の口座限定)②カードで入金 返済方法(相違) 口座引落し必須。カードやネットバンキングで随時返済も可
コンビニATMも無料 ATM手数料(相違) コンビニATMは有料(時間帯によって108円か216円)
最短即日可能 融資までの時間(相違) 約2週間(結果が郵送のため)

バンクイックとマイカードプラスの大きな違い

上の表を見ていただけるとおおよその見当はつくと思いますが、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなければ「マイカードプラス」は利用できません。商品名の一部になっている「マイカード」は三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードの事だというのがわかれば、何のことはない違いなんですが(笑)

時間的に急ぐ方は、断然「バンクイック」を選択すべきでしょう。表にもある通り、「マイカードプラス」は審査結果を郵送で行ないます。要する日数は約2週間。時間的に余裕を持った申し込みが大前提になります。

バンクイックは三菱東京UFJ銀行の口座がなくても利用可能なので、無理に口座を開設する必要はありません。

また、「バンクイック」がキャッシング(現金融資)に特化しているのに対し、「マイカードプラス」は公共料金やクレジットカードの引き落としで残高不足が出るときの自動融資を行なってくれるといったバックアップ融資の顔も持っています(デビット機能やマイカードプラスの返済など、自動融資の対象にならないものもあるので注意)。

どちらも安定した収入があれば、正社員・非正規社員の条件はなく、専業主婦の方も配偶者に安定した収入があれば30万円を上限とした融資を受けることも可能です。この点から見ても、「三菱東京UFJ銀行は申し込みしやすい」というのがわかりますね。

どちらを選ぶかのまとめ

結局のところ、「バンクイック」と「マイカードプラス」のどちらを選択するかは下の囲みような基準になります。時間的余裕や借りたい金額など、諸条件も踏まえて考えましょう。

「バンクイック」を選ぶべき人

  • 三菱東京UFJ銀行の口座がない
  • 即日~数日の間に融資を受けたい
  • 希望額が30万円超
  • 利用も返済もカードで充分
「マイカードプラス」を選ぶべき人

  • 三菱東京UFJ銀行の口座で支払いをしている
  • 2週間程時間がかかってもOK
  • 最初の希望額が30万円以内
  • ネットバンキングからも利用したい

バンクイックで急ぎの融資を受けるために

さて、ここまでは「バンクイック」か「マイカードプラス」かをどう考えて選ぶかについてお話してきましたが、急ぎで借りたい方は「バンクイック」になることがお解りいただけたと思います。では、実際にバンクイックで急ぎ融資を受けるにはどうしたらいいでしょう?

ネット申込みと電話で急ぎのアピールを

バンクイックの申し込みは、ネットが一番のお勧めです。電話だと氏名や住所などの基本的なことから質疑応答するので時間がかかりますし、途中で返答に詰まったときに困ってしまいます。まずはネットで細かな情報を申告し、「急ぎなのですが、即日融資に間に合いますか?」とその部分だけを電話で強調するといいでしょう。

即日融資を受けるには、「テレビ窓口」で手続きを!

ネットで申し込み、電話でアピール。審査結果を受取ったら、最寄のテレビ窓口(自動契約機のようなもの)へ「運転免許証」を持って契約手続きを行いましょう。実は、バンクイックで即日融資を受けるための必須アイテムがこの「運転免許証」なんです。即日融資可能な唯一の身分証明書類なので、ここは要チェックですよ。
(参考ページはこちら→大手ならネット対応も当たり前?

「テレビ窓口」は日本全国に600台以上設置されています。主な設置場所を表にしてみたので、行ける場所にあるかの参考にして下さい。

都道府県 市区町名 都道府県 市区町名
北海道 札幌市中央区 宮城県 仙台市青葉区
茨城県 土浦市・水戸市 栃木県 宇都宮市
群馬県 前橋市 埼玉県 さいたま市など18市に計31ヶ所
千葉県 千葉市・市川市・船橋市・木更津市・松戸市・佐倉市・習志野市・柏市・八千代市・鎌ヶ谷市・浦安市 東京都 23区全区・八王子市など16市に計226ヶ所
神奈川県 横浜市・川崎市・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・茅ヶ崎市・厚木市・大和市・海老名市に計54ヶ所 新潟県 新潟市中央区
石川県 金沢市 岐阜県 岐阜市・大垣市・多治見市・中津川市
静岡県 静岡市葵区・清水区・浜松市中区・沼津市・三島市・磐田市 愛知県 名古屋市など36市・海部郡蟹江町・知多郡武豊町に計101ヶ所
三重県 津市・四日市市・伊勢市・松阪市・桑名市 滋賀県 草津市
京都府 京都市・宇治市・向日市に計13ヶ所 大阪府 大阪市など28市に計111ヶ所
兵庫県 神戸市・姫路市・尼崎市・明石市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・三田市に計26ヶ所 奈良県 奈良市・大和高田市・大和郡山市・橿原市・北葛城郡王寺町
和歌山県 和歌山市・田辺市 岡山県 岡山市北区
広島県 広島市中区・福山市に 山口県 宇部市・周南市
徳島県 徳島市 香川県 高松市
福岡県 北九州市小倉北区・福岡市中央区・久留米市 長崎県 長崎市
熊本県 熊本市中央区

全国600台以上と言ったものの、東京・愛知・大阪で3分の2以上を占め、広い北海道には1ヶ所。海を隔てた沖縄には1ヶ所もありません。東北や中国地方も日本海側にはありません。

テレビ窓口がなければ振込融資の相談をしよう!

では、テレビ窓口のない地域にお住まいの方は即日~数日での融資は諦めるしかないのかというと、そんなこともないんです。電話でのアピールの際に、「口座振込をしてもらうことはできないか」を相談してみましょう。

バンクイックの会員規約によれば、特に認められる場合には三菱東京UFJ銀行の口座へ振込み融資を行なってもらうことができ、更に「その他三菱東京UFJ銀行が認めた方法」もありになっています。つまり、OKさえもらえれば、他行の口座へも特例的に振込をしてもらうことも可能だという事です。

限度額100万円以下なら収入証明書類は不要

先に「運転免許証」が必須と書きましたが、もし免許を持っていない方は、他の身分証明書で日数をかけることになります。また、希望額100万円を超える場合は源泉徴収票などの収入証明書も必要となります。テレビ窓口にしても振込依頼にしても、必要書類はきちんと提出できるように準備しておきましょう。
(⇒融資に申し込んで使うまでを解説

新着記事
ページトップへ