> > 銀行系でキャッシングをするのはメリットいっぱい!

銀行系でキャッシングをするのはメリットいっぱい!

キャッシングといえば消費者金融と思っている人、意外と多いのではないでしょうか。銀行系でのキャッシングは敷居が高いと思われがちですが、実はそうでもありません。しかもそれだけではなく、メリットがたくさんあることをご存じでしたか?そんな銀行でのキャッシングについて説明していきたいと思います。

銀行系でのキャッシング

ちょっとしたお金が必要になったとき、銀行系でキャッシングを考える人は意外と少ないと思います。銀行系のキャッシングと言えば、「敷居が高い」「銀行は高額融資」「審査が厳しい」「手間がかかる」「時間がかかる」なんて声をよく聞きます。確かにそうだったかもしれませんが、これは過去形です。昔はそうだったということですね。
(⇒現代の銀行融資審査について

今は銀行系のキャッシングと言えば、「お手軽」「即日融資」など消費者金融とほぼ変わらない水準まできているのは確かです。なぜ銀行が消費者金融と同じようにキャッシングするようになったのには理由があります。

消費者金融では、2010年に総量規制が改訂され、融資額に上限が設けられたんですね。法律で「年収の1/3までしか融資してはいけない」という決まりになったわけです。この法律により、年収の1/3以上の融資を受けたい人は銀行系で借入するしか選択肢がなくなってしまいました。この総量規制の改訂で、消費者金融で借入れできない人を銀行が取り込もうとしたのが大きな理由といえるでしょう。

それまで銀行は、キャッシングということにさほど力を入れていなかったのですが、消費者金融で借入れできない顧客を取り込もうと躍起になったわけですね。ただし、銀行は消費者金融が持っている貸金業のノウハウはなかったため、消費者金融と手を組み始めたのもこの頃です。消費者金融をグループの傘下に取り入れたり、完全子会社化したりする動きが目立ち始めましたね。そのため、銀行系といっても消費者金融の力を借りてキャッシングをおこなっているところが多々あります。

もうひとつは、ネット銀行です。店舗を持たないインターネット専用の銀行はキャッシングが得意だといってもいいでしょう。ネットから簡単に申し込むことができるのでお手軽だし、審査も比較的柔軟です。最近では若者に人気のキャッシングといえば、ネット銀行と言えるのではないでしょうか。

消費者金融とは

キャッシングと言えば「消費者金融」と思っている人も多いと思いますが、銀行との違いは何でしょうか。まず、消費者金融は「貸金業」といって、「お金を貸すこと」をメインに商売をしています。そのため、融資に関しては銀行に比べ、プロフェッショナルだと言えるでしょう。

ただし、2010年の貸金業への総量規制により、年収の1/3までしか融資できなくなったのは痛手だったといえるでしょうね。高額融資ができなくなってしまったため、少額融資に力を入れて顧客獲得のために頑張っているのが現在の消費者金融です。そのため、さまざまなサービスに力を入れているため、少額融資であるならば、消費者金融を選択することはいいかもしれません。

銀行系・消費者金融の違い

銀行系と消費者金融、どちらもキャッシングが可能ではありますが、この二つ似て非なりで、まったくの別ものといっても過言ではありません。それぞれにメリット・デメリットがあるので、その違いをみていきましょう。

  • 銀行系でのキャッシング
  • 銀行系のメリット
  • 銀行系のデメリット
  • 消費者金融でのキャッシング
  • 消費者金融のメリット
  • 消費者金融のデメリット

銀行系でのキャッシング

銀行系でのキャッシングといえば、若干敷居が高い感じがするかもしれませんが、最近の銀行系は、かなり消費者金融に近いイメージで借り入れることが可能だと思っていいでしょう。ネットから簡単に申し込むことができるし、審査や手続きもかなりスピーディになってきてはいます。ただし、高額融資になるとそれなりに時間がかかるのは今も昔もあまり変わってはいないかもしれませんね。

銀行系のメリット

銀行系でキャッシングをするメリットは大きくわけて二つあります。一つ目は、何と言っても融資額に上限がないことでしょう。年収の1/3までしか融資できない総量規制は、銀行には当てはまらないので、1/3を超えて融資を希望しているのであれば、銀行系で申し込むべきですね。

もうひとつは、銀行は金利が低いということです。金融機関によってもさまざまな金利設定ではありますが、消費者金融に比べるとやはり低いですね。返済回数が長引きそうな人は少しでも金利の低いところで申し込むと、トータルの返済額がかなり違ってくるので、ここは大事なところだと言えるでしょう。

銀行系のデメリット

最近は消費者金融並みのサービスになってきたとはいえ、やはり消費者金融にくらべるとまだまだな感はありますね。確かに、審査は柔軟になってきているし、スピーディにもなってきてはいますが、ちょっとしたことで時間がかかるのが銀行系だといっていいでしょう。銀行系でのキャッシングは時間がかかるもの、審査も厳しい場合がある、と思っていたほうがいいかもしれません。

消費者金融でのキャッシング

消費者金融でのキャッシングは、少額必要になった場合などにはやはり便利な金融機関だと言っていいでしょう。サービスも充実しているし、何より対応がいいのか借りる側にとっては嬉しいことかもしれませんね。はじめてキャッシングをする人ではあれば、消費者金融がお手軽で借りやすいのは間違いないでしょうね。

消費者金融のメリット

消費者金融のメリットは何と言っても、スピーディだということでしょう。即日融資が当たり前になっているのが消費者金融なので、急いでいる人にとっては嬉しいことですよね。審査もかなり柔軟なので、自分の属性にちょっと不安がある人はいいかもしれませんね。

消費者金融の大きなメリットは、無利息期間というサービスをしているところがいくつかある点ですね。無利息期間というのは、ある一定内に返済すれば、利息が一切かからないというサービスです。ちょっと借りてすぐに返済できる人なら無利息期間を利用するのがおすすめといえるでしょう。

消費者金融のデメリット

消費者金融でのデメリットは、まず融資額に上限があることです。貸金業なので、総量規制の対象となっており、融資の上限は年収の1/3までと決められています。1/3までの融資であればもちろん消費者金融でも可能ですが、それ以上になると融資はしてもらえないので注意が必要です。

そしてもうひとつ、銀行系に比べるとやはり金利が高めだということでしょう。特に長期に渡って返済を計画している人であれば、ちょっとの金利の差でも返済額が大きく違ってくるので気を付けましょう。

銀行系・消費者金融の比較表

銀行と消費者金融の比較を表にまとめてみました。

  銀行系 消費者金融
融資額 上限なし 年収の1/3まで
金利 1.9%~17.0% 4.5%~18.5%
即日融資 一部可能 可能
無利息期間 一部あり 一部あり
審査 比較的厳しい 柔軟に対応
専業主婦 融資可能 融資不可

銀行系でキャッシングをするために

銀行系でキャッシングをすると決めたら、まずは自分の優先順位をきちんとまとめておきましょう。何が最優先かによって選択する銀行も変わってきます。以下の項目を書き出して、目的に見合った銀行を選ぶのがキャッシングを成功させるための大きなポイントとなってくるでしょう。

  • いつまでに必要
  • 融資額はいかほどか
  • 金利
  • ネットで済ませたい
  • 相談したい

いつまでに必要

キャッシングをしようと決めたら、いつまでにお金が必要なのかを考えてください。最近の銀行は、即日融資が可能になってきたとはいえ、消費者金融のように即日融資が当たり前とはなっていません。銀行によって即日融資が可能なところは確かにありますが、ある程度日数がかかるところもまだまだ多いのが現状です。即日融資を希望しているのであれば、対応している銀行でキャッシングを申し込むようにしましょう。

融資額はいかほどか

キャッシングの希望額はいくらですか?ある程度少額の融資であれば、収入証明書の提出が不要のところが多いのですが、高額融資になってくると提出が必要になってくるのがほとんどです。また、高額融資になればなるほど審査や手続きに時間がかかると思ってください。さらには、銀行によって融資の限度額が違ってくるので、自分が希望している融資額で銀行を決めるのもひとつの手かもしれませんね。

金利

銀行は比較的金利が低いことで有名ですが、金融機関によっても多少違ってきます。返済期間が長ければ長いほど低金利のところを選ぶべきでしょう。さらには、一部の銀行で「無利息期間」というサービスを提供しているところがあります。これは、期間内に返済すれば利息が0円という何とも素晴らしいサービスなんですね。無利息期間内に返済できるのであれば、ぜひこのサービスを利用することをおすすめします。

ネットで済ませたい

銀行の窓口まで足を運びたくない、すべてネットで完結したいという人も中にはいることでしょう。そんな人には「ネット完結型」のキャッシングを選んでください。銀行によっては、申し込みから契約まですべてネットでOKというところがあります。もちろんインターネット専用銀行ではすべてネットになりますので、ネット銀行を選択するのがいいかもしれませんね。もちろん窓口がある銀行でもネットだけで処理が可能なところはありますよ。

相談したい

銀行でキャッシングするにあたって不安な人、返済のことなど相談したい人は、ぜひ窓口のある銀行で申し込むようにしましょう。インターネット専用銀行は対象外になってしまいますので、有人窓口のある銀行を選択してください。少しでも不安のある人はぜひ相談することをおすすめしますね。相手はプロなので、相談内容に見合った商品を選択してくれるでしょうし、返済のアドバイスももらえるはずです。

目的別おすすめ銀行一覧

銀行のキャッシングといっても、さまざまな商品やサービスがあるので、自分の目的に合った銀行を選ぶのが賢いといえるでしょう。ここでは、目的別におすすめの銀行を紹介していきます。

  • 高額融資を希望
  • 無利息期間あり
  • 低金利
  • 即日融資
  • 女性向け
  • 専業主婦でも可能
  • 審査の甘いところ

高額融資を希望

銀行は総量規制の対象外なので、消費者金融に比べると高額融資が期待できますが、その中でも融資額多いところは以下の銀行です。ほとんどの銀行の最大融資額は300万円~500万円だと考えていいでしょう。

・みずほ銀行(最大1,000万円)
・住信SBIネット銀行(最大1,000万円)
・ジャパンネット銀行(最大1,000万円)
・オリックス銀行(最大800万円)
・三井住友銀行(最大800万円)
・イオン銀行(最大800万円)

無利息期間あり

無利息期間とは、ある一定の期間内に返済すると金利が一切かからないというサービスです。すぐに返済できるのであれば、ぜひこのサービスのある銀行でのキャッシングをおすすめします。

・住信SBIネット銀行(最大2ヶ月)
・新生銀行レイク(5万円以内180日間、それ以上30日間)
・ジャパンネット銀行(初回借入れから何度でも30日間)

低金利

一般的に消費者金融に比べると、銀行の金利は低めに設定されてはいますが、銀行によってもやはりさまざまです。長期に渡って返済する人であれば、少しでも金利の低いところでキャッシングをするのが賢明だといえるでしょう。金利は融資額によって違ってくるので、同じ融資額での金利比較をシミュレーションすることをおすすめします。

・住信SBIネット銀行(1.99%~7.99%)
・楽天銀行(2.45%~7.25%)※新規申込限定
・オリックス銀行(3.0%~17.8%)
・イオン銀行(3.8%~13.8%)
・じぶん銀行(3.9%~17.5%)
・みずほ銀行(4.0%~14.0%)
・三井住友銀行(4.0%~14.5%)

即日融資

即日融資といえば、消費者金融の十八番ですが、最近は銀行でも即日融資に力を入れてきています。ただし、まだまだ浸透していないのが現実ではあるので、ここでは即日融資が可能な銀行をピックアップしてみました。

・新生銀行カードローンレイク(14:00までに契約完了した人)
・みずほ銀行(14:50まで契約完了した人)
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行
・じぶん銀行(じぶん銀行に口座のある人)
・イオン銀行(イオン銀行に口座のいる人)

女性向け

いくら銀行といえども、女性にとってキャッシングはまだまだ敷居が高いものではないでしょうか。女性でも申し込みしやすいサービスを提供しているところが以下の銀行です。女性向けのサービスを求めている人はぜひこちらの銀行を利用してみてはいかがでしょうか。

・新生銀行カードローンレディースレイク
・イオン銀行カードローンBIG
・みずほ銀行 My Wing わたし応援ローン
・三菱東京UFJ銀行バンクイック

専業主婦でも可能

自身に収入のない専業主婦は消費者金融では借入れできません。銀行では可能ですが、融資してくれるところとしてくれないところがあるので、「専業主婦でも融資可能」な銀行で申し込むようにしましょう。ただし、収入のない専業主婦は融資額に上限があるので注意してください。

・イオン銀行(最大50万円)
・楽天銀行(最大50万円)
・三菱東京UFJ銀行(最大30万円)
・みずほ銀行(最大30万円)
・じぶん銀行(最大30万円)

審査の甘いところ

消費者金融に比べるとやはり銀行での審査は厳しいと言われています。そんな銀行の中で比較的審査が甘いと評判のところが以下です。審査に通る自信のない人は、少しでも審査が甘いところで申し込んでみてはいかがでしょうか。ただし、あくまでも世間一般の口コミなので、必ずしも申し込んだ人すべてが審査に通るというわけではありません。

・楽天銀行
・イオン銀行
・じぶん銀行
・オリックス銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行

各銀行の特徴

目的別にそれぞれ得意とする銀行を振り分けてみましたが、各銀行の特徴はどうなっているのでしょうか。銀行ごとにまとめてみました。

  • みずほ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行
  • オリックス銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 新生銀行レイク
  • 楽天銀行
  • じぶん銀行
■ みずほ銀行
・即日融資可能(14:50までに契約完了)
・最大融資額1,000万円
・金利4.0%~14.0%
・専業主婦可能(最大融資額30万円)
・女性向け商品あり(My Wing わたし応援ローン)
・融資額200万円までは提出書類不要(みずほ銀行に口座がある人)
■ 住信SBIネット銀行
・インターネット専用銀行
・最大融資額1,000万円
・無利息期間あり(最大2ヶ月)
・金利は1.99%~7.99%
・融資額300万円までは収入証明書不要
■ ジャパンネット銀行
・インターネット専用銀行
・最大融資額1,000万円
・金利は2.5%~18.0%
・無利息期間あり(初回借入れから何度でも30日間)
・専業主婦可能
・融資額200万円までは収入証明書不要
■ オリックス銀行
・インターネット専用銀行
・即日融資可能
・最大融資800万円
・金利は3.0%~17.8%
・最大300万円までは収入証明書不要
・専業主婦可能
■ 三井住友銀行
・即日融資可能
・審査は最短30分
・最大融資額800万円
・金利は4.0%~14.5%
・最大300万円までは収入証明書不要
■ 三菱東京UFJ銀行
・即日融資可能
・審査は最短30分
・最大融資額500万円
・金利は4.6%~14.6%
・専業主婦可能(最大融資額30万円)
■ イオン銀行
・即日融資可能(イオン銀行の口座のある人)
・最大融資額800万円
・金利は3.8%~13.8%
・最大100万円までは収入証明書不要
・専業主婦可能(最大50万円)
■ 新生銀行レイク
・即日融資可能(14:00までに契約完了)
・最大融資額500万円
・金利は4.5%~18.0%
・無利息期間あり(5万円までは180日間、それ以上は30日間)
・女性向け商品あり(レディースレイク)
■ 楽天銀行
・インターネット専用銀行
・最大融資額500万円
・融資額300万円までは収入証明書不要
・金利は2.45%~7.25%(新規申込限定)
・専業主婦可能(最大50万円)
■ じぶん銀行
・インターネット専用銀行
・即日融資可能(じぶん銀行の口座のある人)
・最大融資額500万円
・金利は3.9%~17.5%
・専業主婦可能(最大30万円)

さいごに

銀行でのキャッシングのメリット、おわかりいただけましたか?銀行といっても最近はそんなに敷居も高くないので、お手軽にキャッシングできるのでしないでしょうか。各銀行で得意分野は違ってくるので、自分の目的に合った銀行で申し込むことをおすすめします。(参考ページはこちら→融資のメリットとデメリットをおさらい

新着記事
ページトップへ