> > 銀行系?信販系?消費者金融系?それぞれのキャッシング徹底比較

銀行系?信販系?消費者金融系?それぞれのキャッシング徹底比較

借金はできるだけしないほうがよいですが、最近のキャッシングは便利になっていますね。利用の方法を守れば、いざお金に困ったときにとても心強いです。限度額までなら自由に使うこともできるし、利用用途も自由。となっているものもあるので、とくにお金の利用目的が決まっていなくても利用することができてしまいます。
(⇒用途自由な借り入れの強み

1枚キャッシングカードを持っておけば、いざお金が必要になったときにお金を借りて対応することができます。借金なのでもちろん返済する必要もあるので、自分の収入を考えて計画的に利用することも大切です。

キャッシングといっても、いくつかに分類されます。銀行系や信販系、消費者金融。といった言葉を聞いたことはないでしょうか。どこのサービスを利用してもお金を借りることは可能ですが、利息が違ったり申し込みできる対象者が違っていたり、と業者によってそれぞれ違います。

銀行系・信販系・消費者金融系のキャッシングにはそれぞれどのような特徴があるのか。紹介していきます。

それぞれのキャッシングについて

キャッシングの業者もさまざまで、銀行系・信販系・消費者金融といったものに分類されます。それぞれにメリットやデメリット、特徴があるので利用する前によく調べてみるとあなたにあったところを見つけることができるのです。

銀行系は審査の基準が厳しいですが、金利が低く設定されている、総量規制の対象にならないなどといったメリットを持っています。多くの人が知っているであろう、大手のところは以下のようなところです。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行 など

どこも大手なので、名前を聞いたことがあるでしょう。上記の銀行のカードローンは、「銀行系消費者金融」とか呼ばれることもあり、即日で融資することもできます。銀行と聞くと、審査が厳しかったり長いイメージがありますが、最近はそうではない様子。まあ即日で借りられるといっても、ほかの業者よりも審査の時間が長いこともあるのでそこは覚えておきましょう。

即日の融資を受けたいなら消費者金融。以下のようなところがあります。

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • ノーローン など

審査の基準も高くないし、審査も素早いのでその日にお金を借りやすいです。ただ、銀行よりも金利が高くなっているし、総量規制の対象になるので多額の借り入れには向いていません。利用する場合には、どのくらいの借り入れが必要なのか?自分の年収だとどのくらい借り入れできるのか?

よく確認してから利用するようにしましょう。

信販系ですが、これはクレジットカード会社が運営しているカードローンで、以下のようなところがあります。

  • 楽天
  • オリックス
  • セゾン など

どこも大手なので安心。基本的に大手のところなら安全に利用することができるでしょう。信販系は銀行系より審査基準は高くなく、消費者金融よりは基準が高い。審査基準の高さでいうと、銀行と消費者金融の間ですね。金利は利用する業者、サービスによって変わってきますが、銀行系とあまりかわらないところも。

銀行系・信販系・消費者金融にはそれぞれ特徴や、メリット・デメリットがあります。

低金利に抑えて借金をしたいなら銀行系。即日融資を受けたいのであれば消費者金融。消費者金融は借りやすいけど金利が気になる。銀行系も審査が心配。と思うなら信販系に。

どこを利用するかは、自由ですがメリットやデメリットも考えて、あなたの状況にあったところを利用するといいでしょう。

金利はどのくらい?

キャッシングで借りたお金は利息を含めて返済しなければいけません。金利が高いと、その分支払う額も増えてくるので、できるだけ低く設定されているところを利用したいところです。業者によって金利は変わってくるし、それぞれ幅もあります。それぞれのキャッシング業者の金利はどのようになっているのでしょうか。

銀行系は金利が低いとか言われていますね。大手のところだけですが、確認してみました。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 4.6%~14.6% 限度額500万

  • 三井住友銀行カードローン
  • 4.0%~14.5% 限度額800万

  • 新生銀行カードローン「レイク」
  • 4.5%~18.0% 限度額500万

レイクなのですが、限度額によって利息は変わってきます。どのくらい借りると、金利はどのくらいになるのか。公式サイトのほうに詳しく書いてあったので、利用する前に自分でよく確認しておくと、金利がどのくらいになるのか、だいたいわかります。またレイクは初めて契約する場合は、期間で利息が無くなります。

「期間で利息が0になる」などといったサービスで○○日間は利息がかからない、キャンペーンをやっているところは、短期で借り入れするときなんかに便利ですね。レイク以外でもやっている場合もあるので、利用する前に調べてみるのもいいでしょう。

大手の信販系の金利は以下の通りです。

  • 楽天
  • 18% 90万まで

  • オリックス
  • 3.0%~16.8% 800万まで

  • セゾンカードローン
  • 8.0%~18.0% 300万まで

楽天とセゾンのカードローンは銀行系よりも高めですが、オリックスはちょっと高いですがあまり変わりませんね。信販系は、限度額が低めに設定されていることも多いです。多額を融資するときには、最大の限度額はどのくらいなのか?よく確認しておかないと、後で希望額を借りられなかった。とあとあと困ることになるので、よく確認しておく必要もあります。

消費者金融の金利と比べてみるとどうなのでしょうか。

  • アコム
  • 4.7%~18% 500万まで

  • プロミス
  • 4.5%~17.8 500万まで

  • アイフル
  • 4.5~18% 500万まで

  • ノーローン
  • 4.9%~18% 300万まで

最高金利はだいたい18%と銀行系や信販系よりも高めに設定されていますね。金利は高いですが、消費者金融は金利が0になるキャンペーンをやっていることもあります。そういったときに利用すれば、利息なしで融資することも可能です。何日間は利息がかからない、と期間限定ですが、デメリットの「利息が高い」ということを補うことができるのです。

またお金を借りたら、できるだけすぐに返すようにすると利息は安く済ませることが可能です。

金利には幅があることもあるし、金融業者によって変わってきます、また借入額によって幅が変わることもあるのでよく調べておく必要もあります。

申し込み方法は?

キャッシングには申し込み方法がいくつかあって、自分のしやすい方法で申請することができます。最近はネットからできるようになっていて、時間に関係なく24時間いつでも申し込みができるようになっています。

  • 店頭窓口
  • 自動契約機
  • インターネット
  • 電話
  • 郵送

といった方法があります。大手のところならこの5つのどれかでだいたい申し込みすることができます。好きな方法を選ぶことができるので、自分の好きな方法を選ぶといいでしょう。

ただ即日で融資を受ける場合には注意が必要で、郵送だとその日に借りることが難しくなってしまいます。急いでいるなら自動契約機がカードもその場で発行してくれるので素早いです。インターネットも即日融資できますが、その場合は時間に気をつけなければいけません。契約を○○時までに済ませておく、書類を○○時までに提出するといった条件があるので気を付けてください。

キャッシングは申し込みをして、契約まで完了させるには書類を提出する必要があるので、必要な書類を確認して用意しておく必要があります。必ず必要な書類は本人確認書類で、免許証や保険証といったものがあれば本人の確認もOKです。
(⇒キャッシングの申し込み前準備

場合によってなのですが、ほかの書類も必要になることがあります。

 

申し込みに必要な書類は?

本人確認書類はどのキャッシング業者に申し込みする場合でも必ず必要になってきます。それ以外に、多額の融資の場合に収入証明が必要になったり、本人確認書類と現在住んでいるところの住所が異なる場合に別の書類が必要になります。「多額の融資のときに収入証明が必要」と書きましたが、具体的にはどのくらいの額のとき必要なのか?

調べてみました。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 100万円を超える額を希望のとき 

  • 三井住友銀行カードローン
  • 300万円を超える額を希望のとき

  • 新生銀行カードローン「レイク」
  • 契約額が100万円を超えるとき

収入証明が必要になる場合は、一定の額以上借り入れする場合です。利用するカードローンなどによって、額は変わってきます。希望する額が少額ならいいですが、銀行系で100万円を超える場合や300万円を超える場合には、本人確認書類と一緒に用意しておきましょう。

  • 楽天
  • 利用枠が50万を超える 

  • オリックス
  • 他社の借り入れも合わせて100万を超える場合

  • セゾン

信販系はこんな感じです。収入証明が必要になる場合は、他者からの借り入れ額が係わってくることもあります。すでに他からお金を借りているなら、どのくらい借りているのか?確認しておいて、一定の額を超えるようなら収入証明も用意しておきましょう。

セゾンなのですが具体的には書いていませんでしたが、申し込みをするなら収入証明が必要になる様子。一応用意しておくといいでしょう。

  • アコム
  •  
    借入額が50万円を超える場合
    他者からの借り入れも合わせて100万を超える場合

  • プロミス
  •  
    借入額が50万円を超える場合
    他者からの借り入れも合わせて100万を超える場合

  • アイフル
  •  
    借入額が50万円を超える場合
    他者からの借り入れも合わせて100万を超える場合

  • ノーローン
  • 借入額が50万円を超える場合

消費者金融はどこも同じようなものですね。銀行系と違って、100万円以下の借り入れを希望だったとしても、収入証明は必要になるようです。他者からの借り入れがある場合は、すでにどのくらい借りているのか。確認して100万円を超えるようなら用意しておくといいでしょう。収入証明は以下のようなものがあればOKです。

  • 源泉徴収
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

ちなみに本人確認書類と今住んでいるところが違う場合に必要になる書類は、公共料金の領収書や保険料の領収書といった書類が必要になります。

必要な書類は公式サイトでも確認することができるので、自分でも必ず確認しておくようにしましょう。

即日融資ができるところは?

最近のキャッシングカード、カードローンは即日融資もできるようになっています。しかも来店しなくても契約までできてしまうので、外出する必要もないし窓口が近くになくても利用することが可能です。基本的に銀行は審査に時間がかかる、消費者金融は審査が素早いとかよく書かれていることが多いですね。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 即日利用できる 

  • 三井住友銀行カードローン
  • 即日利用できる 

  • 新生銀行カードローン「レイク」
  • 即日利用できる

銀行系は即日に対応してくれないようなイメージがありますが、最近のところはそうではないようですね。最短30分で審査が終わると書いてあったので、即日で利用することも可能。まあ「最短で」ということなので、もちろんそれ以上の時間がかかることもあるでしょう。

  • 楽天
  • 即日利用できない

  • オリックス
  • 即日利用できる

  • セゾン
  • 即日利用できない

信販系は即日で利用できないところもあるようです。急いでいるときには、その日にも対応してくれるのか?よく確認しておくようにしましょう。クレジットカードを扱っている信販ですが、キャッシング機能が一体化しているカードをすでに持っているなら、その日に融資してもらうことはできます。

  • アコム
  • 即日利用できる

  • プロミス
  • 即日利用できる

  • アイフル
  • 即日利用できる

  • ノーローン
  • 即日利用できる

消費者金融はやはり審査が終わるのも早いようで、上記のところすべてで即日融資することができます。最近は即日にも対応してくれるところは増えてきているので、選択肢もその分多いです。

即日融資できるところでも、申し込みを行う時間帯によっては次の営業日の借り入れになってしまうこともあります。銀行系・信販系・消費者金融、それぞれ即日融資を行っているところはありますが、申し込みを行う場合はできるだけ早い時間帯に行うようにすると、その日にお金を借りられる可能性が高いです。

それぞれのキャッシングの特徴

銀行系・信販系・消費者金融系について書いてきましたが、それぞれに特徴があります。

銀行系は、審査の基準が厳しく時間がかかることもありますが金利が低く設定されている。また総量規制の対象にならない。総量規制とは、年収の3分の1までしか借入できないというものになっていて、対象にならない銀行系は多額の借り入れにも向いています。金利もほかの金融業者よりも低いからより経済的に借金をすることができてしまいます。

経済的だし、最近は銀行系でも即日融資に対応してくれるところもあるので、利用するならまずは銀行系での融資を考えてみるといいでしょう。

クレジットカード会社の信販は、金利が銀行系くらいのところもあるし、審査も銀行よりも厳しくはない。銀行系は審査が心配、だけど消費者金融を利用したくない、といったときに信販系の利用を考えてみるといいでしょう。ただ限度額が低い場合が多いので、多額の借り入れを行う場合は注意してください。

また即日融資できないところもあるので、公式サイトなどでよく確認をしてから利用するようにしましょう。

消費者金融は審査が素早い。即日で利用することもできるし審査にも通りやすいので、急にお金が必要になった時に役立ちます。ただ金利が高くなっていることが多いので、返済するときは注意。借り過ぎて返済ができない、ということがないようによく計画を立てる必要もあります。

限度額は500万とか高額になっていますが、総量規制の対象になるのであまり高額の借り入れには向いていないといえます。(参考ページはこちら→総量規制ありの融資ってどうなの?

銀行系

審査が厳しいし、長い。金利が低いから他の業者よりも経済的。送料にならないから多額の借り入れも可能。最近は即日融資ができるところもある。

信販系

金利が銀行系くらいになっていることもある。審査も銀行系よりも厳しくないので、利用するところによっては、銀行系よりもいい場合もある。限度額が低いこともあるので、多額が必要な時には注意。

消費者金融系

審査が素早く、通りやすいので即日融資も受けやすい。金利が高いので、返済するときはそこには注意。総量規制の対象なので多額の借り入れは厳しいが、金利が0の期間があるので、短期間で利用する場合は便利。

それぞれに違った特徴があるので、状況をよく確認して、その状況にあったところを利用するとお金に困った時に対応することができるでしょう。

新着記事
ページトップへ