> > 70歳の年金者のカードローン!高齢になるとどう借りるべきか

70歳の年金者のカードローン!高齢になるとどう借りるべきか

70歳の年金者のカードローンはどう借りるべきでしょうか。

高齢になると借りにくい

カードローンはすぐにお金が必要な時にATMへ行けば預金を引き出す感覚でお金を貸してもらえるので大変便利ですよね。 そのため突然の出費に備えていつでも使えるカードとして1枚は持っておきたいものです。
(⇒カードローンの基本的な使い方

しかし、カードローンは高齢になると借りにくいという特徴を持っています。 それは収入が無くなることと関係しています。

高齢になると退職などで収入が無くなったり、60歳以降は正社員から契約社員へなる企業もあり収入が減ってしまいます。中には年金だけで生活している世帯もありますよね。そうするとお金を借りても返済に回すお金がないことが考えられます。

返済にお金を回せなければ滞納することになってしまいます。延滞や滞納などといったケースは避けたいのが金融機関の本音ですよね。誰だって返ってくる見込みのないお金は貸したくありません。そこで高齢になるとカードローンは作りにくくなるという理由です。

70歳でカードローン

では、カードローンは何歳まで申し込むことができるのでしょうか。

金融機関 利用可能な年齢
三菱東京UFJ銀行 20歳~65歳未満
じぶん銀行 20歳~70歳未満
レイク 20歳~70歳以下
アコム 20歳~69歳まで
プロミス 20歳~69歳まで

70歳でカードローンに申し込もうと思ったら70歳以下のレイクのみとなります。しかも70歳以下なので71歳になると借りることは出来ません。そのため短期間で返済できる小額の借入れとなりますね。

ほとんどの金融機関で年齢制限は60代までとなっています。カードローンは申込む本人を信頼してお金を貸すシステムです。そのため保証人や担保を不要としています。そうなると申し込んだ本人が死亡してしまうと基本的には債権は消失してしまいます。

もちろん遺産を相続する人がいれば債権は移るのですが、借入残高が高額であると相続の放棄をされることもあり得ます。相続を放棄されると債権は回収できません。つまり高齢になると収入が少ない上に死亡リスクが高くなるため、借入れは出来なくなるし借入れできても小額となるのです。

年金でカードローン

では、年金でカードローンに申し込むことはできるのでしょうか。

金融機関 年金で借入可否
三菱東京UFJ銀行
じぶん銀行
レイク
アコム 不可
プロミス 不可

この表を見ると銀行カードローンの方が年金受給者に柔軟に対応していることが分かりますね。

もちろん全ての銀行カードローンが年金受給者に対応している訳ではなく、ここに挙げている銀行では可能という結果になっています。銀行カードローンもここに挙げているところ以外では不可になっているところが多いのです。

そのため年金生活で急にお金が必要になった時には借りれるカードローンは少ないというコトです。

契約できるのが60代までで、年金生活では契約できないのなら退職前にカードローンを作って置けば良いのではないか。

そんな風に考える人もいることでしょう。もちろん備えとしてカードローンを作ることは可能なので退職前に万一に備えてカードローンを作ることは可能です。むしろ職がある内に作っておくと作りやすく利用しやすいでしょう。

しかし、70歳を超えた時点で新たな借入れはできないようになっています。もちろん70歳という年齢は金融機関によって異なり65歳や69歳など年齢が低くなる場合もあります。

どちらにしても70歳になる前に契約をしている場合でも70歳を超える頃にはいずれのカードローンも利用できなくなるのです。つまり、70歳の年金者のカードローンの利用は難しいというコトになりますね。

高齢でもお金を借りたい

「高齢になるとお金を借りにくい」と言われても、生きている限り出費は続きます。この出費が収入の範囲内なら問題ないのですが、病気にかかったり、親しい人が亡くなったりといった事や、お祝いごとをしたりといった事は日常的にありますよね。

予想できない出費はどの年齢なっても起きるものです。では、そういった時に高齢であればどこで借りたらよいのでしょうか。

リバースモーゲージで借りる

高齢になると持ち家はあるけど現金を持っていないという世帯もありますよね。そういった持ち家のある世帯なら利用できるのがリバースモーゲージです。

リバースモーゲージとは、自宅を担保にして銀行などの金融機関からお金を借りる仕組みになっています。

自宅を担保にすると聞くと「返済できないと家を売らないといけない?住むところが無くなる?」と思いがちですが、リバースモーゲージでは住宅を手放すことなくお金を借りることができるのです。

生きている時には自宅に住み続け、亡くなった時に家を売却して返済するという仕組みになっています。そのため持ち家を有効利用できるのです。

苦労して手に入れた住宅を亡くなってから遺産として子どもに渡すのではなく、生きている間に住宅の資産価値の範囲内で借り入れをしてゆとりのある老後を過ごそうということになります。

生きている間に借りたお金は亡くなった後に自宅を売却してまず返済。返済しても残金があれば遺産として相続人へ渡すことになります。借りている間に利息なども一切払う必要がなく、全ての借入金や累計利息は自宅を売って一括返済というコトになります。

そのためリバースモーゲージなら高齢であっても借りることができます。

三井住友信託銀行

  • ご自宅を担保に65歳~79歳までの間で1年に1回一定金額を融資
  • 80歳以上ならまとまった余裕資金として一括融資
  • 返済は亡くなってから自宅の売却により一括返済

みずほ銀行

  • あらかじめ設定された範囲内で、いつでも借入れ可能
  • 年齢上限なし、55歳以上で申し込み可能
  • 返済は亡くなってから自宅の売却により一括返済

対象地域が限定されていたり、住宅の資産価値の最低金額が決められていたり、詳細は各金融機関によっても違うので注意が必要です。

しかし、リバースモーゲージを利用すると高齢であってもお金を借りることができ、余裕のある老後の生活を送ることができるのです。

公的な貸付を利用する

リバースモーゲージを利用できるのは土地付き一戸建てなどの持ち家がある人に限られています。そのため、賃貸生活の人やマンション暮らしの人では利用ができません。

そこで、誰でも利用できる公的な貸付制度として「年金担保貸付」があります。 年金を担保にお金を借りることは認められていませんが、一つだけ例外があります。それが独立行政法人福祉医療機構が行っている年金担保貸付です。

年金担保貸付の対象は厚生年金保険、船員保険、国民年金、労働者災害補償保険の年金の支払いを受けている人となっています。

年金から直接返済することになるので受け取る年金額が減りますが、返済をし忘れることがありません。

まとまったお金が必要な時には年金を受給している人なら利用できる年金担保貸付が便利ですよ。しかし、審査に時間がかかるので余裕を持った申し込みが必要となります。

新着記事
ページトップへ