> > 三菱東京UFJカードローン申込書はどこに?ダウンロードも可?

三菱東京UFJカードローン申込書はどこに?ダウンロードも可?

三菱東京UFJカードローンといえばバンクイック。都市銀行ということで信頼度も満点ですし、銀行ならではの低金利も魅力です。しかも非常に申込みやすく、利用者の満足度の高いカードローンのひとつです。もちろん申込みはパソコンやモバイルからも可能なのですが、バンクイックの場合は、テレビ窓口の利用も見逃せません。

テレビ窓口は三菱東京UFJ銀行内に設置された無人窓口で、テレビ電話を通じてオペレーターと対話しながら申込むことが可能になっています。これを利用すれば、カード発行が原則当日中というのが人気となっています。(参考ページはこちら→金融業者によって変わる即日融資方法

さてこのテレビ窓口を利用する場合、申込書はどうすればいいのでしょうか?またネットを使わないその他の申込み方法では、どこで申込書を手に入れればいいのでしょう?今回は、この申込書の在処(ありか)に的を絞って、三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴を探っていきたいと思います。

カードローン申込書の在処は?

カードローンの申込み方は人によって様々なのですが、一般的にはインターネットから申込むというケースが多いようです。好きな時に好きな状況で申込めるという、自由さが人気なのでしょう。

    ※Webからの申込みのメリットとは?

  • プライバシーが保てる
  • 自宅から好きな時間に申込める
  • 外出先でも申込める(モバイル)

Webで申込む際には、そのまま申込み画面へ移動してフォームへの入力という段取りになります。そのため、申込書の入手方法については特に悩む必要はありません。

しかしそれ以外の申込み方をする場合には、申込書は一体どこで入手すればいいのでしょうか?申込書はカードローン審査の第一歩ですから、これが無いことには始まりませんよね。

申込書はドコにある?

そこで、バンクイックの申込書が一体ドコにあるかをまとめてみました。申込書は、申込み方によっても形式が異なりますし、設置場所もそれぞれ違っています。

    《インターネット用の申込書》

  • Webサイト上
    《郵送・FAX用の申込書》

  • FAXで受信
  • 銀行内に備え付け
  • Webサイトからダウンロード
    《テレビ窓口用の申込書》

  • テレビ窓口からプリントアウト
  • Webサイトからダウンロード

いかがでしょう?こうして見ると、Webでの申込みが当たり前になりすぎて、それ以外の申込書の入手方法って案外知らないものが多いですよね。

特に郵送やFAX、テレビ窓口のいずれの場合にも、申込書をサイトからダウンロードできるようになっており、申込書は案外手軽に手に入るものだということがよく分かります。

ネットから申込みする際にも、実はこのような申込み用紙は非常に役立つんですよ。事前に申込書をダウンロードして下書きしておけば、入力もスムーズでミスを防ぐことにも繋がります。

画面上ではなかなか気づけないケアレスミスも、用紙上ならば意外と見つけやすく、間違ったまま送信してしまうという失敗を防ぐことができるでしょう。一旦送信してしまったものを訂正しようと思うと、予想以上に時間や手間がかかってしまうものです。特にそそっかしい方には、是非お勧めしたい方法です。

ネット以外の申込み方法

インターネットは多くの方が重宝している手段なのですが、画面での入力が苦手だったり、重要書類をネットで取り扱うのが心配だったりと、様々な理由で抵抗を感じる方も少なくありません。

また自宅のパソコンが家族と共用だと、内緒でカードローンの申込みをしにくいという方もいるでしょう。かといってモバイルで項目の多い申込書の入力は面倒だったり、本人確認書類の送付が億劫だったりと、案外ハードルも多いのがネットでの申込み方法です。

一方で郵送による申込み方法は、時間の余裕さえあるのならば、書面でじっくり申込書を作成できるというメリットがあります。郵送用の申込書は、銀行店舗で切手不要の封筒と共に簡単に手に入れることができます。

お近くに店舗がないという方は、申込みシートをサイトからダウンロードすることができますよ。このような手書きの申込み方法は、Webに抵抗のある方にはお勧めの方法です。

じっくり申込みたい方・Web申込みに抵抗のある方にお勧め!
手書きの申込書を入手 → 郵送やFAXで送付

ただしこの方法だと、借入れまでにはどうしても時間がかかってしまうことを念頭に置いておかねばなりません。申込書を郵送してからも、応募が多く開封作業に手間取れば、到着後すぐに審査に取りかかってもらえるとは限らず、予想外に時間がかかってしまう可能性があります。

FAXによる申込みの場合も、FAX電話がご自宅にない方は無理ですし、あったとしても申込書をFAXで取り寄せようと思えば送信だけでなく受信も必要です。家族には内緒にしたい方など、ゆっくり安心して申込める環境にない場合には利用が難しいかもしれません。

そんな時にもぴったりなのが、三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口です。

テレビ窓口って?

テレビ窓口は、三菱東京UFJ銀行のバンクイックの自動契約機にあたるものです。三菱東京UFJ銀行へ行ったことのある方ならば、ATM付近にドアのついたブースが幾つか並んでいるのを見たことがあるでしょう。あれがテレビ窓口です。

ところで、バンクイックの契約機ならばそのままを名乗ればいいのに、どうして敢えて「窓口」などという名称になっているのでしょうか?実はテレビ窓口は、カードローンの自動契約機以外の機能も多数兼ね揃えているんです。

テレビ窓口の多彩な機能

テレビ窓口を使えば、こんなことも出来るようになっています。

  • バンクイック申込み
  • 普通預金口座の開設
  • 普通預金口座の切替
  • 海外送金
  • 住宅ローン相談
  • 住宅ローン繰り上げ返済
  • キャッシュカード紛失届け・再発行
  • 各種住所変更手続き

しかしカードローン契約にしか使わないんだから、他の機能なんて意味がないと思うかもしれませんが、実はこのようにテレビ窓口が多機能であることは、隠れ蓑としての効果も期待できるんですよ。

コンビニATMが使いやすいのは、カードローン以外にも多様な目的で利用するからだというのも大きな理由です。もしもコンビニATMがローン専用だとしたら、人目が気になって使い難いかもしれませんよね。

つまりテレビ窓口は、専用のローン契約機ではないからこそ、誰もが気軽に使いやすいと言えるのです。

テレビ窓口の申込書って?

誰とも会わずに契約できるという点では評価が高くても、機械類が苦手で、このような無人契約機を敬遠する方もいるかもしれません。でも三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口は、実はアナログのいい所もちゃんと併せ持っているんです。

テレビ窓口は、その名の通りテレビ電話でオペレーターと対話しながら手続きすることができます。画面越しではあるものの、基本的には窓口対応と変わらない性質を持っているんですね。だからこそ、テレビ窓口はカードローン申込みだけでなく、その他の複雑な手続きでも難なくこなせるのでしょう。

またカードローンの申込書は紙としてその場でプリントアウトされ、それを手書きで作成したものを機械に読み取らせるというシステムになっています。このような契約機は画面で入力するタイプのものも多いのですが、不慣れな入力って、なかなか緊張する作業ですよね。

訂正に次ぐ訂正で、やたらと時間ばかりかかってヘトヘトになってしまうなんてこともよくある話です。ATMなどの画面操作で難儀した経験のある方ならば、このような手書きのシステムには却ってほっとするのではないでしょうか。

何よりオペレーターと常に対話できますので、そもそも大きな間違いをする心配はないのですが、紙ならば見直しや訂正も楽ですし、落ち着いて申込みができるでしょう。

    テレビ窓口のアナログ的特徴

  • オペレーターとテレビ電話で対話できる
  • 申込みシートは用紙で記入するタイプ

このように、機械やパソコンが苦手という方にも、テレビ窓口は一押しの方法です。しかしテレビ窓口まで行ってから申込書を記入するというのは、忙しい時間をやり繰りして銀行の店舗に駆けつける人にとっては、ちょっと時間がもったいないと感じるかもしれませんね。

もしもテレビ窓口に行った時点で既に申込書が完成していれば、手続きにかかる時間はもっと短かくて済むはずです。しかしそのためには、事前に申込書を手に入れなくてはなりません。

ダウンロード→プリントアウト

そんな人のために、テレビ窓口用の申込受付シートは、バンクイックのサイトからダウンロードすることも可能となっています。

ダウンロード後プリントアウトすれば、自宅にいながら申込受付シートを手に入れることができますよ。これを時間のある時にでも記入した上でテレビ窓口へ駆けつければ、かなりの時間の節約が期待できるでしょう。

プリンタがない方も…

しかし困るのは、自宅にプリンタがない場合です。しかしそういう方には、コンビニのマルチコピー機を使う方法がありますよ。USBメモリなど外付けのメディアを使っても出力可能なのですが、このような手段がなくても大丈夫です。

これはパソコンやスマホから登録し、あらかじめアップロードしておいたファイルをマルチコピー機から出力するという方法です。といっても画面の指示通りにファイル番号などを入力するだけですので、至って簡単です。

手順も全て画像入りでサイトに掲載してあり、どなたでも間違いなくこなせます。登録は無料で出力は1枚20円ですので、プリンタのランニングコストを考えればむしろ安上がりかもしれませんよ。

それも面倒だという方は、直接銀行店舗内のテレビ窓口から申込書だけ貰って来るという方法もあるのですが、申込シートはまとめて積んである訳ではなく、申込みの際にその都度1枚づつプリントアウトされるようになっています。

そのため申込用シートを手に入れるには、実際にボックス内に入ってタッチパネルで手続きをしなくてはなりません。

その時点でオペレーターとも繋がっていますので、シートだけ貰って帰るという訳にはいかないかもしれませんね。もしもこのやり方で申込書を手に入れたい方ならば、営業時間内に係の方を通じてお願いをしてみる方がよさそうです。

なおテレビ窓口用の申込受付シートは、銀行備え付けの郵送用利用申込書と内容的には全く変わらないのですが、こちらとはサイズや形状が異なり、流用することができませんので注意しましょう。

テレビ窓口での注意点!

このように便利なテレビ窓口なのですが、気をつけておきたいこともあります。まず受付時間についてです。せっかく都合をつけても、受付時間が終っていてはどうにもなりませんよね。

テレビ窓口の営業時間は、以下のようになっています。土曜と祝日は午後6時まで受け付けていますが、日曜だけ1時間早く終了してしまうので、勘違いしないようにしましょう。

曜日 テレビ窓口受付時間
平日 9時?20時
土曜と祝日 10時?18時
日曜 10時?17時

※注)設置場所によっては時間が異なる場合もあります。

店舗窓口に比べれば遅い時間帯まで受け付けていますが、終了間際に申込むと、審査結果が出るのは翌日以降ということもあり得ます。

またこれはあくまで受付時間ですが、審査回答をしてもらえる時間帯は少しズレますので気をつけましょう。

曜日 審査結果の出る時間帯
平日 9時?21時
土曜、日曜、祝日 9時?17時

またテレビ窓口はATMの近くに設置されていますが、その台数はATMのように多数あるという訳ではありませんので、混み具合は非常に気になるところですよね。テレビ窓口には入り口付近に利用中のランプがつくようになっていますので、遠くからでも空きが確認できます。

もしも利用中だとしたら、カードローン申込みの場合でも最短で40分を要しますから、ちょっと待てばいいというものではありません。長ければ1時間以上待つことも考えられますので、これでは予定が大きく狂ってしまいます。

テレビ窓口が特に混雑する時間帯は、以下のようになっていますので、なるべくこの時間帯を外す方がいいでしょう。

曜日 混雑する時間帯
平日 11時?14時
土曜と祝日 12時半?14時
日曜 12時半?14時

免許証が重要!

その次に忘れてはならないのが、テレビ窓口での手続きには運転免許証が必要だということです。バンクイックの申込みに必要な本人確認書類としては、免許証だけでなく保険証やパスポートでも構わないのですが、テレビ窓口で申込む場合には、免許証がないとその場でのカード発行ができないのです。

※テレビ窓口でカード発行する為の条件
 本人確認書類が《運転免許証》であること!

カードが後日郵送であっても構わないのであれば、申込みについては免許証以外の書類であっても全く問題ないのですが、その場合は当日中のカード発行という、テレビ窓口最大のメリットを利用することができません。

このことは、次にご紹介するネットとテレビ電話両方を使った申込み方法においても重要となってきます。

Webとテレビ窓口の2段活用

テレビ窓口での申込みでは申込書は手書きになりますが、ネットに慣れた人にとっては、気が向いた時にいつでも申込めるWebからの方が楽かもしれません。しかし通常の申込みでは、カードなどは後日郵送ということになります。
(⇒融資はWeb申し込みがやっぱりおすすめ?

郵送だと最短でも数日以上はどうしてもかかりますから、申込みが混雑していたり土日を挟めば1週間を超える場合もあるでしょう。その間、審査に通ったことはわかっていても、イライラしながらカード到着を待たなくてはなりません。

借り入れについては、カード到着前でもバンクイックは銀行振込にも対応していますので心配はありません。しかしいつまで待っても一向にカードが届かないというのは、やはり気が揉めるものです。また家族に内緒で申込んでいる方は、いつ自宅に郵送されるか分からないというのでは心配でしょう。

特にバンクイックは人気が高く、申込み件数が多い時期にはカード到着までに数週間以上を要するケースもあるようです。これではいくら気の長い人でも、ちょっと不安になってしまいますよね。

そこで不確定な郵送に頼らずに、カード発行にテレビ窓口を利用するという方法があります。これは申込書の送付までをパソコンやスマホで行い、その後の手続きをテレビ窓口に引き継ぐというやり方で、両方の長所だけをいいとこ取りできるという、非常に満足度の高い申込み方法です。

いいとこ取りの申込み方法!
1 ネットで申込み → 2 テレビ窓口でカード発行 → 3 カードで借りる!

ただしここで必ず必要となってくるのが運転免許証なのです。もしも免許証を持っていない方であれば、残念ですがこの便利で安心な申込み方法を選ぶことができません。

その場合は、初回の借入については振込を申込んでおき、カードは郵送で届くのを待つしかありません。カードがすぐに手に入らないことも考えられますので、振込キャッシングの手続き準備をしておくことも大切です。

【参考ページ】
自動契約機で賢く申し込みをするには

新着記事
ページトップへ