> > 紹介します!パート・アルバイトでも必ず借りれるカードローン

紹介します!パート・アルバイトでも必ず借りれるカードローン

カードローンを利用するためには、審査があるのは皆さんご存知かと思います。その審査で見られているのは、返済能力です。つまり、借りたお金を返すことができるかどうかを審査によって判断しているというわけですね。そのため、返済できないと思われたら利用することができないので、カードローンでは利用できる人に制限があると言えます。
(⇒融資が制限されてしまう人とは?

カードローンを利用しようと思ったら、安定した収入が継続的にあることが求められます。それは利用条件として書かれており、カードローンによってその表現は違いますが、内容としては同じことを言っています。その安定したというのも捉え方がいろいろあり、中にはパートやアルバイトの収入では借り入れができないものもあるのです。

それはなぜかというと、正社員に比べて辞めやすく、収入が少なくなりがちになるからです。しかし、お金が借りたいのは正社員だけではありません。正社員に比べて収入が少なくなりがちなパートやアルバイトの人だからこそ、借り入れがしたいこともあります。そこで、パートやアルバイトでも必ず借りれるカードローンを紹介したいと思います。

審査で見られる条件を見てみよう

カードローンを紹介する前に、なぜパート・アルバイトだと不利になるのか確認しておきましょう。(参考ページはこちら→そもそもパートでも借りられないわけじゃない?

カードローンの審査内容とは?

カードローンを利用するためには安定した収入があることが求められると先ほど言いましたが、それを見極めるのは審査です。そこで、審査の内容について確認しましょう。

審査の項目としては、下記のものがあります。

  • 本人に関して、氏名・年齢・連絡先などを聞くもの
  • 自宅や、家族構成について聞くもの
  • 勤務先について聞くもの
  • 他社からの借り入れについて聞くもの
  • 利用限度額の希望について聞くもの

しかし、これらの多くは、借りられるかどうかを左右するよりも、お金を貸すとしたらどれくらいまでならお金を貸せるかという、与信枠を決定するために利用されます。例えば、自宅が持ち家なら万が一返済が滞っても家を放っておいて引っ越しをするとは考えにくいので有利になるとか、固定電話があったら有利になるとかいった判断に使われます。

この中で、はっきり審査に通るかどうかに影響を与えるのは、年齢と収入、他社からの借り入れです。年齢制限に合っていなければそのカードローンを利用することはできませんし、他社からの借り入れがあるのであれば、すでに借り入れ件数が多い場合、借り入れ金額が大きい場合はまず審査には通りません

また、これまでに借り入れをして、そのお金を返済する際に問題があった場合、その情報が個人信用情報機関に残されている間は、審査には通りにくくなります。その問題とは下記の内容となります。

  • 長期延滞(3カ月以上支払いが滞ったもの)
  • 代位弁済(支払えない借金を保証会社が立て替え、保証会社に支払いをするもの)
  • 債務整理(法的手段を用いて借金を軽減するもの)
  • 自己破産(法的手段を用いて借金を免除するもの)

しかし、年齢や他社からの借り入れは、パートやアルバイトだからそうなるというものではないため、務形態とは関係しません。そこで、それらが関係する勤務先に関する審査がどのように行われるのかについて見ていきたいと思います。

勤務先に関する審査を知ろう

勤務先に関する審査内容として聞かれる項目は以下の通りです。これは、消費者金融と銀行のネット上の申し込みフォームを元に記載しています。

まず、勤務先に関する情報には、勤務先の名称・会社の業種・住所・連絡先・会社の規模があります。また、勤務先自体ではなく、そこでどのような働き方をしているのかについても確認されます。それが、職種・年収・給料日・入社年月・雇用形態・保健の種類です。カードローンによって項目の違いはありますが、このようなことが確認されています。

ここで雇用形態、つまり正社員なのか、派遣社員や契約社員なのかなどが聞かれるということですね。この項目で、パートやアルバイトであればそのように記入することになります。それでは、それぞれの項目が何を意味しているのか見ていきたいと思います。

勤務先の名称、住所、連絡先は、その会社が本当に実在する会社かどうかを判断するために利用します。この部分で虚偽があった場合、その他の情報も信用できないことになりますから、ここはきちんと確認される部分です。その上で、そこでどのような働き方をしているかをチェックします。

雇用形態がパートやアルバイトだと、その他の条件も変わってきます。まず大きく違うのが年収です。それから、その仕事を辞めやすいかどうかも変わってきます。借りたお金を返済するには、働いていることが必要です。パートやアルバイトだと、どうしても今後も続けるかどうかが不透明だと判断されます。

もちろん、正社員だって辞めることもあるのですが、一般的に考えてアルバイトやパートの方が離職率が高いのは確かですよね。そのため、今後も安定した収入を得るかどうかわからないと思われ、その結果パート・アルバイトだと借り入れができないカードローンもあることになるのです。

これまでの事をまとめると、パート・アルバイトが不利になるのは、年収の低さと離職率の高さが原因だということですね。そのため、パート・アルバイトの人が借り入れをするのなら、それでもいいというカードローンを選ばなければいけないのです。

それでは、パートやアルバイトでも借り入れができると明記されているカードローンを具体的に紹介していきたいと思います。

消費者金融のカードローンでは?

最初に、消費者金融のカードローンについて見ていきましょう。

アイフル

金利(%) 利用限度額 パート・アルバイトに関する記述
4.5~18.0 500万円 定期的収入があれば申し込みできる

アイフルの場合、パート・アルバイトでも定期的な収入があれば申し込みできるとなっています。これは、キャッシングに関する疑問についてまとめられたページの中で明記されています。主婦の場合、専業主婦でなく定期的な収入があれば申し込み可となっていることから、パートをしている主婦でも申し込みができるということになります。

アイフルでは、融資を受けられるかどうかをホームページ上で1秒で診断できますので、試してみるといいですね。これは、年齢と雇用形態、年収、他社からの借り入れ金額を元に判断するものとなっています。ただし、簡易診断なので、必ず借り入れができるという保証があるものではありませんので参考程度に利用してみてください。

アコム

金利(%) 利用限度額 パート・アルバイトに関する記述
4.7~18.0 500万円 本人が勤めていて安定した収入があれば申し込める

アコムでは、よくある質問に対する回答をまとめたページの中で、本人が勤めていて安定した収入があることを条件として、パートやアルバイトでも申し込みができるとしています。ただし、本人が勤めていない専業主婦は契約できないとなっています。本人にパートなどの収入があれば、主婦でも申し込めるということですね。

アコムでも、申し込みをする前にホームページ上で簡易診断を受けることができます。3秒で診断可能となっており、アコムの場合は入力する項目は生年月と性別、既婚か独身か、他社からの借り入れは何件あって、いくらなのかを記入する形になっています。これも簡易診断なので、必ずこの結果通りになるというものではありません。

ノーローン

金利(%) 利用限度額 パート・アルバイトに関する記述
4.9~18.0 300万円 一定の収入があるアルバイト、パートをしている主婦は申し込める

ノーローンでは、よくある質問に対する回答をまとめたページの中に、パート・アルバイトの申し込みに関する内容があります。まず、アルバイト・派遣社員の場合、一定の収入があれば申し込みができるとなっています。

また、パートに関しては、主婦の借り入れに関するところに書かれており、パート・アルバイト・内職をしていて安定した収入がある主婦は申し込めるとなっています。ただし、本人に収入が無い専業主婦は申し込めません。

ノーローンでもお試し診断が使えます。ノーローンで入力を求められる項目は、年齢と年収、他社からの借り入れ件数と金額、他社への返済で遅れがあるかどうかです。

プロミス

金利(%) 利用限度額 パート・アルバイトに関する記述
4.5~17.8 500万円 パート・アルバイトでも現在仕事をしていれば審査のうえ契約できる

プロミスでも、よくある質問を紹介し、その回答をまとめたページの中で、現在仕事をしている人であればパートやアルバイトでも審査のうえ契約ができると案内されています。また、パートやアルバイトをしていれば主婦や学生でも申し込みができます。ただし、申し込みできるのは20歳以上の人に限られています。

プロミスでもホームページ上で3秒あれば簡易診断ができ、入力する項目は生年月日、年収、現在の借り入れ金額となっています。

モビット

金利(%) 利用限度額 パート・アルバイトに関する記述
3.0~18.0 800万円 パート、アルバイトの人でも利用可能

モビットでは、申し込みできる人の案内の中で、安定した定期収入がある人ならパート・アルバイトでも利用可能と明記されています。

モビットでも簡易診断が使え、入力する項目は生年月日と年収、他社からの借り入れ金額となっています。

以上のように、大手の消費者金融のカードローンでは、はっきりとパート・アルバイトでも借り入れができると書いてあります

銀行のカードローンでは?

次に、銀行のカードローンについて確認したいと思います。

全国対応の銀行を見よう

それでは、全国から借り入れでき、その銀行の口座を持っていなくても借り入れができるカードローンで、パート・アルバイトでも利用できると明記されている商品を紹介していきます。

イオン銀行カードローンBIG

金利(%) 利用限度額 パート・アルバイトに関する記述
3.8~13.8 800万円 安定していて継続した収入が見込めるならパート・アルバイトでも可

イオン銀行では、カードローンの案内ページにパート・アルバイト可と明記されています。また、商品概要の欄にも安定していて継続した収入が見込めるならパート・アルバイトでも可ということが書かれています。また、専業主婦の借り入れも可となっています。

イオン銀行では口座を持っていない人でも申し込みができますが、普通預金口座を同時に開設する必要があるので注意が必要です。また、イオン銀行のカードローンは、普通預金口座をすでに持っている場合でも契約までに2週間程度かかります。そのため、急いで借り入れをしたい時には向いていないカードローンとなります。

新生銀行カードローンレイク

金利(%) 利用限度額 パート・アルバイトに関する記述
4.5~18.0 500万円 安定した収入のある人なら、パート・アルバイトでも可

レイクでは、貸し付け条件と利息の案内のページ内に、安定した収入のある人ならパート・アルバイトでも可という内容が載せられています。主婦の場合も、収入があれば可となっています。

レイクのホームページでも借り入れ診断ができます。入力する内容は生年月日と年収、他社からの借り入れ件数と借り入れ金額です。ここにも、パート・アルバイトでも安定した収入がある場合、本人が申し込みできるという内容が書かれています。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利(%) 利用限度額 パート・アルバイトに関する記述
4.6~14.6 500万円 原則安定した収入があればパート・アルバイトでも申し込みが可能

バンクイックでは、多く寄せられる質問と回答をまとめたページの中で、原則安定した収入があればパート・アルバイトでも申し込みが可能であると案内されています。また、バンクイックでは利用限度額が低くはなりますが専業主婦も申し込みできます。

バンクイックでもホームページ上のお試し診断が利用でき、結果は3秒で表示されます。入力する項目は生年月、性別と独身か既婚か、保険の種類、現在の借り入れ状況となっています。

借り入れ状況はかなり詳しく聞かれ、銀行からの借り入れ(住宅ローンも記入する欄あり)、信販・流通系のローン、消費者金融系のローンと分けて入力するようになっています。それぞれの借り入れについて、件数と金額を記入します。

ネット銀行を見よう

それでは次に、ネット銀行のカードローンについて見てみましょう。

じぶん銀行カードローン「じぶんローン」

金利(%) 利用限度額 パート・アルバイトに関する記述
3.9~17.5 500万円 パート・アルバイトを含む安定継続した収入がある人なら利用できる

じぶん銀行では、商品詳細のところで安定継続した収入があれば、パートやアルバイトでも利用可能と案内されています。また、これまでにされた質問に対する回答を見れば、専業主婦でも申し込みができることがわかります。

楽天銀行カードローン

金利(%) 利用限度額 パート・アルバイトに関する記述
4.9~14.5 500万円 パート・アルバイトで勤めている人も申し込みOK

楽天銀行では、カードローンのトップページでのところでパート・アルバイトで勤めている人も申し込みOKと案内されています。また、専業主婦でも申し込み可能です。楽天銀行では、正社員の場合とパート・アルバイトの場合と専業主婦との場合で申し込み用に別々のリンクが用意されていますので、それに合わせて申し込みをするようにしましょう。

以上の事から、銀行にもパート・アルバイトの人が利用できる商品があることがわかります。また、銀行の場合専業主婦でも借り入れ可能と明記している商品もあることが特徴となっています。

必ず借りるために気を付けること

以上のカードローンであれば、パートやアルバイトでも利用できます。しかし、いくらそういう条件のカードローンであっても、申し込みの方法や金額の希望によっては審査に通らない可能性も出てきます。そこで、パート・アルバイトの人が必ずお金を借りたいのなら、気を付けるべきことについて確認しておきます。

  • パート・アルバイト可と明記されている商品を選ぶ
  • 申込書は正確に記入する
  • 利用限度額の希望は少なめにし、必要な金額だけ記入する

パート・アルバイトの人が借り入れをしたいのなら、まずはパート・アルバイトの人でも借り入れができるカードローンを選ぶことが前提となります。その上で、より借りやすくするために守るべきことがあります。

まずは、申込書の書き方です。ネット経由で申し込みをする場合もそうですが、手書きの場合はメールアドレスが見にくくないか、数字の6と0が紛らわしくなっていないかなど注意する必要があります。審査結果はメールや電話で連絡されることが多いのですが、その際に間違っていたらそもそも連絡がつかなくなってしまいます

それから、連絡先を一つあればいいやと携帯番号だけ書いたとしたら、知らないうちに評価が下がってしまうこともあります。それは、電話は固定電話を持っている方が評価が高いからなのです。記入することが多くあって面倒に感じるかもしれませんが、正確な情報が必要ですので、一つ一つ注意しながら記入するようにしましょう

それから、例えば年収が高い方が印象がいいだろうと思って嘘を書いたとしても、審査担当者もプロですから、ある程度推測することが可能です。虚偽の申請をしたら、人物的に信用が置けないと思われ、それが原因で審査が否決されることもあるので注意しましょう。故意でなく、うっかり間違えた場合も、判断がつかず疑われる可能性があります

それでは、上記の事を元に申込書に関して注意すべきことをまとめます。

  • 丁寧に記入し、読み間違えられるような書き方はしない
  • メールアドレスや電話番号は特に間違えないよう気を付ける
  • 正確に情報を記入する
  • 虚偽の申告はしない

次に、利用限度額の希望です。これは、実は重要な意味を持っています。例えば、借りられるのだったら多めに借りておけば後で助かるかもしれない、と思うこともありますよね。しかし、年収に対して融資できる比率というのがだいたい決まっていますので、それを超えての融資はできないのが普通です。

特に、借り入れ先に消費者金融を選んだ場合は、厳格にこの数字が決まります。それは、年収の3分の1までという数字です。なぜそうなるのかというと、消費者金融が守らなければいけない貸金業法という法律で定められていることだからです。その内容とは下記の通りで、その定めは総量規制と呼ばれます。

消費者金融では、借り入れをする人の年収の3分の1までしかお金を貸すことはできない。それは1社からの借り入れではなく、他社から借り入れがある場合はそれも含んで3分の1までとする。

消費者金融はその決まりに従うため、それを超える融資は行いません。もともと収入が正社員に比べて低くなりがちなパートやアルバイトの場合、希望額を高く書いたらその数字を超える可能性が高くなります。そのため、年収の3分の1という数字を頭に置いて、それを超えないように借り入れをしなければいけないのです。

それでは銀行だったらどうなのかというと、貸金業法には縛られないのである程度融通は利くかもしれませんが、銀行の場合は消費者金融よりも審査が厳しいという事情があるので、それを踏まえるとやはり年収に比べて高い割合のお金を借りることはできません。銀行でも、だいたい年収の3分の1を目安として審査を行っていると言われています。

その理由は、返済できるかどうかという観点で考えた時、それくらいが限度だと思われるからです。そもそも、なぜ貸金業法で借り入れの限度を定めたのかというと、多重債務者が多く出てそれが問題になったことを受けて、そのような人を出さないようにしようという目的があったからです。

そこで3分の1という数字が出されていることからもわかるように、それ以上借り入れをすると返済が難しくなるということなのです。それは、銀行としても考え方は同じになります。そのため、借り入れできる金額に大きな差は出ないんですよね。

差が出るのは、専業主婦の場合です。上記の内容を見てもらったらわかるように、消費者金融の場合専業主婦は借り入れできないとしているところもあるのです。それは、総量規制に従ってのことで、本人に借り入れがない人には原則として融資ができないことになるからです。

ただし、配偶者の収入を元にするという、総量規制の例外はあります。しかし、その場合は配偶者の同意書が必要であり、また配偶者との婚姻関係を示すための書類も用意しなければいけません。

その点、総量規制に縛られない銀行であれば、専業主婦を貸し付けの対象とすることもできるというわけです。ただし、それも配偶者の収入をあてにしたものであり、利用限度額は低めに制限されるのが一般的です。

それでは、利用限度額に関して注意するべき点についてまとめます。

  • 必要な金額のみ借り入れを希望する
  • 利用限度額の希望を書くときは、年収の3分の1という数字を意識する

パート・アルバイトの人がカードローンを利用したいのであれば、以上の事に注意しながら申し込み先をきちんと選んで申し込みをするようにしましょう。

【参考ページ】
アルバイトやパートでも安定してお金を借りるには?

新着記事
ページトップへ