> > 魔法のカードがピンチを救う!?便利なカードローンとは

魔法のカードがピンチを救う!?便利なカードローンとは

あぁ、今お金があればいいのにな、今月家賃払えないかも、急な飲み会どうしよう…お金を必要とする場面は色々出てくるものです。そんなとき、いつでもどこにいてもすぐにお金を借りることが出来る魔法のカードがあります。それがカードローンです。

カードローンというのは、急な出費に役立つとても便利なカードなのですが、誰でも簡単に利用出来るものではありません。利用するためにはクリアしなければいけないことがいくつかあるんですね。どうすればカードローンを利用出来るのか、そもそもカードローンとはどのようなものなのか紹介しましょう。

カードローンは個人向け少額融資

カードローンというのは、カードを使ってローンを利用するというものです。それでカードローンと呼ばれているんですね。このカードは、発行した銀行や消費者金融のATMや提携しているATMで使用することが出来ます。ATMに行ってカードを入れ、暗証番号を入力すれば希望する金額の借り入れが出来るというものです。(参考ページはこちら→ATMから使える便利なカードローン

カードローンとは個人向けの少額融資になりますので、利用できる限度額、金額というのは比較的少額である場合が多くなっています。とは言っても、1万円~最大数百万円の借り入れが可能となる場合もありますからちょっとした出費に対応するには十分な金額です。何よりも、いつでも利用できるという便利さは魅力でしょう。

個人ができるだけ簡単に借り入れを利用出来る、という事を目的としていますから、申し込み時に必要な書類も最低限になっています。ほとんどのカードローンで身分証明書と収入証明書があればOKという事になっていますし、もうしこみもネット上で完結できるところもありますね。

来店不要で面倒な手間をかけることなく利用できるものが多いのも魅力でしょう。

利用限度額とは

カードローンを利用するにあたって、発行されたカードを使えばいくらでも借りることが出来るという事ではありません。利用できる金額、借りることが出来る金額には上限額が決められています。この上限額の事を利用限度額と言います。

利用限度額は利用する人によって違うものになっていて、その金額の範囲内で利用することになるんです。この金額の範囲内であれば、いくらでも繰り返し利用出来るのがカードローンのメリットですね。

設定された利用限度額の範囲で
カードさえあればいつでもどこでもキャッシングが可能
そんな個人向け少額融資がカードローンなんです

知っておきたい金利の仕組み

カードローンを利用する上で知っておかなければいけないのが金利の仕組みです。カードローンとはお金を借りているものですから、借りた金額はしっかり返さなければいけません。そして、ただ返すだけではなく金利を上乗せした金額を返さなければいけないのです。

銀行も消費者金融もただお金を貸して返してもらうだけでは利益が出ませんよね。ですから、金利を乗せて返してもらう事で利益を出すようにしているんです。貸す側にとっては金利が高い方が儲かるわけですが、あまりにも高い金利になると利用希望者が集まりません。ですから、設けも出しつつ利用者を獲得できるような金利を設定する必要があります。

そして、金利は法律によって設定できる上限というのが決められています。この上限を超えた金利でお金を貸すことは出来ません。カードローンも同様です。金利の上限は最大で20.0%までとなっていますので、もしこの金利を超える設定になっているところがあれば違法なところだと考えて良いでしょう。

金利は年率で設定されることがほとんどです。年間で何%の金利を支払ってくださいね、という事なのですが、この金利は日割りで計算しなければいけません。1日でもお金を借りれば年率の365/1の金利を支払わなければいけないのです。金利は低い方が返済総額が減りますから、出来るだけ金利が低いところを選びたいですね。

また、毎月返済しなければいけない金額には金利が含まれています。返済金額を計算するためにはどのような返済方法になっているのか確認する必要がありますが、簡単に分けると以下のようになります。

  • リボ払い
  • 分割払い

この2つですね。それぞれの中でも種類があるのですが、基本的にはリボ払いは決められた一定金額を支払うという方法で、分割払いは何回で返済すると決められた回数で完済しなければいけません。双方とも、毎月の返済金額には金利が含まれています。

結局いくら返済することになるかについては、金利シミュレーションを利用してみましょう。利用を考えているカードローンのホームページで計算できるフォームがあることもありますし、金利と金額、返済方法を入力するだけで返済金額を計算してくれるシミュレーターはインターネットで検索すると簡単に見つけることができます。

大手銀行各社の利用限度額、金利比較

ほとんどの銀行がカードローンを取り扱っていますが、その利用限度額や金利は銀行によって異なっています。代表的な銀行の借入限度額と金利を見てみましょう。

銀行名 借入限度額 金利
みずほ銀行 1,000万円 4.0~14.0%
三菱東京UFJ銀行 500万円 4.6~14.6%
りそな銀行 800万円 3.5~12.475%

銀行カードローンは大きな借入限度額を可能にしている点と、最大金利が比較的低い設定になっているという点がメリットでしょう。銀行という安心感もありますから利用希望者は多いですね。しかし、銀行カードローンは簡単に利用できるものでは無いという事実もあります。

銀行カードローンを利用するためには厳しい審査に通らなければいけないのです。

大手消費者金融各社の借入限度額、金利比較

個人向けにお金を貸しているのは銀行よりも消費者金融の方が長い歴史を持っています。利用者も多く、消費者金融に抵抗感を持っているという人もいるかもしれませんが、実は消費者金融の利用というのはそこまで自分から遠い存在というわけではないんですね。

比較的大手で知名度も高い消費者金融の借り入れ限度額と金利を比較してみましょう。

消費者金融名 借入限度額 金利
アコム 500万円 4.7~18.0%
プロミス 500万円 4.5~17.8%
モビット 800万円 3.0%~18.0%

借入限度額も最大の金額では銀行に劣らない設定になっています。金利を見てみると最低金利はそこまで高い設定になっているわけではありませんが、銀行と比べると最大金利は少し高めの設定になっています。利用限度額が低い金額になると最大金利の適用になる可能性も高いですから、銀行と比べてしまうと多少負担が大きくなりますね。

そして、消費者金融を利用するときに銀行と大きく異なる点があるんです。それが総量規制です。消費者金融を利用するときには決まりになっています。

総量規制とは

総量規制は貸金業法の中に定められている規則で、年収の3分の1以上の借り入れは出来ないとしているものです。実際に利用する金額が年収の3分の1だとしても、限度額がそれを超えていればそれだけ利用出来る可能性があるわけですから、限度額自体も年収の3分の1を超えることは出来ません。

年収が少ない人は、その3分の1までの金額しか借りることは出来ないため、思うような金額を利用できない可能性もあります。一方、銀行は総量規制の対象外です。大きな金額の借り入れを希望する場合は、銀行のカードローンを検討してみると良いでしょう。

ただし、総量規制には例外があります。

  • 不動産や自動車などの高額貸し付け
  • 借り換えローン、おまとめローン
  • 緊急の医療費

他にもいろいろな除外、例外項目がありますので、利用目的によっては消費者金融でも高額の利用が出来る場合もあります。相談してみると良いでしょう。

審査をパスしなければ利用不可

カードローンは借り入れをするのに必要だと思われている保証人や担保を不要としています。担保、保証人なしでお金を借りることが出来ます。保証人をお願いするのは簡単ではありませんし、担保となる様な資産を持っている人も多くはないでしょうからね。

ここだけ聞くと利用しやすいように思えますが、保証人や担保を不要としているためにしっかりと審査が行われるのです。この審査にパスしなければカードローンは利用できないんです。

保証人がいれば返済できなくなっても代わりに返済してくれる人がいるという事になりますし、担保があればそれを売却して返済に充てることができます。カードローンはそれが出来ないため、確実に返済してくれる人かどうかを見極める必要があるんです。それを審査によって判断し、信用できる人は審査をパスすることが出来るという事になっています。

特に銀行カードローンは利用条件が良い為に審査は厳しいとされています。低金利での貸し付けを行っていますから、確実に返済してもらえなければ困るんですね。銀行カードローンを利用できなかった人が消費者金融に流れる、という事もあります。消費者金融の審査は比較的通りやすいものになっていますが、その分金利を少し高めにしていますね。

審査でチェックされるのは

  • 属性
  • 個人信用情報
  • 在籍確認

主にこのような項目ですね。

属性

家族構成や年齢、年収、勤務先、勤続年数など基本的な申し込み者の情報です。この情報だけでも返済することが出来るかどうかを判断します。

  • 安定した勤務先に勤めている
  • 勤続年数が長い(3年以上)
  • 勤務形態が安定している(正社員等)

ここを満たせばだいぶ審査には有利になります。ただ、パートやアルバイト、派遣社員や契約社員でも利用できるカードローンはありますので、正社員でなければカードローンを利用出来ないという事ではありません。あくまでも審査に有利かどうかという事です。

個人信用情報

個人信用情報では現在他社に借金がある状態ではないか、ローン返済中ではないか、延滞していないか、ブラックになっていないか、という情報をチェックします。

当然、ここに問題があれば審査に通ることが難しくなりますね。特にブラックであれば、自己破産をしたかもしれませんし悪質な延滞があった、という事を示していますのでその条件の人にお金を貸す、信用をするというのは厳しいのです。

カードローンの審査で重要視される部分になります。銀行カードローンは個人信用情報に問題があればほぼ利用不可だと考えておきましょう。

在籍確認

在籍確認とは申込書に記載されている勤務先に電話をして、申し込み者が勤めているかどうかをチェックするというものです。ただ、勤務先に電話があるからと言って必ず申し込み者が応対しなければいけないというものでもありません。

在籍確認はその人が働いているという事実が確認できれば良いわけですから、不在でもお休みでもOKなんです。この会社にはいません、と言われなければいいわけです。不在のときはかけなおすという事もしませんから、在籍確認は一瞬で終わってしまうものなんですね。

もし電話に出ることが出来れば、本当に申し込みをした本人なのか生年月日等基本的な情報の確認が行われます。それだけで終了なので、特に緊張することは無いでしょう。

審査に通るためには安定した収入、勤務先で
個人信用情報に問題がなく
信用できる人物だとと判断される必要があります。

もちろん、どこが1つ問題があればNGだ、とは限りません。利用出来るカードローンはあるかもしれませんが、それはカードローンの審査を行っているところの基準によるもので、どこなら利用出来る、利用できないと簡単に言うことは出来ません。

少し不安な点があるのであれば消費者金融の利用を検討してみるのも良いでしょう。複数のカードローンを一度に申し込むとどこか落ちても安心だと考える人もいるでしょうが、それは申し込みブラックになってしまう可能性がありますからお勧めできません。

出来れば一度に複数の申し込みをしないようにして、次のカードローンを申し込むときも時間を空けるようにして下さい。

利用目的は基本的に自由

カードローンは利用目的は何でもOKです。ただい、例外がありますから注意しなければいけないんですね。実は、カードローンは事業資金目的の利用はNGとなっていることが多いんです。あくまでも個人の利用目的で使うということを前提としているんですね。

どうしても事業資金として利用したいのであれば、事業者用のカードローンを利用するようにしましょう。事業者用のカードローンは事業資金だけでなく個人のプライベートな目的で利用することも可能となっています。

個人事業主だと収入が不安定だとみなされて通常のカードローン審査に通らないこともあるのですが、もともと事業者を対象としたカードローンであればそれが不利になる事はありません。
(⇒職業が審査に通らない理由になる?

カードローンを利用するときには

  • 何の目的で利用するのか
  • いくら利用したいのか
  • 利用する頻度は多いのか

これらのことをふまえて、銀行カードローンにするのか消費者金融のカードローンにするのか、個人向けのカードローンなのか事業者向けのカードローンするのかを決めると良いでしょう。(参考ページはこちら→特におすすめのカードローンはどれ?

新着記事
ページトップへ