> > 銀行のキャッシングも可能?ブラックが気になる時の解決法!

銀行のキャッシングも可能?ブラックが気になる時の解決法!

お金を借りる際に、誰でも気になるのが審査のことです。それだけにその審査基準は、キャッシングを申込もうとする人にとっては、いつでも最大の関心事ですよね。しかし各社の審査基準は、決して企業の側からオープンにされることはありません。(参考ページはこちら→謎に包まれた融資審査基準

そのせいもあって、利用者の間では「これがあると絶対に審査には通らない」とか「こういう条件では審査に通りにくい」などと、盛んにその傾向が取り沙汰されています。しかし実際のところはどうなのでしょうか?

今回はその中でも特にブラックに関することに的を絞り、その解決法を調べてみました。審査に不安のある方や、過去ブラックになったけど銀行でも借りれないかとお考えの方は、是非最後までお付き合いください。

ブラックってどんなこと?

お金の借り方を調べていると、頻繁に「ブラック」という言葉が出てきます。「ブラックでも借りれる」とか「ブラック対応」なんていう使い方をしますよね。

本来の意味のブラックとは、信用情報機関に特定の登録がある人のことを指しています。実際にブラックリストなるものがある訳ではないのですが、この登録があれば即審査に落ちてしまうため、これを「ブラックリストに載る」と表現するようになったのが始まりのようです。

    ブラックとは?

  • 3ヶ月以上の延滞
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

この事故情報には決まった登録期間があって、この期間中はまず大手消費者金融や銀行ではキャッシングの審査には通りません。もちろん自動車や家電などの各種ローンも全滅です。この影響力を見れば、「ブラックリスト」と呼ばれるのも当然のことだと思えますよね。

その他の個人情報の中にも、審査上は評価が高くないというものが幾つかあるのは確かなのですが、この事故情報が他の属性とは異なるのは、これがあるというだけで審査に落ちてしまうということです。情状酌量の余地がないからこそ「ブラック」なんですね。

いろんなブラック

ブラックにはこれ以外にも、申し込みブラックというものが存在します。ブラックと名がつくからには「これがあると即審査落ち」という意味なのですが、実はこれは返済に関するトラブルが原因になっているのではありません。

申し込みブラックとは、一時期に多数のキャッシング申し込みをした人が、そのために審査に通らなくなっている状態のことを表しています。それにしても、延滞した訳でも踏み倒した訳でもないのに「ブラック」だなんて、ちょっと腑に落ちませんよね。

しかしお金を借りようと焦っている人の中には、返済不能になることが分かっていてお金を借り続けるような人もいます。このような人が短期間にあちこちからお金を借り集めようとすれば、結果的にこのような申し込み方になってしまうでしょう。

このような可能性を警戒されてしまうために、短期間に複数の申し込みをしている人は、仮審査の段階で足切りされてしまうことがあるんです。このように返済をきちんと出来る人であっても、陥ってしまうブラックもあるのです。お金を借りる際には色々と気をつけなくてはいけませんね。さてこうならないためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

申込み方にも気をつけて!

例えばもしも今すぐにお金が必要になったとして、たまたま最初に申込んだところで審査に落ちてしまったとしたら、あなたならどうしますか?きっと時間を置かず、新たに他のところで申し込みをしようとするのではないでしょうか。

またもしかして次も落ちるかもと心配になれば、念の為に幾つか同時に申し込みをしたりするかもしれません。ところがこのようなことをしてしまうと、踏み倒しを前提で申し込みを連発している人と、外見上は全く同じに見えてしまうのです。

このように審査申し込み状況がすぐに分かってしまうのは、信用情報機関同士で情報をやり取りしているからなのです。CRINという共有情報システムによって、銀行、消費者金融、信販会社から上がった申し込み情報は、審査の早い段階で全て判明してしまいます。

「審査申込みだけならば問題がない」「銀行と消費者金融は業種が別だから大丈夫」、このような情報は全て間違いなんですよ。

銀行、消費者金融、クレジットカードなど、全てのキャッシング申込みについて、1ヶ月に3?4件を超えると申込みブラックになります!

※場合によってはそれ以下でも審査に落ちる可能性もあり

    申込みブラックにならない為には、以下のことを守ることが重要です。

  • 同時に複数の申し込みはしない
  • 1件目の審査中に他社で申込まない
  • 2件目は審査結果後1週間以上あけて

もしもこれが原因で審査に落ちた人が、原因が分からず次々に申し込みを繰り返せば、ブラック状態から延々と抜け出せなくなるということもあり得るでしょう。

このように申し込みブラックは、審査に落ちる心当たりの全くない、返済トラブルとも無縁の人でも陥ってしまうために、尚更やっかいなのです。ここから抜け出そうと思ったら、各信用情報機関の登録状況のことを詳しく知っておく必要があります。

信用情報機関 申込み状況の登録期間
CIC 6ヶ月
JICC 6ヶ月
KSC 6ヶ月

いずれも登録されているのは半年間ですので、これを超えればまた元通りになります。企業に直接迷惑をかけたという訳ではありませんから、後々まで借りにくくなるといった心配も無用ですし、そのために借入先の企業のランクを落とす必要もありません。

申込みブラックは、他のブラックとは違って解決後は一切影響が残らないのが特徴です。半年間申込みができないのはきついかもしれませんが、この半年を超えれば後腐れ無くスッキリ解決しますよ。

時間が解決!さまざまなケース

申込みブラックだけでなく、どのようなタイプのブラックになったとしても、最終的には全て時間が解決してくれます。申し込みブラックの登録期間については既にご説明しましたが、他のブラックの登録期間は以下のようになります。

事故情報 登録期間
3ヶ月以上の延滞 5年(完済後)
任意整理 5年
個人再生 5年?10年
自己破産 5年?10年

登録期間は、3つある信用情報機関によっても差があります。例えば自己破産した時の融資先が銀行だった場合は10年間登録され、その間はどこで申込んでもこの記録が閲覧されてしまいます。

ではこの期間さえ過ぎれば万事オーライなのかというと、実はそうとも言い切れないところがあるんです。それが社内ブラックというものです。

社内ブラックって?

お金を貸している業者にとって、信用情報機関はデータのダウンロード元であるだけでなく、アップロード先でもあります。自社に申し込みのあった利用者情報は、順次加入先の信用情報機関へ登録されることになっています。

このような利用者情報は次々と蓄積されていきますから、自社の利用者で長期延滞や債務整理があった場合も、社内にはそのまま保存されることになります。しかもこれは信用情報機関の登録期間とは無関係ですから、企業の判断によっては、10年以上に渡って保存される可能性もあるのです。このようなケースを社内ブラックと言います。

但し信用情報機関の登録期間終了後の取扱いも、やはりその企業の判断によりますから、社内ブラックでも借りれる可能性がゼロという訳ではありません。

中には債務整理した先の企業で、登録期間後に審査に通ったという例もありますから、全く希望が持てないという訳ではありません。しかし過去にそこでブラックになったのならば、やはり通常は登録期間終了後も審査は避けた方が無難でしょう。

特に銀行でのキャッシングには気をつけなくてはなりません。もちろんその銀行で過去にブラックになったという方であれば、当然気をつけなくてはならないのですが、実は銀行では借りていなかった人であっても、社内ブラックで引っかかってしまう危険性があるのです。

これを次の段落でご説明しましょう。

銀行で借りる時は気をつけて!

各銀行のカードローンは、消費者金融と変わらない利用しやすさでも人気が高まっています。特に消費者金融やクレジットカードで借りれば必ずかかってくる総量規制とも無関係ですから、借入額を気にせず借りれるという点でも、その需要は以前よりも増えていると言えます。

過去ブラックになったことのある方も、登録期間終了後は是非銀行で借りたいという方も少なくないでしょう。特に消費者金融からの借り入れで長期延滞や債務整理を経験した方ならば、尚更そうかもしれませんね。

しかし銀行カードローンの審査は、実際には消費者金融やカード会社が請け負っているケースが殆どなんです。その一例をまとめましたのでご覧ください。

銀行カードローン 保証会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス
三菱東京UFJ銀行バンクイック アコム
りそなプレミアムカードローン オリックス・クレジット

銀行カードローンを申込むと、その審査にはこのような企業が関わっている訳です。もしもこの保証会社である企業で延滞などがあったとしたら、その商品は避けた方がいいかもしれませんよ。

例えばひとつの銀行に数種類のカードローンがある場合があります。一般に複数のカードローンの中から1枚を選ぶ際には、限度額や年利をポイントにすることが多いのですが、このような場合には保証会社で選ぶのがお薦めです。

※同一銀行内の複数のカードローンはそれぞれ保証会社が違う!
Aカードローン→A社の保証
Bカードローン→B社の保証
Cカードローン→C社の保証

過去に債権者であった会社を避けることで、審査に通る確率は確実にアップするでしょう。ただし昨今は合併やグループ企業への参画によって企業も形を変えることが多く、社名だけでは見分けがつきにくくなっています。元の企業が今現在どうなっているか、多少の下調べも必要かもしれません。

保証会社を確認しよう

ところでカードローンの保証会社は、どこを見れば分かるのでしょうか。各企業とも保証会社名を隠している訳ではありませんので、そのカードローンの説明を見れば、特に探さなくてもすぐに分かるようになっています。

一般には「貸付条件」や「商品詳細」といった一覧の中に、「保証」の説明として保証会社名がはっきりと表示されています。また借り入れ条件として「何々株式会社の保証を受けられる方」といった表現で説明されていることもあります。どこにも見当たらない場合は、申込みの同意書を読めばすぐに分かるでしょう。

まさか?こんなケースも!

ブラックになってしまうのは、申し込みブラックなども含め、自分で心当たりがあることばかりとは限りません。中にはこんなケースもあります。

電話料金未納がブラックに?

スマートフォンが出てから特に多くなったと言われているのが、端末料金の未払いによるブラックリスト入りです。これは端末料金を分割払いにして、毎月の電話料金と一緒に支払っている人に見られるケースです。

この支払い方法を選んでいる人が、つい電話料金の支払いを滞納してしまった場合、それと同時に端末代金のローン延滞がついてしまうのです。1ヶ月遅れならばいいのですが、2ヶ月を過ぎればしっかり事故情報として登録されてしまいますよ。

この場合、本人はまさかそんなことになっているとはつゆ知らず、ただ電話代の入金が遅れているだけと気楽に構えていると、あっという間にブラックリスト入りになってしまいます。こうなってしまうと、完済してから後も5年間は、あらゆるローン審査に通らなくなるのですから大問題です。

しかもこの登録の5年のカウントが始まるのは、延滞の後に支払いを開始した時ではなく、ローン返済がすっかり終了してからなのです。つまり少なくとも5年プラスアルファの期間、不自由な思いをするはめになってしまう訳です。これはとても気楽に構えていられる話ではありませんね。

クレジットカードの放置は危険

これと同様に、軽く考えていて失敗しがちなのがクレジットカードの扱いです。クレジットカードはポイント目当てに入会する人も多く、キャッシングを利用する気もなく気楽に扱っている方も少なくありません。

しかしキャッシング枠がない場合にも、ショッピングで利用して支払いをしなければ、キャッシング同様に延滞がつきますし、それが長期化すれば当然ながらブラックリストに載ってしまうという危険性もあります。

ショッピングセンターやお店の開店時に、入会キャンペーンで作ったカードが使わなくなっていたりしませんか?このようなカードを放置していると、どこに保管したかその存在すら忘れていることってありますよね。これを家族や知人が無断で使ってしまうということも、決してあり得ない話ではありません。

通常支払いをしないと督促の通知が来るはずですが、心当たりがないために気にせずほったらかしにしていたり、実家に届いていたのを知らなかったりと、案外気づかないまま延滞が長期化してしまうケースがあるのです。(参考ページはこちら→延滞を長引かせてはいけない理由

このようなこともありますので、審査に落ちる理由がどうもはっきりしないという場合には、一度信用情報の開示請求をしてみることも大切です。
(⇒信用情報が記録される場所

信用情報の開示請求をしよう

自分の信用情報は、以下の方法で請求することができます。

機関名 手段 料金
CIC パソコン、モバイル、郵送、窓口 1000円(窓口のみ500円)
JICC モバイル、郵送、窓口 1000円(窓口のみ500円)
KSC 郵送 1000円

CICのパソコンやモバイルを使ったインターネットの開示が最も時間がかかりませんが、支払いと本人確認のためには指定されたクレジットカードが必要となります。

JICCのモバイルでの方法は、全て画面上で手続きをしますので、本人確認書類も画像送付することになります。また支払いはカード以外にもコンビニや銀行振込にも対応しています。

これ以外の郵送と窓口での手続きでも、必ず本人確認書類は必要(KSCの場合は2種類)です。郵送で申込む場合は、先ず開示申込書をダウンロードの上プリントアウトしなければなりませんので、プリンタがない人はコンビニのマルチコピー機を使うといいでしょう。

支払いや本人確認の手続きには手間取るものの、一度請求しておけば、自分も気づかなかった信用情報のことがよく分かるはずです。車のローンなどを利用する機会に、是非一度請求をかけてみてはいかがでしょうか。

新着記事
ページトップへ