> > ufjカードローン、他の審査への影響が気になるあなたへ!

ufjカードローン、他の審査への影響が気になるあなたへ!

近年、銀行カードローンの中でも、有名な大手銀行であり、即日融資も可能なufjカードローン、バンクイックが、とても人気があります。(参考ページはこちら→三菱東京UFJ銀行のカードローンが人気なワケ

ですが、一般にカードローン、キャッシングを利用すると、その人の信用情報にその事実が掲載され、各種ローンに影響を与えると言われます。ufjカードローンを利用した場合、他のローンへの審査はないのでしょうか。(参考ページはこちら→お金を借りれば他から借りるのは困難?

ufjカードローンとローン審査

まず、ufjカードローンがどのようなものなのか、カードローン業界の中の位置づけや、通常のローン審査についての前提をお伝えします。

三菱東京ufj銀行は、大手銀行としてとても有名であり、知らない方はほとんどいないでしょう。

この銀行が、直接運営しているカードローンの1つがバンクイック、もう1つがマイカードプラスですが、通常、カードローンと言った場合、バンクイックを指すことが多いです。

というのは、マイカードプラスというのは、銀行のキャッシュカードがメインのキャッシング機能つきカードだからですが。

バンクイックの特徴

バンクイックの特徴としては、やはり大手銀行のカードローンであること、金利が低いこと、そして、大手銀行の割には審査に通りやすいと言われていることなどが挙げられます。

バンクイックは、4.6~14.6%で、最高限度額500万円と、高スペックのローンとして知られています。

実際に銀行の中には、さらに低金利のところもありますが、知名度の高さなどから安心され、さらに比較的借りやすいことも手伝って、利用されているようです。

そして、銀行であるにもかかわらず、即日融資に対応しているという点も、人気の秘密でしょう。急ぎのときに、即日融資は本当にありがたいですよね。

ちなみに、バンクイックは、申込む時間帯とお申込方法によって、即日融資が可能になります。逆に、通常の審査はそんなに早くはありません。

急いでいる場合、テレビ窓口という、銀行の中に設置されている機械で手続きをします。インターネットで申込み、電話をかける方法でも、割と早めに対応してもらえますが、放置していると2週間ほどかかる場合があります。

審査に影響を与える他社ローン

一般的に、ローン審査を受ける場合、他社ローンがあることは嫌われます。ですから、どこのカードローンであったとしても、持っていることによる影響は、ゼロではありません。

まったく借りていない場合については、ほぼゼロというところもありますが、いつでも借りられる状況であることに変わりはなく、上限金額に影響を与えるとしているところも多いです。つまり、限度額ですね。

特に、消費者金融のキャッシングカードは、銀行などからは嫌がられるケースが多いです。もっとも、銀行で借りずに消費者金融で借りている、という事実で既に嫌われることも多く、銀行の場合は、そこまで影響しないケースもありますが。

目的別ローンで、たとえば家や車を買うといった場合、銀行ローンはさほど影響しない場合が多いですが、家のローンでは、家のローンのほうにおまとめをする形で、カードローンの解約を求められる場合があります。

あなたもどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、ローン業界で最も嫌われるものの1つが、多重債務です。多重債務になると、その分、返済が厳しくなることや、返済するために借りている可能性があるためです。

ですから、やはり今現在、借りているローンを増額するか、解約して数ヶ月経過してから、次を申込むほうが、印象としては良いですね。ちなみに、解約直後は、まだ情報が反映されないので、少なくとも2週間程度は待つようにしましょう。

カードローンの利用と信用情報

カードローンが他のローンに与える影響について、信用情報という点から詳しく見ていきましょう。

まず、キャッシング、クレジットカードなどを申込んだ際、利用した際に、この人はどこそこの会社で情報照会されました、お金を借りました、という情報が、信用情報に掲載されます。

この情報は、日本に3つある、信用情報機関で管理され、必要なときに照会されます。照会できるのは、本人や金融商品を扱っている企業ですね。

このとき、信用情報にもし、傷がついていると、審査に通る確率は極端に低くなります。要するに、繰り返しの滞納や金融事故を起こしているケースでは、照会したときにその情報を把握されてしまいますので、審査に通らないケースが多いのです。

ufjカードローンを利用する場合も、3ヶ月以上の滞納などをしてしまうと、当然、この信用情報機関に掲載されてしまいます。そうなってしまうと、通常のカードローンを利用しているときと異なり、他社審査に、非常に大きな影響が出ることになります。

信用情報に傷がついて、お金を借りられなくなってしまう現象を、俗にブラックリストに載るといいますが、これはブラックリストというリストがあるということではなく、信用情報を事故者リストに異動されるということです。

一部、こうしたブラック等でも通過する可能性のある消費者金融がありますが、ブラックになること自体は、決して良いことではないですから、きちんと返済してください。特に、審査への影響を気にするのであれば、なおさらです。

ufjカードローンで受ける評価

それでは、実際にufjカードローンを利用すると、次に利用するローン会社から、信用情報に掲載された情報を、どう評価されるのでしょうか。

これは、大きく分けて2通りがあります。有名な銀行からお金を借りられるほどの信用がある人、と見なされ、プラスに評価される場合と、マイナスの評価をされる場合があるのです。

プラス評価があると言いましたが、そんなに大きな評価ではなく、お金を借りる場合に、貸す側から見て、信頼できそうというイメージを付加するくらいです。

逆に多重債務になることや、使途がハッキリしていないローンを利用するような人と評価されることなど、マイナスに作用してしまう場合もあります。

一概にどちらになると断言はできません。ですが、一般的には、カードローンよりも、高額の目的別ローンなどでプラスに受け取られる場合が多く、カードローンでは複数社から使途自由の借金をしているということで、印象が悪くなりやすいです。

住宅ローンなどの高額ローンに申込む場合、そちらのローンにまとめてもらうということが可能な場合があります。

ケース別審査への影響

実際に審査への影響を考える場合、ケースによって変わってきてしまいますので、少し具体的なケースでお伝えします。

絶対にマイナス影響の出る状況がある!

まず、どこで借りているかよりも影響の大きなもので、きちんと返済しているか、という要素があります。もし、借りたお金をきちんと返済しないで滞納している場合には、上述している通り、どこで借りていても、マイナスの影響が出ます。

「銀行で借りられた=信用されている」という評価の基準があったとしても、きちんと返済していないという場合には、プラス評価を受けることができません。

また、ufj銀行以外のローンを既に利用している場合には、その金融会社の影響も受けます。また、元から多重であるところに、さらに借りようとしているというのは、決してプラスにはなりません。

持っているだけのカードローン

カードローンのカードを持っているだけで、影響が出るかという点についてですが、これについても、影響はゼロではありません。ただ、銀行ローンや目的別ローンに申込もうとしている状況においては、そこまで深刻ではありません。

どちらかというと、消費者金融のカードローンを利用しようとしている場合のほうが、マイナス影響は大きくなります。これは、借りられるか借りられないかということよりも、その限度額が影響を受けてしまう面が大きいですが。

消費者金融カードローンと総量規制

消費者金融でカードローンを借りようと思っている場合には、その上限の金額において、総量規制の影響が出ます。銀行は総量規制を無視できますが、消費者金融は無視できません。それまでに持っているローンカードの枠も、すべて含めて審査することになってしまいます。

その場合、多重債務にするよりも、今持っている、ufjカードローンを増額するほうが良いでしょう。

ただ、増額するためには、実際にカードを利用して、実績を積むことが必要になります。また、半年以上、返済をしているなどの条件がないと、なかなか難しい面もあります。

新着記事
ページトップへ