> > 会社や家族にバレるのは嫌!ローン審査を内緒で受ける方法

会社や家族にバレるのは嫌!ローン審査を内緒で受ける方法

事情があってお金を借りたい、あるいは何か買いたいものがあって借りたいけれど、どうしても会社や家族に借金がバレるのは嫌…そういう方は、少なくないと思います。実際、自分がお金を借りることを考えると、あまり人に知られたいとは思わないですしね。

ですが、在籍確認や郵便物など、会社や家族にバレそうな要素というのは、つきものです。特に、審査の段階やいくつかの場面で、バレてしまいそうな瞬間というのは、存在します。

会社や家族に借金をバレないように借金する方法があれば知りたいというあなたには、このサイトがお役に立てると思います。

バレそうになる瞬間

まず、借金がバレそうになる瞬間というのは、ある程度、決まっています。

たとえば、借金を申込んで電話がかかってくる瞬間です。これは、本人確認・在籍確認の2つがありますが、本人確認は申込んだ当人の借りる意思を確認すること、在籍確認はその人がその会社に勤めているのか等を確認することです。(参考ページはこちら→在籍確認は欠かせない融資の過程

金融会社側としては、その人の借りる意思も確認せずに貸すということは、怖いものです。また、本当に勤めているかどうかもわからないのに、貸付けるのも、怖いですよね。

書類の上では、簡単に嘘をつけてしまうものですから、やはりきちんとその人が働いているという実証が取れることが大切です。(参考ページはこちら→もちろん融資審査で嘘をついてはいけません

金融会社が最も恐れるのは、連絡自体が取れなくなるということです。電話番号を把握したつもりでも、かけてみないと実際のところはわかりません。ですから、本人確認や在籍確認の電話をしたいのです。

また、この2つの電話以外にも、バレそうになる瞬間というのはあります。たとえば、金融会社からの請求電話や郵便が来てしまう場合です。

また、他の金融会社からの営業レターが頻繁に来るような状況というのは、普通は借金しない限り、起こりませんから、こうした状況になると、バレてしまいそうです。

ちなみに、営業レターは一度来てしまうと、個人情報の観点から、なかなかどうにかなるものではないということもあり、信用できる金融会社を選んで利用するしかないというところです。口コミ情報などを十分に確認して、借りましょう。

内緒にするよりこう言えばいい?

よく、在籍確認の電話では、バレないですよ、という趣旨の記述がありますが、実は必ずしもそうとは限りません。

会社などに在籍確認の電話が入ってバレてしまうというのは、実際、時々、あることです。金融事情に疎い方が電話を取ると、バレないですが、借金の経験がある方なら、その独特の電話に、すぐに気づいてしまうかもしれません。

銀行であれば、○○銀行です、と名乗るので、借金なのか別の用事なのかわからずに繋いでもらう感じになります。銀行の場合は、通常、バレてもダメージはそれほど大きくなりません。

というのは、住宅ローンやカーローンなどを組む人もいますし、銀行で借りられるということは、信用があるということを意味するからです。

ただ、消費者金融や信販会社の在籍確認は、いきなり個人名を名乗ってくるので、会社にかかってくる電話としては、違和感があります対個人営業職ならいざ知らず、それ以外の業種であれば、借金を疑われる可能性は高くなります。

また、在籍確認の個人名はスルーされたとしても、生年月日や住所などを聞かれることがあり、これに他の人の前で回答することが、怪しいと思われる原因となり得ます。

こうすればわからない!

個人名を名乗ってくるケースであっても、この方法を取れば、キャッシングだと気づかれない、という方法が1つあります。

それは、「クレジットカードを申込んだので、在籍確認の電話があるかもしれません」と自分で言ってしまう方法です。

「え?自分で言ったら意味ないじゃん!」と思われるかもしれませんが、あなたはクレジットカードを申込むのは恥ずかしいですか?ここがポイントなのですが、キャッシング、つまりお金を借りることと、クレジットカードを申込むことでは、だいぶその言いやすさの程度が違いますよね。

クレジットカードは、ポイントカードで申込む人もいますから、一般にはよく使われます。一方、キャッシングとなると、全日本人の4割程度は利用していますが、4割程度と言ってしまえばその程度なのです。

それに、お金を借りるのと、ポイントカードを手に入れるのでは、後者のほうが絶対的に人に言いやすいと思います。

この方法が効果的なのは、クレジットカードの在籍確認も、キャッシングと同じように、個人名で名乗ってくるからです。同じような在籍確認方法なので、周囲からはどちらと判別できません。

1つだけ難点があるとすると、クレジットカードの会社によっては、在確自体が行われないという点ですが、在確のある会社もあるので、会社名を言わなければ、ごまかせます。

絶対にバレたくないあなたへ

クレジットカードであったとしても、言いたくない、そして絶対にバレたくない、という方は、別の方法を選ぶしかないですね。それは、借りる金融会社自体を、目的に合わせる方法です。

どういうことかと言いますと、金融会社によっては、電話連絡の電話を入れずに借りられるところがある、ということです。具体的には、モビットのWEB完結申込が有名です。また、アコムなら、電話等で事情を話すと相談に乗ってくれるケースがあります。

また、銀行で借りたいけれども、在籍確認は避けたい、というジレンマを抱えている方もいらっしゃるかもしれませんが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックについては、相談すれば、別の方法で在籍確認が取れる場合もあります。

とはいえ、在籍確認電話なしで借りようと思うと、それなりに条件もありますので、必ずできるというわけではなく、否決されてしまう場合もあります。

在籍確認を別の方法で取りたい場合

在籍確認を電話以外の方法で取りたいという場合でも、いくつかの条件を満たしているのが理想です。

まず、職業的な面ですが、普通の公務員や会社員であるということです。これは、社員証、給与明細等で、簡単に証明書類が準備できるという点でプラスです。

会社等への在籍を証明する書類を発行できるのであれば、そうした書類を発行しておくのもオススメです。在籍確認を電話以外の方法で取る場合、使われる方法は書類審査なのです。

逆に、在籍確認なしで借りたいと思っていても、書類がまったくない場合(派遣など)ですと、難しい面もあります。自営業の方で在籍確認を気にすることはないと思いますが、自分の職業では難しいと感じる方もいらっしゃると思います。

どこで借りてもバレるケース

上記のように、ちょっとした一言や借りる会社を選ぶなどの方法で、ある程度はカバーできることが多いですが、どこで借りたとしてもバレる可能性があります。これが、滞納などをしてしまうというケースです。

一般的に、滞納すると、まずは電話がかかってきます。最初は携帯ですが、次第に、固定電話へ、会社へ、と移っていきます。

ただ、この時点までで支払えば、それ以上の追及はないでしょう。それでも、会社等へ電話がかかってきてしまうと、バレる危険性は高くなります。

さらに、回数が増えてくれば、バレる確率はどうしても、高くなります。

次に、郵便、電報となってくる場合です。郵便物は、特に差出人などでバレることはないように配慮されますが、それでも頻繁にそのようなものが届く状況は、怪しいことこの上ないですよね。こうなってしまうと、どんな金融会社を利用していても、バレてしまうことになるでしょう。

そうならないためには、きちんと返済していくということが、とても重要です。

【参考ページ】
内緒でお金を借りる為の方法まとめ

新着記事
ページトップへ