> > 三菱東京ufj銀行で即日融資!銀行系のメリット・デメリット

三菱東京ufj銀行で即日融資!銀行系のメリット・デメリット

大手の銀行に「三菱東京ufj銀行」というところがありますが、ここではカードローンも扱っています。個人の人でも十分に融資を受けられる可能性があるので、お金に困っている、という人には魅力的かもしれませんね。(参考ページはこちら→人気銀行の人気カードローンについて

この銀行のカードローンは「バンクイック」という商品名になっていますが、詳細はどのようになっているのでしょうか?また、メリットやデメリットにはどのようなことがあげられるのでしょうか。銀行系ローンのいいところや悪いところを紹介していきたいと思います。
(⇒カードローンにはメリットと同時にデメリットがあるもの?

三菱東京ufj銀行のカードローン

三菱東京ufj銀行では「バンクイック」というカードローンを扱っています。最近はカードローンを組んだことがある人も多いようなので、実際に今「契約中」という人もかなりいるでしょう。大手の銀行になっているので、知名度も高く、安全に融資を受けることが可能です。(参考ページはこちら→安全な融資を希望する方へ

「バンクイック」と契約していない人は詳しい情報はわからないかと思いますが、銀行系ならではのメリットやデメリットがいくつかあります。ではどのようなメリットやデメリット、詳細はどのようになっているのでしょうか?

バンクイックの詳細は?

Web上に公式サイトもあるし、バンクイックを紹介しているサイトはたくさんあるので、詳細は調べてみると簡単に調べることができますが、簡単に紹介しておきます。

バンクイックは日本に住んでいて20歳を超えていて、65歳以下の人が申し込みすることができます。さらに自身に安定した収入、保証会社から保証を受けることができる人が融資を受けられる可能性があります。この辺は、そのほかのカードローンとあまり変わりありませんね。

  • アルバイト
  • パート
  • 派遣
  • 自営業

バンクイックは収入がある、年齢を満たしている、保証を受けられる人など申し込み条件を満たしているなら正社員でなくても上記のような雇用形態の人でも融資を受けられる可能性があります。正社員に比べると、審査で通りづらいとかよく言われていますが、「必ず融資を受けられない」ということではありません。

ちなみに、収入があれば学生や主婦といった人でも融資を受けられる可能性があります。

契約に必要な書類は?

カードローンで契約まで完了させるには、本人を確認できる書類を必ず提出しなければいけません。本人を確認できる書類には次のようなものがあげられるので、確認してください。

  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート

同じ書類関係ですが、限度額が一定を超える場合に「収入証明書」というものを提出しなければいけません。バンクイックの場合だと100万円を超える限度額を希望のときに次のような収入証明書が必要になってきます。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

本人確認書類は誰でも必要になるので必ず用意しておく、収入証明書は自分がどのくらいの融資を受けたいのか?限度額が100万を超えるようなら用意しておきましょう。

申し込み方法について

バンクイックの申し込み方法については、いくつかの方法があるので、自分の好きなものを選ぶとよいでしょう。

  • インターネット
  • テレビ窓口
  • 電話
  • 郵送

インターネットやテレビ窓口を使えば、審査の結果もすぐにわかるし、即日で融資を受けることもできてしまいます。おまけに周りの人にばれにくいようなので、ばれないで融資を受けたい人はインターネットやテレビ窓口で申し込みをしてみるとよいでしょう。

インターネットは24時間365日いつでも申し込みを受け付けてくれますが、テレビ窓口や電話といった方法をとるなら受付時間には注意しないといけません。

テレビ窓口は、

  • 平日だと9時から20時
  • 土曜祝日だと10時から18時
  • 日曜日は10時から17時まで受付を行っています。

電話は、平日は9時から21時、土曜日曜祝日は9時から17時まで受付を行っています。

急いでいないのであればいいですが、急いでいる場合は受付を行っている時間には注意して申し込みを行うようにしましょう。

利息はどのくらいつくのか?

カードローンで融資を受けたら利息を加えて返済しないといけないわけですが、これにはだいたい幅があることが多いです。

  • 三菱東京ufj銀行のバンクイックの場合だと年4.6%~14.6%

銀行系なだけあって、上限金利は消費者金融とかと比べると比較的低めに設定されています。ちなみに金利には幅がありますが、幅のどの数値に設定されるのかというのは、限度額によって変わってきます。公式サイトにも載っていますが、次のようになるわけです。

限度額 金利
10万~50万以下 14.6%
50万~100万以下 11.6%~12.6%
100万~150万以下 10.6%~11.6%
150万~200万以下 8.1%~9.6%

といったようになっていて、限度額が高ければ金利は低くなってきます。バンクイックの限度額の最高は500万となっていて、500万の限度額だと金利は4.6%から5.1%といった低金利になるのです。

限度額:: 500万~0
金利:: 4.6%~14.6%

このように並べてみるとわかりやすいかもしれませんね。公式サイトの方で表をみることができるので、自分の希望限度額ではどのくらいの金利になるのか?利息はどのくらいつくのか?よく計算して、返済額がどのくらいになるのか自分でよく把握しておくようにしましょう。

銀行系のメリットやデメリット

バンクイックについて簡単に紹介しましたが、次は銀行系のメリットやデメリットについてです。

三菱東京ufj銀行などのような、銀行系で扱っているカードローンは、よく銀行系とか呼ばれています。ここのほかにも大手の銀行系でカードローンを扱っているところは結構あるので、一度探してみるのもよいでしょう。

銀行系のメリットとしては次のようなことがあげられます。

  • 安心感がある
  • 金利が低い
  • 総量規制の対象にならない

デメリットとしてあげられるものには次のようなものがあります。

  • 借金であることを忘れる
  • 審査に通りにくい

銀行系のメリット

三菱東京ufj銀行のカードローン「バンクイック」のほかにも銀行系はいくつかありますが、だいたい同じようなメリットがあてはまります。

大手銀行のカードローンということだけあって、やはり安心感があるのはいいですね。安全に融資を受けることもできますからね。また、金利の幅の上限も消費者金融などに比べると低めに設定されているので、より経済的に融資を受けることができます。

バンクイックの金利の幅はすでに紹介したと思いますが、4.6%~14.6%。大手の消費者金融の金利を調べてみるとわかりますが、下限は似たようなもので、上限は18%とかに設定されています。10万円とか少ない金額の融資を受けるのであれば、だいたい金利の上限の利息を支払わなければいけないので、少しでも安いところのほうがお得です。

融資を受けるのであれば、まずは上限金利が低いバンクイックなどの銀行系に申し込みを行ってみるとよいでしょう。

銀行系のメリットとしては、総量規制がないということも挙げられます。規制がないので、大きい額の融資を受けることもできます。消費者金融などの場合、総量規制の対象になるので、年収の3分の1を超えて融資を受けることができなくなっています。

  • つまり、銀行系なら年収の3分の1を超える融資を受けることもできる。

ということになるので、多額の融資を受けたいという人に向いていますね。おまけに銀行系の限度額は高く設定されていることが多いので、結構大きな額の融資を受けられる可能性があります。

多額の融資を受けられるといっても、「必ずではない」ので、そこには注意しないといけません。さらに、年収の3分の1を超えてくると返済も大変になってくるので、遅延にも注意しなければいけないのです。

このように銀行系には、いいことが複数あり、魅力的かもしれませんが、デメリットもいくつかあるので紹介しておきます。

銀行系のデメリットは?

上記でも少し紹介しましたが、銀行系は総量規制の対象にならないので、年収の3分の1を超えて融資を受けることができます。最近のカードローンは、コンビニからも融資を受けられるので、銀行が開いていなくても24時間いつでも利用することができてしまいます。

  • いつでも利用できる

ということは、メリットになると思うかもしれませんが、いつでも利用できるということでたくさんのお金を借入しすぎてしまう、といったデメリットにつながってしまうこともあるのです。返済方法も便利なものになっていて、「カードローンが借金である」ということを忘れてしまいがち。

利用するのは自由ですが、借金であることを忘れずに、返済が遅延しないようによく計画を立ててから利用するようにしましょう。

カードローンのデメリットとしては、そのほかにも「審査に通りにくい」といったことがよく言われています。

銀行系は多額の融資も受けられるし、低金利でお金を借りることができる、といった割と好条件になっています。好条件でお金を貸すわけですから、その分、審査も厳しく行われるのです。銀行側からすれば、返済してもらわないと困るわけですからね。

「審査が厳しい、通りにくい」といっても、100%融資を受けられないというわけではなくて、安定した収入を毎月得ているのであれば、十分審査に通ることも可能です。

デメリットは、限度額をあえて低く希望したり、収入がないのであれば仕事を見つけたりする、など対策もいくつかあります。対策もありますが、デメリットには注意するようにしましょう。

バンクイックで即日融資

三菱東京ufj銀行の「バンクイック」は銀行系カードローンですが、即日の融資にも対応してくれます。銀行系は審査に時間がかかるとか言われていることもありますが、最近はその日にも対応してくれる銀行系が結構あります。

  • 即日融資に対応してくれる

といっても、「最短で即日」というだけであって、場合によってはその日に融資を受けることができない場合もあるのです。即日融資を受ける場合はここに注意しないといけません。

即日融資受けるには

カードローンによって様々ですが、即日で融資を受けるにはいくつか条件があることもあります。たとえばですが、次のようなことが条件になるのです。

  • 14時までに申し込みする
  • 14時までに契約完了
  • 14時までに書類を提出する

といったようなことが即日で融資を受けるときに必要になることがあります。ここではバンクイックを紹介していますが、公式サイトを見てみると特に条件らしきものは書かれていません。

とくに書かれてしませんが、申し込みをするのであれば早い時間帯に行ったほうが即日融資を受けられる可能性が高いでしょう。インターネットから申し込みすることもでき、いつでも受け付けてくれますが、審査を行ってくれるのは9時から21時まで(平日の場合)となっているので、あまり遅すぎると審査の結果は翌日になってしまうこともあります。

インターネットからの申し込みでも即日融資を受けられる可能性はありますが、バンクイックの場合だと「テレビ窓口」を使うとよりすばやく即日で融資を受けることができます。

テレビ窓口で申し込み

バンクイックでは「テレビ窓口」からの申し込みも受け付けてくれます。テレビ窓口は、ATMコーナーなどに設置されていて、オペレーターと会話をしながら申し込みから契約まで完了させることができます。即日融資を受けるのであれば、この「テレビ窓口」を使った方法が一番すばやく契約まで完了させることができるようです。

状況にもよりますが、審査の結果は最短で40分で知ることができるようになっている。審査が終わって、必要な書類を提出して契約まで完了させるとカードもその場で発行してもらうことができます。

もちろん、すぐにカードを使って現金を手に入れることもできてしまうのです。その場でカードの発行も行ってくれるので、後日自宅に郵送で何か届くということもありません。家族がいるなら、郵便物で融資を受けたということがばれにくいのも良い点ですね。

ちなみにバンクイックでテレビ窓口から申し込みをして、その場でカードを受け取る場合には「運転免許証」が必ず必要になります。

運転免許証は「本人確認書類」で、本人確認書類にはほかにもいくつかあげられますが、運転免許証でないと、カードの発行は後日郵送となってしまうようです。運転免許証を持っていないと、テレビ窓口から申し込みをしてもカードはその日に発行してもらうことはできないので、注意してください。

バンクイックは即日融資可能

三菱東京ufj銀行のカードローン「バンクイック」は即日で融資を受けることもできます。即日でお金を借りるメリットとしては、やはり急いでいる人にうれしいというところです。また、100万円以内の融資を希望なら、「収入証明書」を提出しなくてもいいので、100万以内ならより素早く融資を受けることもできます。

バンクイックや銀行系のカードローンには、次のようなメリットがあげられます。

  • 安心感がある
  • 即日融資もできる
  • 上限金利が比較的低めの設定
  • 総量規制の対象にならない
  • カードの発行も即日

大手の銀行系ということで安心感もあるし、金利も低めになっているので比較的経済的に融資を受けることができます。総量規制の対象にならないので、多額の融資を希望している人にもバンクイックは向いています。テレビ窓口から申し込みをすれば、その場でカードの発行まで行ってくれるので、現金もその日に手に入れることも可能です。

  • 運転免許証がないとカードを即日発行できない
  • 審査に通りにくい
  • 年収の3分の1を超えてくると返済が大変

といったようなデメリットも銀行系カードローンやバンクイックにはあります。メリットは魅力的ですが、デメリットにも注意しないといけません。インターネットを使って即日で融資を受けたい場合は、申し込みを行う時間帯をできるだけ早い時間帯にするようにしましょう。

時間帯によっては翌日以降の融資になってしまうこともあるので注意。銀行系は低金利になっていたり、ATM手数料がかからなかったりと好条件で融資を受けることができますが、その分審査の基準が高くなっていることもあります。(参考ページはこちら→銀行融資は厳しいのが当然?

  • 銀行系で審査に通らない

といったこともよく見かけるかと思いますが、自分の情報(属性)によっぽど悪いところがない限り融資を受けられる可能性は十分に考えられます。

カードローンの利用を考えているのであれば、三菱東京ufj銀行の「バンクイック」のような銀行系ローンの利用をまずは考えてみるとよいでしょう。「自分が融資を受けられる状態なのか」簡単な審査を受けることができるので、最初は「仮審査」を受けて、それに通ることができたら本審査に申し込みをしてみるとよいでしょう。

新着記事
ページトップへ