> > キャッシングの審査がゆるい大手をとことん調査!

キャッシングの審査がゆるい大手をとことん調査!

キャッシングにつきものの審査、すんなり通ればそれに越したことはありませんが、審査に通らないと、誰しも落ち込んでしまいますよね。さらには、一度審査に通らないと、違う金融機関でキャッシングを申し込んだとしても、通りにくいって知っていましたか?(参考ページはこちら→融資審査に落ちた場合のリスク

何度か審査に通らないと、負のスパイラルにはまってしまい、どこで申し込んでも審査に通らないという、悪循環に陥ってしまいます。そんなことにならないためにも、最初に申し込んだ金融機関で、審査に通過するのが理想といえるでしょう。

とは言っても、審査に不安にある人もいることでしょう。そんな人に、「大手だけど審査がゆるい」と、評判の金融機関をとことん調査してみました。

キャッシングとは

キャッシングとは、「金融機関からお金を借りる」ことを総称して、キャッシングと呼んでいます。ただし、このキャッシング、申し込めば誰でも借りられるわけではありません。金融機関が決めた、条件に満たしていないと借りることはできません。

昔は、質草といって、自分が持っている物をあずける代わりにお金を借り、返済できなければ「質流れ」といって、あずけた物を取り上げられるという仕組みでした。最近では、物をあずけるという形はほとんどなくなり、融資を受ける本人の「信用情報」を元にお金を借りる、という形になっています。(参考ページはこちら→借り入れにおける信用情報とは?

キャッシングの審査とは

金融機関側にとって、個人の信用情報を元にお金を貸すわけなので、その人が本当に返済できる人かどうか、というのを見極める必要があります。これがいわゆる「審査」と呼ばれるものですね。

キャッシングの審査ないように関しては、各金融機関で細かく取りきめられていますが、どのような内容で、どの程度条件を満たしていれば、審査に通るかなどは、オープンにされていません。これは、白黒はっきりつけられる項目もあれば、人間の目で観察して決定するような項目もあるため、ひと言では言い表せない、というのが理由のひとつでもあるでしょう。

お金を借りるわけなので、働いており安定した収入のある人、成人している人など、ある程度の条件に満たしていないと、キャッシングの審査に通るのは難しいといえるでしょう。キャッシングの審査に通るための条件をいくつかまとめてみました。

審査項目 条件
年齢 20歳~65歳程度(未成年不可)
収入状況 安定収入のある人(派遣社員・パート・アルバイト可)
勤続年数 なるべく長い人(最低でも1年)
他社からの借入状況 なし、もしくは少ない人
他社への返済状況 きちんと返済できている人
個人の信用情報 問題ない人

このような条件を満たしている人であれば、問題なくキャッシングの審査に通ると思われます。しかし、少しでも条件を満たしていない人は、審査に落ちる可能性がある、ということになります。

細かく言うと、上記以外にも「固定電話を持っている人」「既婚者」「持ち家」など、ないよりあったほうがいいと言われる条件があるのも事実です。最近では携帯電話が主流となっているため、固定電話を持っている人は少なくなったかもしれませんが、やはり固定電話があるというだけで、信頼してもらえるというのはあるかもしれません。

それと同じく、独り者の未婚者より、家族がいる人のほうが信頼してもらえる傾向にあります。家族を養っているということになるので、信頼してもらえるということになるのでしょうね。持ち家も同じ理由でしょう。借家住まいより、持ち家であるほうが信頼感があると同時に、いざとなったら、自宅を担保に入れられる、というのも理由なのかもしれません。

もちろんこれだけではありません。勤務先というのも大きな要素のひとつといえるでしょう。公務員や、大手の一流企業に勤めている人というのは、それだけで信頼度が上がるのは確かです。安定した大企業は、それだけ倒産する確率も低いし、給料も安定しているというのが理由なのでしょう。

審査に通るためには

キャッシングの審査に通るためにはどうすればいいのでしょうか?もちろん、以上のような条件を満たしていれば問題ありませんが、一番大きな要素は、「金融機関の担当者にどれだけ信頼してもらえるか」というのが大事になってくるはずです。

最近では、インターネット完結型といって、店舗に一度も足を運ぶことなく、ネットで申込から契約、融資まですべて可能となっています。これは、一見便利になったように見えますが、金融機関の担当者と一度も顔を合わせることがないので、審査に自信のある人であれば問題ありませんが、少しでも不安のある人にとっては、あまりいい方法とは言えません。

審査に少しでも不安のある人は、窓口まで足を運んで、担当者と顔を突き合わせて、直接話しをすることをおすすめします。ここで大事なのは、「何もかもすべて正直に話す」というのがポイントです。虚偽の報告は論外ですが、見栄を張って、収入を多めに申告したりするのは絶対にやめましょう。

虚偽の報告は、必ず見破られます。個人の信用情報機関が存在する限り、ウソはつけないと心得ておきましょう。勤務先や勤続年数も在籍確認が入ることで必ずばれてしまうため、ウソは絶対にやめましょう。ウソがばれた時点で、審査は終了です。

審査が終了するということは、審査に落ちたということになるので、もちろんキャッシングどころではありませんし、個人の信用情報に「ウソをついた」という情報が新たに登録されることとなります。個人の信用情報というのは、金融機関であればいつでも閲覧できるので、仮に違うところでキャッシングを申し込んだとしても、「ウソつき」という情報が筒抜け、ということになります。

審査に自信がないとしても、金融機関の担当者に「なぜお金が必要なのか」「きちんと返済する」ということを、直接説明して信頼してもらうのが大事だと思っておきましょう。

書類上の審査では通らないはずの人でも、担当者と直接話しをすることで、審査に通過したという話しはよく聞きます。すなわち、担当者も人間なので、顔を突き合わせて直接話しすることで、情がでたのかもしれませんよね。人間だからもちろんあり得ることです。

審査に不安がある人は、インターネットなどで済ませてしまわないで、担当者と直接話しをするべきでしょう。変な話し、相手の心に入り込んで、同情してもらうわけです。もちろん、本音でかつ正直に話すというのが最低限のマナーではありますよ。

大手の金融機関

キャッシングができる大手の金融機関とは、いったいどんなところを指すのでしょうか。キャッシングができる金融機関として、大きく二つに分類できるでしょう。消費者金融と銀行系ですね。ここでは、消費者金融と銀行の特徴と、キャッシングができる大手をご紹介します。

大手の消費者金融

大手の消費者金融といえば、誰もが知っているところだと思っていいでしょう。テレビのCMや、雑誌や新聞の広告などで、一度は見たことのあるところが、いわゆる大手と呼ばれるところです。もちろん、大手というだけではなく、安心してキャッシングができるのはもちろんのこと、対応などが素晴らしいことでも有名です。

消費者金融でのキャッシングは、とにかく融資までのスピードが速いことで有名です。即日融資は当たり前となってきているほか、ある一定内に返済すれば、利息がかからないという「無利息期間」のサービスなどがあったりします。とにかく急いでいる人にとっては救世主となる存在といえるでしょう。

その他、消費者金融は「審査がゆるい」ことでも有名です。銀行に比べて、審査が柔軟で、少々の問題には目をつぶってくれる、なんて口コミがあるくらいなので、審査に不安がある人は、銀行より消費者金融をおすすめしますね。

ただし、消費者金融は貸金業なので、総量規制の対象だということを忘れてはいけません。総量規制とは、「年収の1/3までしか融資してはいけません」という、国が定めた法律のことになります。すなわち、融資額の上限が年収の1/3までと決められているので、それ以上の融資を希望している人は、銀行で申し込むしかないわけです。

さらに、消費者金融は、銀行に比べて利息が若干高めで設定されているというのが、ネックといえるかもしれません。長期に渡って返済を考えている人であれば、少しでも利息の低い銀行でのキャッシングがおすすめといえるでしょう。ただ、無利息期間などをうまく利用できれば、消費者金融のほうがおすすめかもしれません。

以下、キャッシングができる、おすすめの大手消費者金融です。

  • プロミス
  • アコム
  • ノーローン
  • アイフル
  • モビット

大手の銀行

銀行といえば、「敷居が高い」「審査が厳しい」「融資までに時間がかかる」などというイメージを持っているかもしれません。最近の銀行は、消費者金融並みの融資体系を取りつつあるので、これらのイメージは払拭できる、と言いたいところですが、まだまだ完全ではないのが本当のところでしょう。

消費者金融に総量規制という法律が課せられたのが、2010年のことです。この法律を元に、年収の1/3以上融資してもらいたい顧客が、消費者金融から銀行に流れ込んできたわけです。そのため、今までキャッシングに関してあまり知識のなかった銀行が、どうしたかというと・・消費者金融をグループ傘下に取りれたり、はたまた子会社化などして、手っ取り早く消費者金融が持っているノウハウを取得した、と言われています。

消費者金融にくらべると、審査は厳しいかもしれませんし、融資までに時間がかかるのは本当でしょう。ただし、銀行特有のメリットもあります。それは、何といっても「融資額に上限がない」ということがいえるでしょう。銀行は総量規制の対象外なので、「年収の1/3までしか融資できない」という決まりがありません。高額融資を考えている人にとっては銀行がおすすめといえるでしょう。

さらには、利息が低いというのも大きな魅力ではないでしょうか。消費者金融にくらべると、やはり銀行のほうが利息は低いと言えます。長期で返済を考えている人にとっては、ちょっとの利息の差が、返済額として大きく違ってくるため、銀行での借入れがおすすめ、ということになるでしょう。

以下、キャッシングができる、おすすめの大手銀行です。

  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行レイク
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行
  • オリックス銀行

審査のゆるい金融機関

キャッシングができる、大手の金融機関はわかったけれど、その中で審査のゆるいところとは、いったいどこになるのでしょうか。まず、消費者金融は「審査がゆるい」と言えるでしょう。残念ながら銀行系は、一般的に審査が厳しいというのは本当のところです。ただし、銀行の中でもいくつか審査がゆるいといえるところがあります。

まずは、「新生銀行レイク」です。この名前を聞いて「?」と思った人もいるかもしれませんね。レイクとは、元々消費者金融であったレイクのことです。これは、新生銀行が消費者金融のレイクを子会社化したことで、「消費者金融のレイク」から「新生銀行のレイクという商品」に変わったわけです。銀行でありながら、消費者金融のノウハウをそのまま引き継いでいるため、「審査はゆるいけど、銀行でのキャッシングが可能」ということになったわけです。

もうひとつの考え方として、「銀行のキャッシングといえども、審査は消費者金融がおこなっている」という場合です。銀行でのキャッシングの審査は、保証会社がおこなう場合がほとんどだといっていいでしょう。消費者金融が、銀行の保証会社として審査をおこなっているなんて意外と知らなかったと思いますが、実際にはあるんですね。以下のようになっています。

銀行名 保証会社
三井住友銀行 プロミス
三菱東京UFJ銀行 アコム
じぶん銀行 アコム
セブン銀行 アコム
ジャパンネット銀行 プロミス

すなわち、この保証会社というものを考えてみると、銀行でありながら、「審査の基準は消費者金融」ということになるわけです。銀行ならではの「利息の低さ」「総量規制の対象外」という条件を満たしながら、審査が消費者金融並みのゆるさ、ということになります。

審査がゆるい金融機関の特徴

消費者金融・銀行の中でも、特に審査がゆるいであろう金融機関はわかったと思いますが、それぞれの特徴をまとめてみたいと思います。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット
  • ノーローン
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • ジャパンネット銀行

プロミス

項目 条件
最大融資額 500万円
即日融資 可能(最短即日)
利息 4.5%~17.8%
無利息期間 あり(最大30日)

アコム

項目 条件
最大融資額 500万円
即日融資 可能(最短即日)
利息 4.7%~18.0%
無利息期間 あり(最大30日)

アイフル

項目 条件
最大融資額 500万円
即日融資 可能(最短即日)
利息 4.5%~18.0%
無利息期間 なし

モビット

項目 条件
最大融資額 800万円
即日融資 可能(最短即日)※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
利息 3.0%~18.0%
無利息期間 なし

ノーローン

項目 条件
最大融資額 300万円
即日融資 可能(最短即日)
利息 4.9%~18.0%
無利息期間 あり(何度でも1週間)

三井住友銀行

項目 条件
最大融資額 800万円
即日融資 可能(住友銀行に口座がある人)
利息 4.0%~14.0%
無利息期間 なし

三菱東京UFJ銀行

項目 条件
最大融資額 500万円
即日融資 可能(テレビ窓口利用の場合)
利息 4.6%~14.6%
無利息期間 なし

じぶん銀行

項目 条件
最大融資額 500万円
即日融資 可能(最短即日)
利息 3.9%~17.0%
無利息期間 なし

セブン銀行

項目 条件
最大融資額 10万円・30万円・50万円
即日融資 可能(セブン銀行の口座のある人)
利息 15.0%
無利息期間 なし

ジャパンネット銀行

項目 条件
最大融資額 1,000万円
即日融資 可能(ジャパンネットの口座がある人)
利息 2.5%~18.0%
無利息期間 なし

まとめ

消費者金融大手は、たいていのところで審査がゆるい傾向にあります。これは、貸金業という「お金を貸す」ということがメインなため、顧客が手軽に借りられるという視点から、審査がゆるい傾向にあるように思います。実際、銀行でのキャッシングはダメだったけれど、消費者金融では問題なく審査に通った、という声はよく聞きます。

だからといって、「大手銀行でのキャッシング審査は厳しい!」と、思い込んではいけません。確かに、大手の、特に銀行であれば「審査が厳しい」というイメージがありますが、「審査をしているのは誰なのか」で考えると、意外な盲点が見つかったりするものです。

銀行でのメリットはうまく利用したい、でも審査はゆるいほうがいい、と考えているあなた!元は消費者金融であった「新生銀行レイク」や、銀行だけど、審査は消費者金融が保証会社としておこなっている、ところなどを考えてみてはいかがでしょうか。(参考ページはこちら→銀行と消費者金融の関係って?

大手だからといって、臆することはありません。大手でも審査にゆるい金融機関はたくさんあります。審査のゆるい大手を探し、上手に利用することで、いくつものお得感を感じることができるでしょう。(参考ページはこちら→緩い借り入れ先なら確実に通る?

新着記事
ページトップへ