> > ちょっと待って!同時に複数のキャッシングの申込は要注意!?

ちょっと待って!同時に複数のキャッシングの申込は要注意!?

キャッシングしようと考えたとしても、誰もが無条件で借りられるわけではありませんよね。キャッシングするには、まず審査というものに通過しないといけません。もし審査に通ることができず、キャッシングできなかったら困ってしまいますよね。(参考ページはこちら→審査に通る為に必要な事

ひとつの金融機関でキャッシングを申し込み、審査に通らないと困るので、同時に複数のキャッシングを申し込んだら、どれかひとつくらいは審査に通るだろう!と、考える人は少なくありません。数打ちゃ当たる方式ですね。なるほど!と、思う人もいるかもしれませんが、同時に複数のキャッシングを申し込む、という行為に何か問題はないのでしょうか。(参考ページはこちら→複数同時の融資申し込みにはどんな問題が?

キャッシングの基本的な考え

お金に困ったとき、キャッシングがあると、とても助かりますよね。ただ、お金に困ったからといって、誰でも無条件に貸してくれるわけではありません。

昔は、質草といって、物を担保にしてお金を借りていたのが習わしで、お金を返さない人は、担保が取り上げられてしまうというルールでした。いわゆる「質流れ」のことですね。しかし、最近は、物を担保にするという形はなくなり、個人の信用を元にお金を貸すというのが一般的となってきています。

個人の信用情報」とは、いったいどんなことなのでしょうか。判断の基準は、金融機関によっても異なりますが、ほとんどのところで、「返済できる能力のある人」ということになるでしょう。「返済できる能力のある人」というのは、簡単に言うと「働いていて安定した収入のある人」のことですね。

もちろん、これだけではありません。さまざまな信用となる情報を元に判断し、お金を貸し出すということになります。このような個人の信用情報を調べるのが、「審査」と呼ばれるものになります。

キャッシングの審査項目

キャッシングを申し込んだときの審査とは?いったいどんな項目で、どのような条件を満たしていれば、問題なく審査にクリアするのでしょうか。一般的なキャッシングの審査項目と条件をまとめてみました。

審査内容 条件
年齢 20歳~65歳(場合によっては70歳)
収入 安定収入のある人
仕事 会社員・公務員・パート・アルバイト・派遣社員など
他社の借入状況 金額・件数ともに少ないほうが有利
返済状況 きちんと返済できている人
個人の信用情報 金融事故を起こしていない人

金融機関によっても若干違ってきますが、ほぼ以上のような内容を審査項目としているはずです。このような審査の条件をクリアしていれば、まず審査に落ちることはないと思っていいでしょう。

同時に複数申込むことどうなるか

審査に通るかどうかわからない、でもキャッシングできないと困る・・というような考えは、お金に困った人ならば、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。ひとつの金融機関にだけ申し込んで、審査に通らないとマズイので、一度にたくさん申し込んじゃえ!という考えは、一見賢いようにも思えますが、実は逆だったということをご存じでしたか?

先に述べた、審査の条件をクリアしているとして、ひとつの金融機関にだけ申し込んだ場合と、複数同時に申し込んだ場合では、どのような違いがでてくのでしょうか。

まず、ひとつの金融機関だけに申し込んだ場合ですが、以上の条件をクリアしていたならば、この場合は、間違いなく審査に通ると思っていいでしょう。問題なくキャッシングができる、ということになります。

では、ひとつの金融機関ではなく、複数の金融機関に同時に申し込んだとしましょう。審査にクリアしているのだから、どの金融機関でも問題なくキャッシングできる・・・と、思いがちですが、ちょっと待ってください!どんなに審査条件をクリアしていたとしても、あまりにもたくさんの金融機関に同時に申し込むと、審査に落ちる場合があります。

複数同時に申し込むとどうなる

キャッシングの審査にはクリアするはずなのに、同時に複数の金融機関に申し込むとなぜダメなのか考えてみましょう。

キャッシングを申し込んだとき、必ず審査というものがありますよね。この審査、個人の信用情報機関への情報登録がリアルタイムにおこなわれているのが実情です。個人の信用情報機関というのは、個人の金融に関する情報のことで、例えば「クレジットカードを新たに作った」ことや、カードの使用状況、支払い状況、延滞状況など、細かく登録されていく機関のことになります。

もちろん、キャッシングを利用してお金を借りることも、もちろん事細かく登録されていくことになります。キャッシングの場合は、申し込みがあった時点で、その人の信用情報機関に登録される仕組みです。申し込み情報だけではなく、キャッシングの返済状況・延滞情報・融資の限度額など、ありとあらゆる情報が登録されていると思ってください。

金融機関は、リアルタイムで信用情報機関に登録するだけではなく、他の金融機関が登録した内容もチェックすることができます。むしろ、キャッシングの申し込みがあった人の登録情報を確認するのは、必ず行うと思っておいたほうがいいでしょう。

例えば、金融機関が個人の信用情報機関をチェックしたとします。自分のところだけではなく、複数の金融機関にキャッシングの申し込みをしていることが判明するわけですよね。金融機関はどう思うでしょうか?「多重債務者じゃないか」「借金返済に困っている人では」と、疑ってしまうのも仕方ありませんよね。

このように思われてしまったら、金融機関はどう判断するでしょうか。答えは審査を通さない、すなわち「審査落ち」という判断をくだす可能性が高いでしょう。1社でも審査に通らなかったら、ここからは負のスパイラルへ突入です。1社でも落ちてしまったら、次以降の金融機関で審査に通ることは、まずないと考えてください。

すなわち、あまりにも複数の金融機関に同時に申し込んでしまうと、その行動が金融機関にはすべてお見通しということになり、本来1社だけなら審査に通っていたような人ですら、審査に通らなくなってしまうという結果になりかねません。

個人の信用情報機関とは

金融機関が必ずチェックする、個人の信用情報機関とはいったいどんな機関のことなのでしょうか。現在、金融情報に関する、個人の情報を登録する機関は、以下の3つがあります。

機関名 加盟金融機関
JICC
株式会社日本信用情報機構
消費者金融・クレジット会社・リース会社・保証会社など
CIC
貸金業法指定信用情報機関
消費者金融・クレジット会社・リース会社・信販会社など
JBA
全国銀行協会
銀行・信用金庫・信用組合・農協・労金など

3つの信用情報機関には、それぞれ金融機関が加盟しており、加盟していればいつでも個人の情報を開示することができる、ということになります。ただし、この3つの機関ですが、最近では枠を超えて、加盟しているようになっているので、注意が必要です。

例えば、安易に「消費者金融の情報が銀行に発覚することはない」という考えを持ってはいけません。なぜかというと、最近では銀行系の金融機関なども、CICやJICCに加盟していることが挙げられます。金融機関の種別が違っても、個人の情報は共有されていると思っておきましょう。

自分の信用情報について

これらの機関に自分の情報がどのように登録されているのか、気になる人もいることでしょう。特に、キャッシングの申し込みを何度もしてしまった人、何度か返済が遅れた人など、どのように登録されているのか知りたくはありませんか?

各機関に登録されている、自分の信用情報ですが、実は開示請求することで、確認することが可能です。ただし、誰でも開示請求できるわけではなく、自分自身の登録情報であれば、可能ということになります。開示請求は、以下のような方法で簡単にできるので、少しでも不安な場合は、一度自分自身で自分の信用情報を確認することをおすすめします。

JICC

JICCは、株式会社日本信用情報機構のことで、いくつかの方法で開示請求をおこなうことが可能です。いちばん早いのはインターネットでの開示請求ですが、近くにJICCの窓口がある人は、直接足を運んで依頼することも可能です。開示請求にかかる費用は、窓口で直接申し込むのが一番安くて済みます。

項目 条件
開示方法 携帯電話・スマホ
利用時間 24時間365日
利用料金 1,000円(クレジットカード払い)
用意するもの クレジット契約時の電話番号
項目 条件
開示方法 郵送
利用時間 申込より10日前後で開示報告書が到着
利用料金 定額小為替証書(1,000円)
用意するもの 開示申込書・本人確認書類
項目 条件
開示方法 JICCの窓口
利用時間 月~金10:00~12:00・13:00~16:00
利用料金 現金500円
用意するもの 本人確認書類

CIC

CICは、貸金業法指定信用情報機関のことで、いくつかの方法で開示請求をおこなうことが可能です。いちばん早いのはインターネットでの開示請求ですが、近くにCICの窓口がある人は、直接足を運んで依頼することも可能です。開示請求にかかる費用は、窓口で直接申し込むのが一番安くて済みます。

項目 条件
開示方法 インターネット
利用時間 毎日8:00~21:00
利用料金 1,000円(クレジットカード払い)
用意するもの クレジット契約時の電話番号
項目 条件
開示方法 郵送
利用時間 申込より10日前後で開示報告書が到着
利用料金 定額小為替証書(1,000円)
用意するもの 開示申込書・本人確認書類
項目 条件
開示方法 CICの窓口
利用時間 平日10:00~12:00・13:00~16:00
利用料金 現金500円
用意するもの 本人確認書類

JBA

JBAとは、全国銀行個人信用情報センターのことで、この機関への情報開示は、郵送のみの受付となっています。インターネットや、直接窓口での開示請求はできませんので注意してください。

項目 条件
開示方法 郵送のみ
利用時間 1週間前後で開示報告書が到着
利用料金 定額小為替証書(1,000円)
用意するもの 開示申込書・本人確認書類

個人の登録内容を確認したら

以上のように、自分自身の登録内容を確認して、問題なければそれで構いませんが、仮にあまりよろしくない内容だった場合、どうすればいいのでしょうか。登録内容があまり良くないのに、キャッシングがしたいあまり、何も考えずに申し込んでしまうのは、おすすめできません。

申し込んだとしても、審査に通る確率はかなり低いと思ってください。審査に通らず、キャッシングできないばかりか、さらに「審査に落ちた」という情報が新たに登録されることとなります。すなわち、自分にとって良くない情報が、どんどん追加されてしまうため、さらにキャッシングが遠のく、ということになってしまいます。

登録内容はいつまで有効なの

個人の信用情報として登録された内容ですが、一度登録されてしまったら、永遠に削除されることはないのでしょうか。そこは安心してください。永遠に登録されているわけではなく、ある一定の期間が過ぎれば、削除される仕組みとなっています。

削除される期間は、登録されている内容によって違ってきます。今回は、CICで登録されている内容の期間を以下にまとめてみましたので、参考にしてください。

情報の種類 情報の項目 保有期間
申込情報 氏名・生年月日・電話番号・商品名・
契約融資額・支払回数など
照会日より6ヶ月間
貸金業協会
依頼情報
氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・
勤務先・登録日・依頼内容の種類など
登録日より5年間
クレジット情報 氏名・生年月日・電話番号・住所・
勤務先・公的資料番号・契約日・契約の種類・
支払日・登録会社名・残債額・請求額・
入金額・延滞の有無・遅延の有無など
取引終了後5年間
利用記録 氏名・生年月日・電話番号・利用日・
利用目的・利用会社など
利用日より6ヶ月間

このように、約5年程度経てば、登録された内容がクリアされることが、わかると思います。キャッシングの審査に通るためには、この登録された情報がきれいであることが条件だといえるわけです。5年も待てないという人もいるかもしれません。しかし、何度申し込んでも審査に通る可能性は低いわけなので、ここはぐっと我慢して、クリアされるまで待つしかありませんよ。

5年間待ったとしても、本当に登録情報が抹消されているのか、再度開示請求をおこなって確認したほうがいいと思います。あとちょっとで削除されるところだったのに、慌てて申し込んで審査落ちしてしまったのでは、待った甲斐がありませんよね。キャッシングに申し込むときには、念には念を入れておく、ということを忘れないようにしてください。

審査に通過するためには

複数同時に申し込むのは良くないというのは理解できたけど、1社だけ申し込んで、審査に落ちてしまったらどうしよう?と、考えている人はたくさんいるでしょう。そんなあなたへのアドバイスは、一度にたくさん申し込むという考えは捨てて、「審査が柔軟」な金融機関を選んで申し込むことをおすすめします。

世の中には、キャッシングができる金融機関はたくさんあります。そんな中でも「審査が柔軟」「審査に通りやすい」などで知られているところもあるわけです。どうしても審査に不安がある人は、このような審査が比較的緩いところに狙いを定めて、キャッシングを申し込むようにしましょう。

まず、キャッシングといえば、消費者金融と銀行が思い浮かぶ人も多いと思います。この二つで考えてみましょう。審査が柔軟で通りやすいのは、ズバリ!消費者金融です。銀行も最近は、かなり審査に柔軟になってきていると言われてはいますが、やはり消費者金融にはかないません。(参考ページはこちら→今でも銀行から借りられる人は少ない?

ただし、消費者金融は、総量規制の対象となっているため、融資の上限は「年収の1/3」までです。希望融資が年収の1/3以内であるのなら、ぜひ消費者金融をおすすめします。それぞれの特徴は以下の通りです。

  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • アイフル
  • ノーローン
  • 新生銀行レイク

プロミス

三井住友銀行グループのプロミスは、審査に柔軟だけでなく、無利息期間があることが大きな魅力のひとつとなっています。

特徴・項目 条件
融資時間 最短即日融資
融資の上限 最大500万円(年収の1/3まで)
金利 4.8%~18.0%
無利息期間 あり(30日間)

アコム

三菱UFJフィナンシャルグループであるアコムも、無利息期間30日というサービスを展開しています。

特徴・項目 条件
融資時間 最短即日融資
融資の上限 最大500万円(年収の1/3まで)
金利 4.7%~18.0%
無利息期間 あり(30日間)

モビット

三井住友銀行グループであるモビットは、無利息期間こそありませんが、親切丁寧な対応で有名です。

特徴・項目 条件
融資時間 最短即日融資※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
融資の上限 最大800万円(年収の1/3まで)
金利 3.0%~18.0%
無利息期間 なし

アイフル

アイフルは審査が柔軟で有名ですが、無利息期間などのサービスはありません。審査に不安な人はネットからの1秒診断で試してみるのがおすすめですよ。

特徴・項目 条件
融資時間 最短即日融資
融資の上限 最大500万円(年収の1/3まで)
金利 4.5%~18.0%
無利息期間 なし

ノーローン

新生銀行グループのノーローンは、審査に柔軟なだけではなく、何度でも1週間無利息期間などのサービスが充実しています。

特徴・項目 条件
融資時間 最短即日融資
融資の上限 最大300万円(年収の1/3まで)
金利 4.9%~18.0%
無利息期間 あり(何度でも1週間)

新生銀行レイク

唯一、消費者金融ではなく銀行になりますが、元々はレイクという消費者金融を、新生銀行が子会社化したことで、新生銀行の中の「レイク」という商品になりました。

ノーローン

新生銀行グループのノーローンは、審査に柔軟なだけではなく、何度でも1週間無利息期間などのサービスが充実しています。

特徴・項目 条件
融資時間 最短即日融資
融資の上限 最大500万円(制限なし)
金利 4.5%~18.0%
無利息期間 あり(5万円まで180日・それ以上30日)

最後に

いかがでしたでしょうか。審査に不安だからといって、複数同時に申し込むことだけは絶対にやめましょう。審査の緩い金融機関はたくさんあるので、その中から自分に合ったところを選択し、1社だけ申し込むようにしましょう。複数同時に申し込むより、審査に通る可能性はかなり高いと思ってください。

新着記事
ページトップへ