> > 銀行系キャッシング、実は審査の通りやすさに基準があります

銀行系キャッシング、実は審査の通りやすさに基準があります

銀行でのキャッシングと聞くと、何だか敷居が高く、審査が厳しいというイメージがある人も多いことでしょう。ひと昔前までは、その通りで、「審査は厳しい」「融資までに時間がかる」というのは、確かだったといえます。(参考ページはこちら→実際の銀行審査について

しかし、そんな銀行系のキャッシングですが、コツさえしっかり理解すれば、問題なく審査には通ります。ここでは、銀行系のキャッシングの審査に焦点をあててみました。審査の通りやすさには、実は基準があります。この基準さえクリアしていれば、問題なく審査に通るといえるでしょう。(参考ページはこちら→審査に通る基準をしっかりと把握

銀行系キャッシングとは

「キャッシング」というと、消費者金融というイメージを持っている人が多いでしょうが、実は銀行でもキャッシングに力を入れてきており、借りやすくなってきているのは事実です。

この理由として、2010年に貸金業である消費者金融に課せられた、総量規制が理由といえるでしょう。この総量規制は、融資の限度額を「年収の1/3まで」と決められた法律のことになります。これにより、消費者金融は、年収の1/3までしか融資できなくなったわけです。

すなわち、年収の1/3以上の融資をしたい人は、消費者金融を利用できなくなったため、銀行系のキャッシングを利用するようになったんですね。銀行側としても、これは大きなチャンスとばかりに、消費者金融で借入れできなくなった顧客を取り込もうと躍起になっているのは、間違いないでしょう。

ただし、銀行系は、今まで「キャッシング」にはあまり力を入れていなかったため、消費者金融のノウハウを意識し、取り入れるようになったように思います。銀行系の動きとして、多くみられるのは、消費者金融を銀行系グループに取り入れるところが増えてきました。グループの傘下に入れるだけではなく、子会社化したところもあり、消費者金融の力を借りて、キャッシングを提供しているように思います。

そのため、以前は「審査が厳しい」「融資までに時間がかかる」などのデメリットがあった銀行系ですが、最近では、「審査に柔軟」「融資まで短時間」という風に、様変わりしてきました。このように、銀行系キャッシングはかなりお手軽になってきたため、利用する人が増えてきています。

銀行系キャッシングのメリット

従来にくらべて、お手軽になってきたとはいえ、やはり敷居が高いイメージのする銀行系でキャッシングをするメリットなんてあるのでしょうか。実はたくさんあります。銀行系の審査に通る人であれば、ぜひ銀行系でのキャッシングをおすすめしたいくらいです。銀行系キャッシングのメリットとして、大きく3つ挙げられます。

  • 金利が低い
  • 融資額に上限がない
  • 専業主婦でも借入れ可能

金利が低い

メリットとして、まず挙げられるのは、何といっても金利が低いことでしょう。消費者金融にくらべると銀行での金利が低いのは間違いありません。特に、長期間に渡って返済していく予定の人、高額融資を考えている人にとっては、少しでも金利が低いに越したことはありませんよね。金利は、ちょっとの差で、トータルの返済額が大きく違ってくるものなので、少しでも低いところを選ぶのが得策といえるでしょう。

金利の低い銀行系のキャッシング一覧です。

銀行名 金利
住信SBIネット銀行 1.99%~7.99%
イオン銀行 3.8%~13.8%
オリックス銀行 3.0%~17.8%
りそな銀行 3.5%~12.475%
みずほ銀行 4.0%~14.0%
三菱東京UFJ銀行 4.6%~14.6%
楽天銀行 4.9%~14.5%

消費者金融の平均金利が、4.0%~18.0%なので、銀行系での金利が低いということが、おわかりいただけたかと思います。銀行系の中では、住信SBIネット銀行がダントツで低いということになります。

融資額に上限がない

融資額に上限がないというのも、銀行系キャッシングの大きなメリットのひとつといえるでしょう。先にも述べたように、消費者金融では融資の限度額が法律で決まっています。総量規制という法律で「年収の1/3が上限」なため、これ以上の借入はできません。

銀行系は、総量規制の対象外なので、融資額に上限はありません。年収の1/3以上の融資が可能ということになります。さらに、銀行系は消費者金融にくらべて、元々の限度額が高く設定されているところがほとんどなので、高額融資を希望している人にとって、銀行系のキャッシングはありがたい存在だといえるでしょう。

専業主婦でも借入れ可能

配偶者に安定した収入のある専業主婦の人であれば、銀行系のキャッシングが可能です。融資額は50万円程度と少額ですが、本人に収入がないのに借入れできるのは、銀行系だけです。消費者金融は、総量規制の対象なので、本人に収入がなければ借入れはできません。そのため、専業主婦の人が借入れをおこなう場合は、銀行系のみということになります。

キャッシングの審査

銀行系でキャッシングをおこなう際の審査ですが、細かい内容に関しては、公開されていません。しかし、多少の違いはあれど、審査内容に関しては、ほとんど同じようなところをチェックしていると思っていいでしょう。

年齢や安定した収入があるなどに加え、銀行がとても気にするのは、他社からの借入状況です。他社からの借入状況というのは、銀行のキャッシングを申し込んだ時点で、他の金融機関から借金があるかどうか、ということです。あまりにも多額の借金を抱えている人、多数の金融機関から借入れをおこなっている人に関しては、キャッシングの審査に通らない可能性があると思ってください。

そしてもうひとつ。個人の属性が極端に悪い人です。個人の属性とは、指定信用情報機関などに登録されている、個人の金融に関する情報のことになります。この情報機関には、クレジットカードを作成した、からはじまり、キャッシングに関する事細かな情報が登録されているところだと思ってください。

キャッシングの審査では、この情報機関に記載されている内容を必ずチェックすると思っておきましょう。しかも、銀行系だけではなく、消費者金融、信販系、すべての金融機関が加盟しているため、銀行だから消費者金融の情報は知られないだろう・・なんて考えを持ってはいけません。すべて筒抜けだと思っておきましょう。

この個人の情報機関に登録されている内容が、あまりにもひどい場合も審査には通りにくいでしょう。例えば、あちこちの金融機関から借入れて、まったく返済していないなど、貸す側からして躊躇するような内容が記載されていれば、間違いなく審査には通らないでしょうね。

審査に通る人と通らない人

では、銀行系キャッシングを申し込んだとき、審査に通る人と通らない人とのボーダーラインはいったいどんなことなのでしょうか。ここでは、審査に通る人と通らない人にわけて、表にまとめてみました。

条件 審査に通る人 審査に通らない人
年齢 20歳~65歳(場合によっては67歳~70歳) 未成年・66歳以上
収入 安定した収入がある人 無職・収入が不安定な人(例外あり)
継続年数 長ければ長いほど可 1年未満(例外あり)
他社からの借入れ状況 なし、もしくは少ない 高額、または多数から借入れ
返済状況 きちんと返済 返済していない
信用情報機関の登録内容 限りなくキレイな人 ブラック登録な人
申し込み時の申請 正しく申請した人 虚偽の申請をした人

ただし、細かい審査内容は、各金融機関によって違ってきますので、この区分けが絶対ではないことご理解ください。しかし、上記の「審査に通る人・通らない人」に当てはまる人であれば、ほぼ間違いないと思っていいでしょう。このような項目は必ずといっていいほど、チェックされていると思ってください。

通りやすい銀行系キャッシング

銀行系でキャッシングをとしようと考えたとき、審査に通りやすいところはあるのでしょうか。世の中の口コミではありますが、「審査に通りやすい」と評判の銀行は、確かに存在します。同じ銀行でありながら、審査に通りやすいところと、厳しいところがあるのはなぜでしょうか。

各金融機関が提示している、最低条件というのはありますが、意外なポイントとして、審査をしている保証会社に注目すべきでしょう。通常、銀行でのキャッシングは、銀行そのものが実施するのではなく、提携している保証会社に審査を任せていることがほとんどです。

「銀行にくらべて消費者金融は審査に通りやすい」というのは、誰しも聞いたことがあるでしょう。確かに消費者金融のほうが通りやすいというのは事実といえます。しかし、意外と知られていませんが、銀行が消費者金融に、審査を任せている場合がある、ということをご存じでしたか。

この保証会社が、消費者金融である場合、審査に通りやすいといえるでしょう。元々消費者金融は、キャッシングに対してお手軽で、審査も通りやすいで有名です。その消費者金融の目線で審査をしているわけなので、審査に通りやすいということになります。

ここでは、審査に通りやすい銀行と、各銀行と提携している保証会社についてまとめてみました。銀行であるにも関わらず、消費者金融に審査を任せているところは、審査に通りやすいといえるでしょう。

  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • じぶん銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行レイク

みずほ銀行

条件 審査の基準
年齢 20歳~66歳未満
融資額の上限 1,000万円
商品名 みずほ銀行カードローン
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション

三菱東京UFJ銀行

条件 審査の基準
年齢 20歳~65歳未満
融資額の上限 500万円
商品名 バンクイック
保証会社 アコム株式会社

じぶん銀行

条件 審査の基準
年齢 20歳~70歳未満
融資額の上限 500万円
商品名 じぶんローン
保証会社 アコム株式会社

イオン銀行

条件 審査の基準
年齢 20歳~65歳未満
融資額の上限 800万円
商品名 カードローンBIG
保証会社 イオンクレジットサービス株式会社
オリックス・クレジット株式会社

三井住友銀行

条件 審査の基準
年齢 20歳~70歳未満
商品名 三井住友銀行カードローン
融資額の上限 800万円
保証会社 SMBCコンシューマファイナンス(プロミス)

新生銀行レイク

条件 審査の基準
年齢 20歳~70歳未満
商品名 新生銀行カードローンレイク
融資額の上限 500万円
保証会社 新生フィナンシャル株式会社

このように、各銀行で審査を任せている保証会社が、それぞれだということがおわかりいただけたと思います。この一覧を見ていただくとわかると思いますが、消費者金融を保証会社として審査をしている銀行が、消費者金融目線で審査をしている、ということになるので、審査に通りやすいといえるでしょう。

審査に通るために

銀行でのキャッシングは、ある程度の基準があり、審査に通りやすい人・通りにくい人というのが存在するのは確かです。ただし、いくら審査基準の条件をクリアしていても、審査に落ちる人というのも中にはいます。逆もしかりで、条件をクリアしていなくても、審査に通る人がいるのも確かです。

申込時のちょっとしたことで、審査結果が大きく変わってくるので、ここでは申し込み時に気を付けなければいけない注意点をまとめてみました。

  • 申込書類は間違い厳禁
  • 複数同時に申し込まない
  • 心証を良くする
  • 必要書類は準備しておく

申込書類は間違い厳禁

銀行のカードローンを申し込む場合、最近はインターネットから申し込むという方法が主流となっています。特に、インターネット専用銀行は、店舗がないわけなので、ネットから申し込むしかありません。

ここで気を付けてもらいたいのは、申し込み画面に入力する際、「記入ミス」がないようにする、ということです。手書きの場合と違って、パソコンから入力するため、ちょっとしたミスというのはよくあります。このちょっとしたミスが原因で、審査に通らない場合があります。

入力した本人にしてみれば、簡単にわかるような間違いでも、受け取った金融機関にしてみれば、「ちょっとしたミス」なのかどうかというのはわかりません。記入してあることを元に審査をするので、審査落ちということになってしまうわけです。

もちろん、電話やメールで確認してくれる金融機関もあるでしょうが、申し込み画面の内容を元に、審査するというのがほとんどだと思っていいでしょう。

本来であれば、審査基準の条件にクリアしているのに、記入ミスをしてしまったがために審査に通らないという事例はけっこうあります。審査に落ちた場合、その明確な理由は教えてもらえないため、本人もなぜ落ちたかわからないわけですよね。

ちょっとした記入ミスという、くだらない理由で、審査落ちするのだけは絶対にないようにしましょう。パソコンから申し込み画面に入力する際は、慎重に入力するのは当たり前のことで、送信する前に今一度きちんと確認してから申し込むようにしてください。

複数同時に申し込まない

もし審査に落ちてしまったら・・・と、考えて、同時に複数の金融機関にキャッシングを申し込む人がいるようですが、これはやめておきましょう。数打ちゃ当たるという考えで、ついあちこちの金融機関に申し込んでしまいがちですが、金融機関は、借入れの申し込みがあった時点で、すぐに信用情報機関へ登録されると考えてください。

すなわち、個人の信用情報機関への登録は、リアルタイムで行われている、ということですね。複数同時に申し込むと、リアルタイムで次々と申し込んだという情報が登録されていくので、心証が悪くなってしまいます。

何も考えずに次々と申し込むのではなく、まずは、自分の条件を今一度見直して、審査に通るであろう金融機関をチョイスするのが、賢い方法だといえるでしょう。

心証を良くする

心証を良くする、というのは、店舗の窓口で申し込む場合など、とても大事になってきます。窓口で申し込む場合は、金融機関の担当者と直接面と向かって、顔を突き合わせて話しをするわけです。人間なので、やはり見た目や話し方などが、大事な要素となってきます。

見た目ですが、ボロボロの汚い恰好をしている人や、逆にブランド物で着飾った人などは、敬遠される傾向にあります。ボロボロの汚い恰好は、それだけで「お金に困っているのかな」と思われてしまいがちですし、ブランド物で着飾った人は「お金を湯水のように使う人なのかな」と思われてしまいます。TPOに合わせて、清潔な恰好をしていくように心がけてください。

話し方も大事です。上から目線で偉そうに話してくる人は、それだけで相手が不快になりますよね。金融機関の担当者も人間なので、あまりに偉そうにされると、良い気分はしないはずです。低姿勢とまでは言いませんが、ある程度常識を持った話し方をするのが大事でしょう。

その他、オドオドしすぎている人も「何か悪いことをしているのかな?」と、疑われても仕方ありません。借入れの申し込みは何も悪いことではないので、落ち着いてきちんと相手の目を見て話しするようにしてください。目も合わせない、何言っているのかわからない、では、担当者も困ってしまいますよね。

他人と話しするのが緊張する人は、事前にメモか何かにきちんとまとめていくことをおすすめします。メモを読みながら説明すれば、担当者に誠意は伝わるはずですよ。

必要書類は準備しておく

キャッシングを申し込むときには、必要最低限の提出書類を準備しておきましょう。、身分を証明するためのもの(免許証・パスポート・健康保険証)などは、必ず必要となります。金融機関側に提示を求められたら、すぐに提出できるようにしておきましょう。

さらには、融資額によって収入証明書が必要な場合があります。たいていは前年度の年収が記載された、年末調整の書類であったり、直近2ヶ月の給与明細書が必要な場合もあります。自分が申し込む金融機関で、どのよう書類が必要なのか確認した上で、事前に準備しておきましょう。

特に、即日融資など、急いでキャッシングしたい場合は、事前に準備してあるかどうかで、融資までの時間が変わってきます。急いでいる人は、すべて金融機関に丸投げするのではなく、時間短縮のために、自分ができることは手伝うようにしましょう。

まとめ

銀行系のキャッシングは、敷居が高いと思われがちですが、実際はそうでもないことがおわかりいただけたでしょうか。一口に銀行と言っても、消費者金融と組んでいるところが多いため、審査も消費者金融並みの基準ということになるわけです。

このように、消費者金融が審査をしている銀行を選択することで、銀行でありながら、審査の基準が比較的緩めといったことになるわけです。銀行の審査基準を気にするのであれば、審査をしている保証会社というものを確認してみることをおすすめします。

【参考ページ】
銀行キャッシングの今と昔

新着記事
ページトップへ