> > キャッシングは恐い?安全なキャッシングはあるのか!

キャッシングは恐い?安全なキャッシングはあるのか!

キャッシングに対して恐いイメージを持っている人は、少なからずいることでしょう。お金を借りたら、恐いお兄さんが、家や会社にまで取り立てにくるのでは?なんて想像をしている人もいるかもしれませんね。

では、実際に最近のキャッシングはどうなのでしょうか。最近は、うまく利用すれば、恐いなんてことはまったくなく、それどころか私たちの強い味方になってくれるのが、キャッシングだといえるでしょう。ここでは、安全で便利なキャッシングについてご紹介します。

キャッシングってなに

巷でよく聞く「キャッシング」という言葉。そもそもキャッシングとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

キャッシングというのは、簡単にいうと「金融機関からお金を借りる」という行為のことになります。キャッシングのできる金融機関は、世の中にたくさんありますが、どの金融機関も無償で貸してくれるわけではありません。(参考ページはこちら→金融業者にはどんなところがあるの?

お金を借りると、利息というものが発生します。すなわち、「お金を貸す」という行為に対しての「貸し賃」みたいなものが、利息に当たります。金融機関は、この利息を得ることで、商売が成り立っていると思っていいでしょう。

そして当たり前のことですが、誰でも借りられるわけではありません。貸す側、すなわち金融機関が「貸してもいい」と、判断した人にのみお金を融資します。その判断が、「審査」といわれるものになります。審査内容は、金融機関によってさまざまですが、まずはこの審査に通らないと、お金を借り入れることはできません。

安全なキャッシングとは

どうしてもお金が必要になり、キャッシングを考えたのはいいけれど、「キャッシングが恐い」と考えている人にとって、安全なキャッシングを知りたいと思うのは当然でしょう。安全なキャッシングはどう見分ければいいのか、ここでまとめてみたいと思います。

残念ながら、世の中に「怪しい業者は絶対にない」とは、言い切れません。中には、法律を無視したような、違法な利息で貸し付けをおこなっている業者があるのは確かです。違法な業者か、安全な業者か、きちんと見極めて、自分自身で安全な業者を選択するようにしましょう。

安全なキャッシングができる、金融機関の見分け方には、いくつかありますが、以下のようなものだと思っていいでしょう。

  • テレビCMや広告をよく見かける
  • 店舗がたくさんある
  • ホームページが充実している
  • 貸金業者登録をしている

テレビCMや広告をよく観る

まず簡単なのが、テレビのCMや広告などをよく観かける、すなわち有名かどうか、ということで判断する方法です。テレビのCMをやっている業者は、まず間違いないと思っていいでしょう。CMにお金をかけているというのは、大手の業者だと判断できます。

CMをするほど有名な業者が、違法なことをしているとは、まず考えられません。新聞や雑誌の広告に掲載しているところも同様に、有名で安全な業者だといえるでしょう。

逆に、違法業者は、有名になると摘発される可能性が高くなるため、ひっそりと営業している傾向にあります。テレビCMや、新聞・雑誌に載せると、当たり前ですが、有名になってしまうため、営業できなくなってしまいますよね。そのため、目立つようなことは避けて営業しているのが特徴といえます。

店舗がたくさんある

誰もが気軽に立ち寄ることができる場所に、堂々と店舗を構えているところも、安全なところだと言って間違いないでしょう。目立つように看板を設置し、明るい店内で、適切に対応してくれるところは、後ろめたいところがないという、証ともいえます。

有名で誰もが知っているような金融機関は、どこに行っても店舗があり、看板もたくさん設置されていますよね。そんなところであれば、安全なのは確実といえるでしょう。

ホームページが充実している

ホームページを確認するのも、安全な金融機関探しのひとつの手だと言えます。気になる金融機関があったら、ホームページで検索してみてください。まっとうな業務をしている金融機関は、立派なホームページを必ずといっていいほど開設しています。

キャッシングについても丁寧に説明してくれているし、企業情報もきちんと掲載しており、企業理念や社会への取り組みや活動なども載せているはずです。ホームページがしっかりしていて、聞いたことのある金融機関であれば間違いないと思っていいでしょう。

貸金業者登録をしている

それでも心配であれば、貸金業者として国に届け出をしているかどうかを、確認する方法があります。これであれば、確実に安全な金融機関かどうかを見極めることが可能です。

確認方法は、各金融機関のホームページに掲載されている、「貸金業者登録番号」を確認してください。会社情報や企業情報に、登録番号というものが掲載されています。この番号を、「登録貸金業者検索ページ」に入力すれば、本当に届出されているかどうかがわかります。

例えばアコムなら登録番号は「11-00022」になります。この登録番号を「登録貸金業者検索ページ」の画面に、入力すると、きちんと「アコム」という社名が表示されます。これで安全な金融機関だということが確認できます。

怪しい違法業者は、この登録番号を適当につけているところもあるので、一度入力して確認するというのが確実でいいかもしれません。中には、有名どころの金融機関と似たような名前をつけて、さらには登録番号まで同じものを掲載しているところもあるので、騙されないようきちんと確認するようにしてください。

ヤミ金について

怪しい違法業者は、いわゆる「ヤミ金」というふうに呼ばれています。すなわち、表にはでてこないで、闇に隠れてコソコソと営業している業者のことですね。

先に説明した、安全な業者のように、表立ってはアピールできないため、テレビCMはもちろんのこと、新聞や雑誌に広告を載せるようなことはしません。店舗もないし、看板もありません。顧客を集める方法として、誰かの紹介というルートを取っていることが多いようです。

特に多いのは、サイトで「ブラックOK」「融資の限度額なし」などと、甘い言葉で募集している場合です。通常、ブラック登録されている人や、融資に限度額ナシで貸してくれる、なんてことはまっとうな金融機関ではありえないことだと思ってください。

「ブラックOK」などと書かれたサイトをクリックしていくと、たいていは紹介画面にたどり着きます。すなわち、ヤミ金を紹介しているところにたどり着くわけです。紹介しているところは、ヤミ金から紹介料をもらっているので、これも違法です。

このように、表立ってアピールせずに、いろいろなルートを経由したり、紹介のような形式でたどり着いた業者は、怪しいと疑ってください。多くの場合、業者なのに固定電話を持っておらず、携帯電話でやり取りします。相手が携帯電話だった場合は、特に注意するようにしたほうがいいでしょう。

ヤミ金は、最初は甘い言葉で、とても親切に対応してきます。しかし、法外な金利をふっかけてくるのはもちろんのこと、いつまでたっても返済できないよう仕向けてきます。完済されると金利が取れなくなるので、わざと返済できないよう、あの手この手を仕掛けてきます。

一度この手のヤミ金から借金してしまうと、抜けだせなくなるというのはこういうことなんですね。怪しいか、安全かは、自分が賢くなって判断するしかありません。間違ってもヤミ金にだけは手をださないようにしたいものです。

安全キャッシングできる金融機関

世の中には、キャッシングができる金融機関として大きく二つにわけられます。貸金業と呼ばれる「消費者金融」と、誰でも一度は行ったことがあるであろう「銀行」です。消費者金融と銀行は、似て非なりで、どちらにもメリットとデメリットが存在します。

ここでは、消費者金融と銀行のメリット・デメリットとともに、安全で有名な金融機関をご紹介します。

消費者金融

消費者金融とは、貸金業といって、お金を貸すということをメインにしている金融機関です。消費者金融のメリットとして挙げられるのは、何といっても手軽でスピーディにキャッシングできるということでしょう。

消費者金融はお金を貸すことに関しては、プロフェッショナルなので、とにかく対応がスピーディです。最近では、即日融資というのはもうあって当たり前となっており、審査も柔軟なので、初心者の人でも手軽に借りられると有名です。

しかも、顧客に対する対応がこれでもかってぐらい親切で丁寧なため、キャッシング初心者の人にとっては、かなりおすすめの金融機関と言えるでしょう。

デメリットとして挙げられるのは、「融資の限度額に上限が設けられている」ということと、銀行に比べて若干金利が高めに設定されていること、といえるでしょう。

融資額に上限があるのは、貸金業に対して貸せられている「総量規制」という法律のことになります。この総量規制は、「年収の1/3まで」と決められているため、消費者金融では融資額に限度があるということになります。年収が300万円の人であれば、限度額100万円までしか借りることができません。

そしてもうひとつ。金利が銀行にくらべて若干高めだというのは間違いないでしょう。ただし、無利息というサービスを展開している消費者金融もいくつかあるので、無利息期間内に返済できるのであれば、これらのサービスを利用すれば、金利はかからずに済みます。

有名で安全な消費者金融とその特徴です。

■ プロミス

項目 条件
融資の上限 500万円
金利 4.5%~17.8%
無利息期間 あり(最大30日)
即日融資 可能
審査時間 最短30分

■ アコム

項目 条件
融資の上限 500万円
金利 4.7%~18.0%
無利息期間 あり(最大30日)
即日融資 可能
審査時間 最短30分

■ ノーローン

項目 条件
融資の上限 300万円
金利 4.9%~18.0%
無利息期間 あり(何度でも1週間)
即日融資 可能
審査時間 最短30分

■ アイフル

項目 条件
融資の上限 500万円
金利 4.5%~18.0%
無利息期間 なし
即日融資 可能
審査時間 最短30分

■ モビット

項目 条件
融資の上限 800万円
金利 3.0%~18.0%
無利息期間 なし
即日融資 可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
審査時間 最短30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

銀行

銀行と言えば、誰もが一度にお世話になったことがあるでしょう。そんな銀行でも、キャッシングのサービスをおこなっていることをご存じでしたか。

銀行のメリットといえば、まずは貸金業者に課せられている「総量規制」という法律の対象外なため、融資の限度額に上限がありません。すなわち審査さえ通れば、年収の1/3以上の融資が可能、ということです。高額融資を希望している人であれば、銀行での借入れがおすすめでしょう。

さらに、もうひとつのメリットとして、消費者金融にくらべ、金利が低めに設定されているということが挙げられます。返済が長期に渡る人などは、少しでも金利を低く設定したいものですよね。そんな人には銀行がおすすめということになります。

逆に、銀行のデメリットというのは、融資までに時間がかかる、ということが挙げられます。最近では、消費者金融のように「即日融資」というサービスを展開しているところが増えているのは事実です。しかし、その即日融資のためには、銀行の口座を持っていないといけない、など条件があったりするのも事実です。

さらには、店舗を持たないインターネット専用銀行などで、キャッシングをする場合は、即日融資そのものは厳しいと思っていたほうがいいでしょう。やはり銀行でキャッシングを考えるのであれば、ある程度時間に余裕を持たなければいけない、ということになります。

有名で安全な銀行でのキャッシングとその特徴です。

■ みずほ銀行

項目 条件
融資の上限 1,000万円
金利 4.0%~14.0%
無利息期間 なし
即日融資 可能(みずほ銀行に口座がある人)
審査時間 最短当日中

■ 三菱東京UFJ銀行

項目 条件
融資の上限 500万円
金利 4.6%~14.6%
無利息期間 なし
即日融資 可能(テレビ窓口で申し込んだ人)
審査時間 最短30分

■ 新生銀行レイク

項目 条件
融資の上限 500万円
金利 4.5%~18.0%
無利息期間 あり(5万円まで180日・それ以上は30日)
即日融資 可能
審査時間 最短30分

■ 住信SBIネット銀行

項目 条件
融資の上限 1,000万円
金利 1.99%~7.99%
無利息期間 なし
即日融資 不可(ネット専用銀行のため)
審査時間 数時間~数日

■ イオン銀行

項目 条件
融資の上限 800万円
金利 3.8%~13.8%
無利息期間 なし
即日融資 可能(イオン銀行に口座がある人)
審査時間 最短当日中

■ 三井住友銀行

項目 条件
融資の上限 800万円
金利 4.0%~14.5%
無利息期間 なし
即日融資 可能(三井住友銀行に口座がある人)
審査時間 最短30分

■ オリックス銀行

項目 条件
融資の上限 800万円
金利 3.0%~17.8%
無利息期間 なし
即日融資 不可(ネット専用銀行のため)
審査時間 最短当日中

■ 楽天銀行

項目 条件
融資の上限 500万円
金利 4.9%~14.5%
無利息期間 なし
即日融資 可能(楽天銀行に口座がある人)
審査時間 最短当日中

キャッシングをするにあたって

安全なキャッシングができる金融機関はたくさんありますが、誰でも借入れができる、というわけではありません。それぞれの金融機関では、キャッシングをするにあたって審査というものがあります。金融機関によって審査内容は若干違ってきますが、たいていは以下のような条件になるでしょう。

審査内容 条件
年齢 20歳~65歳(70歳のところもあり)
年齢 20歳~65歳(70歳のところもあり)
収入 安定収入のある人(派遣社員・パート・アルバイト可)
勤続年数 最低でも1年以上
他社の借入れ状況 なしもしくは少ない
返済状況 きちんと返済できている
個人の信用情報 限りなくきれいな人

最後に

キャッシングそのものが恐いと思っている人、そんなことはありませんよ!もちろんヤミ金と呼ばれる、違法業者は恐いかもしれませんが、誰もが知っている大手の金融機関は、間違いなく安全だと思っていいでしょう。
(⇒闇金にだけは細心の注意を

安全なのはもちろんのこと、上手に利用すれば、こんなに便利なものはないと断言できます。突然お金が必要になって困ってしまったときには、安全な金融機関でキャッシングすることをおすすめします。もちろんお金を借りるわけなので、そこはきちんと返済しないといけませんよ。安全なキャッシングをうまく自分の生活に取り入れることで、急な出費であたふたすることがなくなるのは、間違いありません。

どうしても不安な人は、自分自身の目で安全な金融機関を、見極めるようにしてください。見極める方法はたくさんありますし、自分できちんと調べることで、不安は払拭されますよね。ちょっとでも不安があったなら、まずはその不安を取り除くことが大事ですよ。(参考ページはこちら→融資への不安は簡単に取れる

キャッシングができる、安全な金融機関はたくさんあります。恐いという先入観は捨てて、安心できる金融機関で、ぜひキャッシングに挑んでください。

新着記事
ページトップへ