> > 【初心者必見】避けた方がいい、「危ない」消費者金融の特徴

【初心者必見】避けた方がいい、「危ない」消費者金融の特徴

昔はなんだか怖いイメージが強かった「サラリーマン金融」、略してサラ金。現在では「消費者金融」と名前を変え、その怖いイメージを払拭するために日夜消費者金融は頑張っています。

そのかいもあってか、なんとなく消費者金融は怖いイメージではなく、誰でも気軽にお金を借りることが出来る便利なサービスを提供してくれるところ、といったイメージになってきました。お金を借りることに抵抗がない人も増えてきたのか、より快適なマネーライフを送るためにうまく消費者金融のカードローンを利用しているという人も多いです。
(⇒今の消費者金融は安全です

まだ消費者金融でお金を借りたことがないけれど、ちょっと興味がある…という方や、実際借りてみたいけどどこでお金を借りたらいいかわからないという方も多いでしょう。やはりお金を借りやすくなったと言っても結局は「借金」です。なかなか知人や友人、家族に相談できることではありませんよね。

一時期に比べてその数は大幅に減らしたものの、まだまだ数多くの消費者金融があります。その中には、知識のない方、あるいは知識があってもつい利用してしまいたくなるような巧妙な悪徳業者もいます。

一体、どのような消費者金融(カードローン会社)が危険なのか!?これからカードローンを利用してみたい方も、カードローンの知識をつけたい方も必見です。

極端に甘い条件の所は要注意

「甘い話にはウラがある」…昔の方はこういった教訓を残してくれています。昔の方も甘い話で痛い目を見てしまったのかどうかはわかりませんが、極端に甘い条件でお金を借りることが出来ると謳っている消費者金融(カードローン)は要注意です。かなり悪徳な金融業者、もしくはヤミ金(闇金融)の可能性が非常に高いです。
(⇒闇金を安全に見抜く

そのような会社が出している広告には、このような文句が掲載されていることが多いので怪しいかな?と思ったらチェックしてみてください。

  • 専業主婦の方大歓迎OK!
  • ブラック属性の方でもOK!
  • 審査ナシで速攻融資50万円まで!
  • 学生でも簡単にお金を借りられる!

このような宣伝文句を前面に出している会社の場合、確かに簡単にお金を貸してくれるかもしれませんが大きなリスクを抱える可能性があります。

そのリスクとは、「闇金融の可能性がある」ということです。闇金融(ヤミ金)は一般的な消費者金融とは違いますので決してお金を借りてはいけません。様々なデメリットを被ってしまうことがあるんです。

金利が異常に高い

正規の業者ではない場合、法律を守っているところは少ないと言ってもいいでしょう。そして守らない法律の筆頭が「金利」です。現在、正規の貸金業者(消費者金融)は、法律によって以下のように金利の上限が決められています。

利用限度額 金利
10万円まで 20%
10万円を超えて100万円まで 18%
100万円を超える額 15%

この金利は「法定金利」と言われており、この金利を超えてお金を貸した場合は業者(消費者金融)は法令違反となって行政処分の対象となります。昔はこの行政処分がなかったため「グレーゾーン金利」と呼ばれる高金利(最大29.2%)でお金を貸している消費者金融が殆どでしたが、現在はこのように落ち着いています。

しかし、正規の貸金業者ではない場合、このような金利の制限はありません。したがって、このような金利を守る必要はなく、30%で貸そうが35%で貸そうが関係ないわけですね。

大抵の場合そのような高金利貸しの契約とは一見わからないような内容の契約書になっていたり、はたまた実際お金を借りるには店舗に来てくださいと言われて店舗にいったはいいものの、そこに怖い人がいてどうしても借りないと家に帰してくれない…なんて状況になってしまう可能性もあります。

取り立てが厳しい可能性も

現在の消費者金融に適用されている法律は「貸金業法」というもので、その中には取り立てなどに関する規制もあります。その内容は主に以下のようなものです。

  • 夜間の取り立て行為は禁止。日中でも執拗な取り立て行為は行ってはならない
  • お金を貸した相手を自殺に追い込んで、その保険金で返済を行わせるような契約はさせない
  • 利息制限法を超える金利で貸し付ける契約についての公正証書の作成、及び公正証書作成のための委任状の取得の禁止
  • 連帯保証人に対して催告や検索の抗弁権がないことを必ず説明しなければならない(義務)
  • 貸付にあたってきっちりと元利負担額などを説明した書面の事前交付をしなければならない(義務)

これらの条件を大手はきっちりと守っていますので取り立て行為はどうしても必要な時にしか行われません。しかも、するときも直接家を訪ねるような形ではなく、携帯電話に連絡、あるいは封書やハガキなど書面で連絡など穏やかな方法で行われます。

しかし、こちらも正規の金融業者ではない場合は家に直接取り立てに来る可能性や、職場や自宅に催促の連絡をしてくる可能性もあります。生活が少しでも楽になるように、充実させるためにお金を借りたのに怖い思いをしてしまっては本末転倒です。

どうしても甘い条件のところには惹かれてしまいますし、審査は正直面倒くさいものです。すぐにでも無審査でお金を借りることが出来るならついついそっちに流れたくなる気持ちは出てきてしまいますが、ぐっとこらえましょう。

★最近のヤミ金はいろいろ?★

本文でも紹介していますが、ヤミ金は基本的に「高利貸しで取り立てが厳しい消費者金融」といったイメージが強く、借り手も一般的な消費者金融でお金を借りることが出来ない人が最終的に行き着いてしまったり、事情などよくわからない人が知らない間にヤミ金からお金を借りてしまっていたというケースが多いです。

しかし、最近ではヤミ金とわかっていてお金を借りる人も多いのです。その理由は「総量規制」も一部にあると言われています。

総量規制が出来たことで、今まで借りていた分のお金が借りられなくなり生活が立ちゆかなくなってしまった場合、あえてヤミ金でお金を借りている人も一部にいるようです。また、ヤミ金も怖いイメージのものばかりではなく、最近では「ソフトヤミ金」というヤミ金も出てきています。

ソフトヤミ金は金利こそ法定金利を超えているものの、返済や借り入れる金額の相談に乗ってくれたりと対応が柔和で怖くないヤミ金…といったところでしょうか。ホームページを持っているソフトヤミ金もあり、そこにはきちんと「正規の業者ではない」と記載されているところもあります。

とはいえ、正規の業者ではないところから借りるとトラブルの原因になってしまう可能性は高いです。必ず正規の業者から借り入れをしましょう。

連絡先が携帯番号の所は避けて

極端に甘い誘い文句の消費者金融は危険というお話をしましたが、次はこちらです。連絡先が携帯電話番号になっている会社は利用を避けたほうがいいでしょう。大抵会社なり事業をしている場合、固定電話を契約するのはもはや常識といっても過言ではありません。ですが、連絡先が携帯電話しかない場合は消費者金融に限らず、とりあえず「怪しい」と思っておいて損はないと思います。

なぜなら、携帯電話のみが連絡先の場合、番号を変えてしまえば簡単に逃げることが出来るからです。先ほども解説しました、「条件が異常に甘い」とセットで携帯電話が連絡先という場合もあります。

このような場合、お金を借りたいと連絡を入れた人に対して

「あなたに返済能力があるかどうか確認したいので、とりあえず最初に2万円だけお貸しします。ですので、1週間以内に3万円返済していただけますか?こちらが返済されたことを確認出来ましたら改めて融資致します」

といった内容を伝え、指定した口座にお金を振り込ませてその後携帯電話は通じず、結局3万円だけを振り込んだことになり実際お金を貸りることは出来なかった…といった詐欺の手法としても使われます。

仮に正規の業者だとしても、やはり連絡手段が携帯電話だけというのはちょっと不安が残るものです。出来るだけ安全性を高めるためにも、連絡先が固定電話の会社からお金を借りるほうが無難です。

情報が少ない会社は玄人向け

こちらは「危険」というカテゴリーに入るものではありませんが、初心者の方にはあまりおすすめ出来ないという意味でご紹介します。

多数の消費者金融があり、あまり興味がない人からすればカードローンやキャッシングを扱っている会社は20もないといったイメージがあるかもしれません。しかし、実際のところ貸金業者として登録している業者は非常に多く、400や500くらいあるといっても過言ではありません。

その殆どが個人経営の小さなところで、多くの宣伝をしていることはありません。街角のビルの一角にひっそりとお店を構えお客さんを待っているような、いわゆる「街金」と言われるようなところばかりです。

このような小さな会社の場合は非常に情報が少なく、インターネットなどで調べても社名(屋号)と電話番号、住所、貸金業者としての登録番号くらいしか出てきません。いくらまでお金を貸してくれるのか、金利はどれくらいなのか、どのような方法で借りるのか(店舗に直接出向く必要があるのか、振込をしてくれるのか)、そしてどのような方法で返済するのかなどの情報は一切ないんです。

加えて、貸し出す相手にも制限があることが多いです。その制限は、お店から近い地域に住んでいる、もしくは勤務しているなどの地域における制限です。地方銀行の口座を開くための条件に似ているところがありますね。あまりに遠い地域の人に貸しても振込でしか貸し出しもしくは返済が出来ない点、小さな会社の場合は審査も直接面談のような形で行う場合があるため審査に支障が出ることが理由として考えられます。

情報が多く出ていないと比較することも難しく、個人経営の消費者金融は初めてカードローンを利用する方、もしくはあまりカードローンを利用しなれていない方には非常に高いハードルになります。金利も個人経営のところのほうが低くなっている場合は少ないので、あえて小さなところで借りたい!という強い希望がない限りは玄人向けですので無理して小さい会社を選ぶ必要はないと思います。

初めてなら大手が一番安心

ここまでカードローンでお金を借りたことがない、あまり経験がないという方が避けたほうがいい消費者金融の特徴をお伝えしてきました。それではそれらの特徴を一切含まない、初心者の方でも安心してお金を借りることが出来るのはどこなのか…それは、「大手の消費者金融(銀行)のカードローン」という結論になります。

結局大手なのか、と思われた方もいるかもしれません。しかし、どうして大手を利用することが安全につながるのか、その理由はきちんとあります。

名前を知っているので安心感アリ

大手のカードローンと言えばどのような商品、会社を思い出すでしょうか?現在CMも積極的に行っている「大手」と言われるカードローン会社の名前の一部を並べてみました。

消費者金融系

  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • モビット

銀行系

  • レイク
  • バンクイック(三菱東京UFJ銀行)
  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

いずれも一度は名前を聞いた、もしくは見たことがあるのではないでしょうか?CMをすることが出来るというのは、それだけ会社としての体力があると言い換えることも出来ます。また、昔からCMをしている会社(特にアイフルやアコム、プロミスなどはかなり息が長い会社ですよね)は安心感もあります。

銀行も同様に、信頼感や安心感が非常に高く「ここならお金を借りても大丈夫だろう」と思えるのではないでしょうか。この安心感は非常に重要で、「お金を借りたからといって変なことにはならないだろう」といった「ヤミ金ではない」「怪しくない」と断言できますので、精神的な安心も得ることが出来ます。

加えて、大手であれば金利や返済方法などしっかりとホームページに書かれていますから自分が借りたい金額の金利はどれくらいになるのか、毎月の返済額によってどれくらいの返済期間になるのか…など、シミュレーションもしっかりと行うことが出来る点も大手の大きな利点でしょう。

★名前だけで判断は早計★

最近ではフィッシング詐欺などが多いように、大手の銀行や消費者金融の名前を騙った悪徳業者も多数存在します。「大手○○銀行のカードローンがこんなに低金利でしかも即融資!」といった、大手の名前を出した釣り広告もたまに見られます。

かならず申し込みはきちんとその銀行や消費者金融のホームページで内容をチェックした上で行ってくださいね。

貸す側もヘタなことはできない

会社側も名前が知れ渡っているため、ヘタなことは出来ません。仮に夜に厳しい取り立てを大手が行ったとわかったら、現代のようなネット社会では一斉にそれが広まりすぐに炎上、大事になってしまいます。

そのことが原因で営業停止処分になどなったら経営が立ち行かなくなってしまうかもしれません。大手であればあるほど、そのようなことがないような営業・経営を心がけていますのでトラブルにもなりにくいのです。

また、大手の場合はサポートセンターも充実しています。特に初めて借りる場合はよくわからないことも多いかと思いますので、親切に借り入れや返済について相談に乗ってくれるサポートセンターがある大手は初めての人にとっても優しいんですよ。

利用者も多く口コミも多い

バカに出来ないのはこの「口コミ」です。実際に利用した人がどのような使い勝手だったのか、利用してよかったと思った点、後悔している点を知ることが出来、自分に当てはめて考えることが出来ます。

大手の会社であれば口コミの数も多く、より自分の状況に近い人がお金を借りることが出来たのか、出来たとしたらいくらくらい借りることが出来たのかなど参考になる情報が沢山掲載されています。

お金に関することですから、トラブルは絶対に避けたいもの。自分が信頼、安心出来ると思えるところからお金は借りるようにしましょう。

【参考ページ】
融資の危険性については常に意識しておこう

新着記事
ページトップへ