> > ufjとアコムが提携!最強のカードローンを使いこなそう!

ufjとアコムが提携!最強のカードローンを使いこなそう!

世の中には驚くくらいたくさんのカードローン商品があふれています。いざカードローン契約を結ぶぞ!と思っても、実際に選ぶ段階になるとどうしたら良いのか分からなくなってしまうほどですよね。(参考ページはこちら→カードローンの選び方に悩んだら

そして現代は、銀行が細々と提供するカードローン商品以外にも多くの金融機関がカードローン商戦に名乗りを上げています。どのカードローンも条件が良く、目移りしてしまって困ってしまうほどです。

カードローンは多種多様!迷うなら条件を絞りに絞ろう!

銀行以外の金融機関と言うと、代表的なのが消費者金融。こちらは厳密にはキャッシングと言われるものなのですが、カードローンとキャッシングのボーダーが曖昧になっている現代ですので、仲間に入れて良いでしょう。

他にもクレジット会社が提供する商品もありますし、カードではなくても昔ながらのショッピングローンを使うことも可能です。迷う時には自分が必要な条件をピックアップしていくと良いでしょう。

しかしそれでも、どうしても選びきれない時はありますよね。もういいからすぐに決めたい!と言う人にお勧めしているのが、最近利用者の間でも人気が高いバンクイックというカードローン商品です。(参考ページはこちら→三菱東京UFJ銀行ならではの融資方法

UFJとアコムが提携!二大大手金融機関の夢のカードローン!

このバンクイックというカードローン商品、何と日本を代表するメガバンクと消費者金融が提携し、満を持して発売した商品なのです。発売して間もなく大評判となり、今では押しも押されぬ人気商品となっています。
(⇒銀行と消費者金融の提携は珍しくない?

この人気の高さは業界でも並ぶものがないほどで、提供元の担当者も、人気が出るであろうという予想はしていたが、まさかここまでとは思わなかったというほどだそうです。これだけで人気のほどがうかがえますよね。

昔は銀行と消費者金融が提携するということは考えられなかったものですが、時代の流れにより、どんな業界でも様々な試みが行われています。金融業界も例外ではなく、不況をきっかけに新しい試みをしました。

その試みのひとつとして、この「銀行と消費者金融の提携」が挙げられます。バンクイックの人気振りを見ているだけでも、この試みは大成功だったと言えるでしょう。金融業界でも大きな成功に驚いているようです。

生まれ変わった消費者金融。昔よりもより身近に!

消費者金融と言えば、昔はお世辞にもイメージが良いとは言えない存在でした。中年以上の人なら分かるかもしれませんが、お金の返済トラブルに関するニュースで世間を騒がせたこともあります。

今の時代からは考えられないことですよね。今はテレビでも使いすぎを戒める内容を含めたCMだったり、借りたくても一定以上の金額は決して貸さないようにという方針を取り、利用者により身近になりました。

しかし、今の消費者金融の状態があるのは、トラブルに悩まされた時代をくぐり抜けたからと言えるでしょう。銀行には関係のない貸金業法に悩み、改正した貸金業法を周知するなど、業界全体の努力があったからこそです。

貸金業法の改正から更に利用しやすくなった消費者金融

この貸金業法とは、名前の通り貸金業と言われる業者が遵守しなければならない法律です。銀行でれば同様のものとして銀行法というものがあります。内容はどちらも違いますが、それぞれ守らなければならない法律があります。

貸金業法は様々なトラブルを承けて改正されるまで、利用者には分かりにくい側面があったことを否め得ません。居改正によってかなり理解が進むようになりました。

その中で賛否両論とされるのが「総量規制」というものです。この総量規制のおかげで計画的に破綻なく利用できると言う人もいれば、逆に必要な額が借りられないから不便だと言う人もいる状態です。

総量規制は消費者金融の悩みの種…賛否両論の的

総量規制がどういうものかと言えば、「消費者金融(貸金業)が顧客に貸していい金額の制限」です。利用者側からすれば「消費者金融から借りられる金額の制限」となりますね。この金額は人によって違います。

制限される金額の算出は実に単純なもので、「年収の三分の一までしか貸してはいけない(借りてはいけない)」ということに尽きます。単純な例えなら年収300万円の人は100万円までしか借りられない、ということです。

この総量規制に対しては実に賛否の分かれるところで、事情があって銀行からお金が借りられない人としては大変困るものだという声が挙がっています。しかし制定された理由を考えると撤廃も難しいのが現実です。

確かに不自由…でも総量規制は利用者保護のため!

総量規制が制定されている理由の第一は、利用者(顧客)の保護という観点が見られます。この総量規制がなければ、利用者は年収や返済能力に関わらず、多額の借り入れが可能になります。

ない方が自由が利いて良い、多額の金額が必要な時には助かる……そんな声もあるかもしれません。しかし考えてみて下さい。返済能力を超えた借り入れに対し、健全な返済を行うことができるでしょうか。

消費者金融としても、貸し過ぎは良くないということを長年の経験で理解しています。確かに多く貸した方が利益は上がるのですが、顧客が返済できないまま自己破産でもすれば丸々の損、貸し倒れになってしまいます。

そんなことになってしまったら、得をする人は誰もいません。もしかしたら債務整理を頼まれた弁護士さんだけが儲かるかもしれませんが、やはり誰にとっても良いこととは言えないでしょう。

そんな理由から、できる限り利用者を保護する意味もあり、現在の総量規制というものが貸金業法によって設けられているわけです。決して利用者いじめのためにあるわけではありません。

悩みの総量規制…でもバンクイックなら実は…!

総量規制と銀行法ってそんなに違うの?総量規制と何の関係があるの?

ここまで貸金業法ならではの総量規制について説明してきましたが、いったい何の関係があるのかと首を傾げた人もいることでしょう。しかし実はバンクイックの人気の秘密にも関わることなので、敢えて詳しく説明しました。

この総量規制、貸金業法の中の大事な法律です。しかし先に少し触れましたが、この貸金業法は、貸金業を営んでいる金融機関に適用される法律です。つまり銀行法が適用される銀行には全く関係がないのです。

銀行法には総量規制の項目がありません。もちろん厳正な審査がありますので、無制限にいくらでも借りられるというわけではありませんが、消費者金融の総量規制に悩む人には注目の一点なのです。

バンクイックは銀行のカードローン!総量規制関係なし!

ここまで説明してしまえばもうお分かりの人も多いのではないでしょうか。バンクイックの人気の秘密は「UFJ銀行の商品なので総量規制が関係ない」ということも大変大きいのです。

やむを得ない事情や、返済能力があるのに総量規制のせいで消費者金融から希望通りの額が借りられない……そんな人でも、銀行の商品であるがゆえに、総量規制に関係なく利用することができるのがバンクイックなんです。

このカードローン商品のおかげで、過去に悩んでいたお金の心配がなくなり、余裕のあるライフスタイルを楽しめるようになった人もいるようです。

銀行なのに即日融資!?提携の強みはそこにもあった!

消費者金融があれほど人気を博したのは、それまでの銀行にはないサービスが顧客のニーズと一致したからでしょう。バンクイックもやはり、その人気の秘密として同様に、サービスとニーズの一致が考えられます。

銀行のカードローンやキャッシングと言えば、審査にとても時間がかかり、融資を受けるまでに長く待たなければいけないという不便な面がありました。しかしアコムと提携したこのバンクイックでは、それが解消されているのです。

できれば融資を受けるまでの時間を短くしたいと思うのは誰もが同じ。バンクイックは銀行の商品でありながら審査時間を短くするという、画期的なサービスを提供するようになった商品です。アコムと提携したからこその結果と言えるでしょう。

即日融資にはいくつかの条件がありますが、その条件も簡単にクリアできるものです。よく「正午までに申し込むことが重要」という噂を聞きますが、これも間違いではありません。金融機関の中でのお金の流れに関係すると考えましょう。

申し込みをすると審査が行われますが、この審査は先着順になります。先に申し込んだ順番に一人ずつ審査をするということですね。いくら審査に時間をかけないといっても、人数によってはそれなりに時間がかかってしまいます。

そして金融機関のお金の流れの都合があります。「融資のためのお金を顧客の指定口座に振り込む」のがカードローンの性質です。この「お金を振り込む」部分が即日融資で囁かれる「正午までに」に関わる重要な部分です。

お金を振り込むという作業は、どんな金融機関でも時間が決められています。大抵は午後3時までとされていますね。機械で管理されているため、この時間を過ぎるとどうしても翌日の処理になってしまいます。

これでは即日融資には間に合いません。この例のように、どうしても今日中に融資を受けたい!と言う人は、どんなに余裕を見ても正午までには申し込みを完了させておくのが無難と言えることは確かでしょう。

そんな時間に銀行に行けないと言う人は、ネットからの申し込みも可能です。WEBならほぼ100%、正午までに申し込みを終える方法は用意されていますので、慌てず諦めず、前の日の夜に申し込みを済ませてしまうのも良いかもしれませんね。

面倒な手続きなし!テレビ電話で申し込みからカード発行まで!

バンクイックの最大の特徴のひとつに、UFJに設置されている専用のテレビ電話での申し込みがあります。他の金融機関ではまずお目にかかれないものですが、これが意外と便利だという感想をよく耳にします。

テレビ電話での申し込みは、画面ごしに担当の行員さんと言葉を交わすことになります。対人恐怖症でもなければ問題ないですね。顔を合わせて話ができるというのは、緊張しがちな申し込みをリラックスして行える利点があります。

また、申し込み前には不安なこともあるでしょう。顔を合わせた時にとことんまで質問することができますね。申込書もその場で書くことになりますので、不明な点はその場で訂正してもらえるのも嬉しいことです。

申込書の書き間違いで審査に落ちることがある業界ですので、担当の行員さんとマンツーマンで話しながら申し込みができるのは本当に助かります。審査もすぐに終わりますし、申し込みの時には積極的に活用したいですね。

カードの即日発行はテレビ電話での申し込みが確実!

申し込みの仕方は色々ありますが、即日融資を希望する人は気をつけなければいけない点があります。先に説明した「できれば正午までに申し込む」というのもそうなのですが、申し込み方によるタイムラグを考慮する必要があります。

WEB申し込みは送信時間さえ気をつければ問題なく即日申し込みを完了することができますが、書類の郵送による申し込みはそうもいきません。速達で午前中に出しても、どんなに早くても到着は夕方か翌日です。氏パン

審査が始まるのも遅くなってしまうわけで、下手をすれば数日待つことになります。これではどうしても、即日融資にいは間に合いませんよね。スピーディな対応を求める人にはあまり嬉しい事態ではないと言えます。(参考ページはこちら→スピード重視の借り入れ方法

しかしテレビ電話の窓口なら、審査に落ちない限り、その場で申し込みからカード発行までを済ませることが可能です。どうしても即日融資が良い!という時は、やはり多少億劫でも、銀行まで足を運んだ方が確実でしょう。

なお、テレビ電話窓口がある銀行とない銀行があります。もし申し込みに行ったのに窓口がなかった!なんてことになったら笑えませんので、事前に調べておくことをオススメします。
(⇒金融業者で申し込み方法が違う事に刮目

新着記事
ページトップへ