> > 消費者金融利用がバレるのは困る契約社員の方、こちらにどうぞ!

消費者金融利用がバレるのは困る契約社員の方、こちらにどうぞ!

派遣社員が消費者金融の利用がバレることを嫌がる理由は以下のような理由です。

20年ほど前は、「派遣」というとカッコイイ仕事のイメージがありました。仕事のデキル人がいろんな会社に望まれて派遣されるという感じです。しかし現在は、社員になれない人が派遣という立場のまま社会の中に居るイメージが現実ですね。世間は多数の方に流れます。どうしても現在の派遣のイメージが安定から遠ざかっていることは否めないのです。

また、お金の有る無しでいうと、常に「お金が無い」が口癖で、周りにもそう思ってもらいたい人と、お金がなくてもあるように見られたい人とに分かれます。お金があってもなくてもありのままで生きられる人は全く問題ありません。

しかし、そうではない人が多いため、消費者金融での借入ひとつにもいろんな感情が動くのです。派遣社員として働く人の気持ちもわからなくはないですよね。

派遣で仕事をしているため お金が無いと思われたくない

派遣社員は、仕事ができなければすぐ切られる不安が常に付きまとっています。しかし、仕事ができても大した評価がされないのも派遣社員です。ですから、社員として働いている人とは違い、日々戦っているのが派遣社員の方なのです。

ですから、消費者金融の利用が会社にバレて負の要素をひとつでもプラスされるのは嫌なのです。完璧にしていて契約が続く。普通になると契約が怪しくなる。このような極端なことは実際には無いと思いますが、そう思わざるを得ないほどのギリギリで仕事に取り組んでいるといってもいいですね。

派遣会社の方は、きっと海外でも通用する仕事内容とハートを持っています。日本中が派遣で仕事をする社会なら、現在派遣社員の人がトップを占めることになるでしょうね。

派遣で仕事をしているため 会社に素行が悪いと思われたくない

例えば女性の派遣の方が感じる職場のリアルな感情は、女性同士社員も派遣も関係なく仲良くしている職場なら、日ごろは仲良し、ランチに行ったり呑みに行ったりもする。だけど、仕事内容の話や、段取りをよくするために等の話になると、社員の女性は上に通したがらない。などの保身を感じる時があるようです。

変えると良いと思っていても、上が嫌がることを自分の口から言いたくない。素晴らしい提案を派遣社員から出たと自分で伝えたくない等々です。そのようなことを肌で感じている派遣社員は、やはり社員には負けたくないという気持ちが出てきます。良く言えば、それがモチベーションになっているともいえるでしょう。

しかし、常に不安定な立場というストレスも抱えています。派遣の人の社員に引け目を感じたくないという気持ちは、本当は、派遣社員だからということではありません。日本人全体がそういう教育だったということもありますが、劣等感の強い人が多く、それが今のポジションに引きずっているということです。

ということは社員側も同じ日本人なのですから、派遣社員と一緒に仕事をしていると、そこには優越感が生まれます。一人の人間として付き合うことができれば、どちらも劣等感の強い同類というパターンが多いのですが、社員と派遣社員の立場になると、どちらもバランスが悪い上に仕事上の関係が加わるので難しいですね。

派遣で仕事をしているため 社員の人に引け目を感じたくない

これは切実です。月々の給料は全部使ったとしても、ボーナスを全て預金に回せばいつまで経っても預金ゼロということはありません。しかしボーナスが出ない派遣は毎月、毎日が節約の日々です。少ない給料の中から毎月預金に回している人は、少々のことでその預金に手をつけたいとは思いませんね。

急に余分なお金が必要になった時は、消費者金融の借入が預金を崩さなくていいので、とても助かるのです。そしてまた月々返済と預金に切り詰めるという生活です。また、家族を持っている男性が派遣社員の場合は、奥さんもボーナスで不足分を補うことができないため、不安な毎日であることは間違いありません。

派遣社員の苦悩

派遣でバリバリ仕事をしている人は、気持ちの中に複雑なものを抱えています。日ごろ口にしない、心に秘めているものは何でしょうか。

派遣として仕事をしている人は、基本的に社員よりも仕事ができると思いたい。
社員よりも実際仕事をよくしている場合が多い。
派遣という立場から、劣等感を持ちながら優越感も必要としている。
派遣社員の方はどのような心境でお仕事をされてますか

自分たち派遣は、その会社の派遣をまとめる担当者や仕事上の上司、人事の考え方一つで満足して就労できたり、ストレスを抱える日々だったりするんです。もっと平等に評価される社会が当たり前の社会にならないものかと思わない日はありません。

実際、社員は自分たち派遣を下に見て余裕で生活している感じが見え隠れして苛立つことが多いですね。これは自分が勝手に考える悔しい気持ちから来るものかもしれませんが、無心に仕事をしていても、ふとそんなことを考えるということは、どこかでそれが感じられるからだと思うんですよね。

一人で生活している間は「嫌なら辞めたらいい」という軽い気持ちでしたけど、家族ができるとそうもいかないので、まあ、自分の選択ミスといえばそれまでなんですかね。どちにしても努力してもどうにもならない感じが毎日をイライラさせますよ。

だから、自分では平気だと持っていても、いざ消費者金融で融資を受けるとなると、絶対バレたくない!って思うんです。社員からの評価が落ちるというより、笑われたくない、優越感に浸らせたくない、自分たちは社員でよかったと思わせたくない!という感じです。

絶対バレない消費者金融はある?

毎日一生懸命お仕事をされている派遣社員の方が安心して利用できる消費者金融をご紹介します。現在、派遣社員の方が審査に通って、誰にも内緒で利用できている消費者金融ばかりのご紹介です。

  • 三井住友銀行グループ モビット
  • 三井住友銀行グループSMBCコンシューマーファイナンス プロミス
  • 三菱UFJファイナンシャル・グループ アコム
  • アイフル

これらの消費者金融はどこも有名な大手消費者金融ですね。大手は顧客の数も多いため、さまざまなニーズに応えるよう取引の種類もいろいろ考えてくれているようです。カードローンは借金ですから、やはり内緒にしたいのが誰しもですよね。

では、それぞれの会社別ポイントをご覧ください。ここなら安心、というあなたにピッタリの会社があるといいですね。なお、モビット以外は勤務先への在籍確認はありますので、在籍確認も困るという方は、会社に直接ご相談ください。

派遣で仕事をしているため 不足分をボーナスで補うことができない
会社 秘密にしやすい申込方法 身分証明書プラス必要書類 秘密にできない時とは
モビット WEB完結 保険証など 滞納など
プロミス インターネット申込 会社に確認 滞納など
アイフル インターネット申込 申込店舗に確認 滞納など
アコム インターネット申込 店舗に確認 滞納など

インターネットで申し込む

インターネットで申し込む利点は

自宅で簡単に申し込める。
24時間思い立った時に行動できる。
振込借入を選べばネット上で全て完了する。
誰にも知られない。

インターネットでの申し込みが主流になってきている消費者金融のカードローン。その便利さは私たちが一番理解していることですが、初めての方は何がどう便利かわかりませんよね。何が便利って家に居ながらにしてカードローン申込ができますし、申し込みの前にネット上の情報で、自分が求める条件の消費者金融を簡単に探すこともできます。
(⇒ネット申し込みはさほど難しくもない?

さらに、その場で申し込みをして、審査結果、契約、借入まで、条件が合えば銀行口座に当日振り込まれるという早さです。過去は、紙ベースに申し込み、郵送、返送、審査、審査結果報告、郵送、契約、完了契約書とカード送付、借入。という長い道のりでした。それでも、無人契約機などが利用できる消費者金融なら、無人契約機にまで出向き、当日融資が可能だった場合もありますね。

消費者金融でヒットする融資会社

インターネットで消費者金融を調べる時、銀行カードローンも消費者金融のくくりで出てくる場合が多々あります。銀行は総量規制の対象ではないため、審査に通れば問題はありませんが、消費者金融と間違えて申し込んでしまうと簡単に審査に落ちる方もいらっしゃるので気をつけましょう

『消費者金融』のワードで検索して出てくる銀行カードローンは、りそな銀行・みずほ銀行・オリックス銀行・新生銀行・楽天銀行などです。消費者金融と間違えて申し込んで、審査に通れば全く問題もありませんし、逆にラッキーと言えますが、万が一審査に落ちると、信用情報に審査落ちの情報が流れますので、ラッキーとは言い難いと思います。

安心して消費者金融を利用するために

上記にも出てきた大手消費者金融から選ぶといろんな相談に乗ってくれます。申し込みを決めた消費者金融に、あなたの希望を伝えます。家族に知られたくないのか、会社に知られたくないのか、どちらにも知られたくないのか等。

お金を借りるのですから、人にはいろんな事情があります。そして、大手の消費者金融はたくさんの消費者の方が利用しています。ということは、いろんな事情のある人とかかわっているということです。あなたと同じ悩みを持った人に相談を受けている可能性は高いですよね。

不安を抱えたまま悩み続けるより、思い切って聞いてみましょう!

正規雇用と非正規雇用の実態

(2013年現在のおおよその数字です)
日本の全雇用者の数から、正規雇用と非正規雇用の数を出しています。

全雇用者 正規雇用 非正規雇用
約5200万人 約3300万人 約1900万人

これを見てもわかるように、正規雇用が約3300万人に対して、非正規雇用が約1900万人もいます。非正規雇用の中には派遣社員やパート、アルバイト、日雇い労働など正規雇用以外の全ての人が含まれていますから、派遣社員のみではありません。しかし、日本の今は見える数字だと思います。

信頼できる大手消費者金融の借入条件

それでは、信頼できる大手消費者金融の借入条件を見てみましょう。あなたの希望に添える内容の会社があれば、消費者金融ホームページから即申し込みが可能です!

会社名 最短審査時間 限度額 金利
モビット 30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 800万円 3.0%~18.0%
プロミス 30分 500万円 4.5~17.8%
アイフル 30分 500万円 4.7~18.0%
アコム 30分 500万円 4.7~18.0%

同じ大手消費者金融でも、やはりそれぞれの会社の特徴があり会社別で得意なものがあります。秘密にしたい内容は、申し込みをした会社で相談するとして、その他の条件も希望がありますよね、それらを吟味して下さい。

  • モビット

誰にも黙ってカードローンが利用したいならココ!と言えるモビットです。モビットはWEB「完結」ですから、全てがインターネット上で終わります。モビットのカードローン利用のための必要書類は、身分証明証ですが、プラス所得証明や保険証などがあれば、勤務先への在籍確認もありません。

一般申し込みもあるモビットですからネットでパパッと申し込みから借入まで済ませたい方も、ネットが苦手という方も安心して利用できます。

  • プロミス

プロミスは、条件付きで30日間無利息期間を設けています。その条件は契約社員の方にも嬉しい条件です。まず、Eメール登録、そして、プロミスポイントに登録することです。プロミスポイントとは、プロミスカードローンの利用でポイントが貯まり、そのポイントでまた無利息期間をゲットできるというもの。

ポイントでの利用は30日間とは行きませんが、1日でも2日でも無利息期間があるのは利用者によってお得には変わりありません。初回限定で無利息が終わってしまうより、希望があると思いませんか?!どうせカードローンを利用するのなら、何か楽しみが継続するのは嬉しいものです。

  • アイフル

アイフルの特徴は、初めての方にもわかりやすく、かつ、利用しやすいパターンを提案してくれていることです。大手消費者金融の中でも銀行との提携もなく、単独で経営を続ける珍しい消費者金融と言えるでしょう。審査方法もアイフル独自のスコアリングシステムを構築しており、他社とは審査の様子が少し違うかもしれません。

審査難易度が少しでも低いと嬉しいですね。独自のスコアリングシステムを構築するためには、膨大な経験データが必要です。アイフルは、それを実戦で収集して独自に構築してきたどこにも依存しない消費者金融なのです。

ですから、内緒にしたい事も含めてさまざまなことへの相談が可能なのではないでしょうか。提携銀行に相談もしなくていい、独自の判断で決定できることが多いとすれば、それはかなり頼りになる会社といえます。

  • アコム

アコムは世界ブラントども提携をして、アコムカードでクレジットカード機能を付けた便利なサービスも展開していますね。テレビCMを見てもわかるように、明るいイメージで売り出しています。さらに、初回限定30日間無利息期間をいち早く設けた消費者金融でもあると思います。

30日間も無利息で利用できるのですから、今日明日にも現金が必要だという時に、ネットからカードローン申込をします。審査の結果の連絡、審査に通過していれば契約です。そして借入となりますが、ネットでの申し込みの場合は、身分証明書などの必要書類は画像で送付します。

申し込みから振込まですべてパソコンなケータイ、スマートフォンでできるのですから、内緒にしたくなくても誰にも知られることはありません。ただし、どこで借入をしても、滞納をすると、滞納は約束を反故にする行為ですから、消費者の希望も通らなくなります。

しかし、どの消費者金融も返済日の翌日にすぐ会社に連絡してきたり、自宅に電話をかけてきたりするという話はあまり聞きません。消費者が約束を破っても、すぐ行動に移さないところが消費者側に立ってくれていると思わざるを得ないところです。

借りる側の心構え

契約社員であることに憤りを感じる方もいると思います。日本は、必ずしも仕事ができる人が出世をする場所ではありません。それはとても残念なことです。しかし、いろんな意味で安定があるのは魅力の一つです。誰かと比べての幸福ではなく、自分はどうか?と考えられるともう少し豊かな気持ちで生活できるかもしれませんね。

難しい書類もなく、保証人や担保もなくてお金を貸してくれるシステムは「信頼」がなければ成り立たないものです。その現実には感謝ができれば、滞納もすることなく消費者金融からの信頼も受けられ、増額したい時には願いがかなう可能性もあります。

サラ金の時代から、街中で現金が貸してもらえるシステムは便利でしたが、さらに現代はインターネットで誰とも会わずに融資が受けられる時代です。当たり前のことに当たり前だと胡坐をかかず、自分の頭と心でいろんなことを考えられたら、みんなが当然だろ!というようなことにも感謝ができるのではないでしょうか。

誠実に生きることは、社会の中での信頼を勝ち取ることでもあります。なんでも謙虚にふるまうということではなく、不当なことには声を上げなければなりませんが、権利を主張するばかりの人になるということではない。このバランスが難しいかもしれませんが、自分の価値観がしっかりとある人にとっては何でもないことです。

あなたの中の良いと悪い、善と悪がはっきりしていれば、あなたを社会が放っておかないでしょう。価値観の中には、どうでもいい、グレーでいい、という部分も必要です。“その生き方を目指す“のではなく、自然とそうなるためには、何をすればいいのか?という疑問を常に考えながら生きることが大事だともいます。

【参考ページ】
派遣でも融資は受けられるという事を忘れずに

新着記事
ページトップへ