> > どうして消費者金融を利用するのか?その魅力について

どうして消費者金融を利用するのか?その魅力について

消費者金融の魅力がわからない気持ち。よくわかります。「融資」といえばプロパーだろう?消費者金融なんて邪道だ!と、社会の王道を生きてこられた方々らしいお考えの方もいらっしゃいますよね。特に、実直に生きてこられた方ならなおさらです。そんな人たちは、社会の中でも“きちんと生きる”ということを身を持って教えて下さる貴重な存在です。

しかし、どんな社会も変化の時は来ます。金融関係を取り巻く社会は2004年ごろから大きなうねりの中で試行錯誤をしていました。そして2010年、改正賃金業法が完全施行となり、銀行と消費者金融が提携しつつ、カードローンは裏街道のイメージから表の社会に認められ、本格的に動き始めたのです。

消費者金融は今や経団連の一因です。かつては少々抵抗していた経団連でしたが、もはや受け入れざるを得ない巨大な企業に成長した消費者金融なのです。ほんの少し前まで派手なCMでぼろ儲けをしているというイメージだった消費者金融ですが、その数年後過払い金請求で苦しめられ、そして今現在の銀行提携や傘下に入るという双方が手を取り合った形に仕上がりました。

提携をせず、単独で頑張っている大手消費者金融もあります。消費者金融は、無保証、無担保で借入が可能なカードローンですから、さまざまな消費者が自分に合う会社を選び、充実した日々のために幅広い人たちに利用されています。
(⇒無担保無保証で借りられる融資の魅力

消費者金融にはどんな魅力があるのか、魅力は無いのか、あなたご自身の目でお確かめ下さい。

消費者金融の魅力

消費者金融の最大の魅力はインターネット申込で実現が早まる「即日融資」
絶対今日、明日中にお金が要る!という時、一番頼りになるのは消費者金融です。インターネットからの申込みや契約が可能で、銀行より遅めの申込のスタートだったとしても、いち早い対応と融資にむけてダッシュしてくれる。

具体的な魅力

  • パソコン・ケータイ・スマートフォンから申込が可能
  • 審査の難易度が低め
  • 審査が早い
  • 審査から融資までも早い
  • 一定額までは身分証明証のみで契約が可能
  • 多種多様なプランが会社別で選べる
  • 上限金利が決まっている
  • 最高限度額が大きめ
  • 全国どこにでも利用可能なATMがある
代表的な消費者金融の簡単な詳細
会社名 最短審査時間 限度額 金利
アイフル 30分 500万円 4.7~18.0%
アコム 30分 500万円 4.7~18.0%
ノーローン 20分 300万円 4.9~18.0%
プロミス 30分 500万円 4.5~17.8%
モビット 30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 800万円 3.0~18.0%

ご覧のように、どの消費者金融も審査の最短時間が極端に早いのがお分かりだと思います。最短20分~30分ですから、申し込みをし、その場で待っていても結果がわかる早さですね。このフットワークの良さが消費者にとっては大きな魅力なのです。

さらに、金利ですが、銀行のカードローンの金利は低めという印象です。しかし、銀行によっては消費者金融と変わらない場合も多く、最高限度額を借り入れられれば銀行の方が断然お得という場合がありますが、ホンのおこずかい程度の借入ならどちらも変わらないというのが現実ではないでしょうか。

一般的に利用しがちな金額範囲の銀行と大差のない「金利」と「フットワークの良さ」、どちらをとるかは消費者の価値観次第です。人の心理は“人の目“で決まることも多く、自分自身の真の価値観を持つ人は少ないものです。

ある意味、“そうせざるを得ない状況”になってしまってからが本当の価値が見えることも多いのです。挫折が人を成長させるのはそのためだと思います。

身分証明証以外の提出書類が必要な金額

(この内容にかかわらず、身分証明証以外の提出書類を求められる方もいらっしゃいます。)

会社名 借入金額 提出書類
アイフル 50万円超または他社を含めた借入合計が100万円超の場合 源泉徴収票など(慎重審査)
アコム 50万円超または他社を含めた借入合計が100万円超の場合 源泉徴収票など
プロミス 50万円超または他社を含めた借入合計が100万円超の場合 源泉徴収票など
ノーローン 50万円超 源泉徴収票など
モビット 金額にかかわらず 源泉徴収票など

※モビットはweb完結の場合、在籍確認の代わりに身分証明書と収入を証明する書類の提出が必要となります。

源泉徴収用などが必要になるわけ

消費者金融の無担保・無保証人で融資可能という状況が消費者にとっては信じられないような素晴らしいシステムなのですが、借り入れる金額によって収入を証明する書類が必要になるのは、総量規制が関係しています。

消費者金融は、50万円以上の借入を希望し、その審査に通れば身分証明証以外に収入を証明するものを提出しなければなりません。それは、他社との借入合計が100万円に達する時も、超える時も同じです。

消費者金融は総量規制があり、年収の3分の1までの借入が可能です。それを超えての貸付は消費者金融が罰せられることになるため、定期的に消費者の年収をチェックしなければなりませんし、他社の借入もチェックしなければならないのです。

お金に関する管理は、忙しい方ほど大変です。そんな方々には総量規制が安心規制になるということですね。過去に借金依存に陥ったり、厳しい取り立てや高金利に悩まされていた消費者の事を考えると、自分が無防備だったとしても消費者金融の方から、「これ以上は貸せないよ」と教えてくれるのです。(参考ページはこちら→借りすぎでも融資審査に落ちる?

身分証明証とは

一般的に運転免許証のこと。運転免許証を持っていない方は、住民基本台帳カード・各種保険証・パスポート・在留カード・特別永住証明書・外国人登録証明証・公的証明書類(氏名、住所、生年月日、顔写真ありのもの)

その他 公共料金の領収証(NTT・電気・都市ガス・水道・NHK)・住民票の写し・印鑑証明書が必要になる方もいらっしゃいます。消費者金融によって、身分証明書として認めているものとそうでないものがあります。各会社にお問い合わせください。

収入を証明する書類とは
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分のものと直近1年間の賞与書明細書)

いずれかのコピー1部、最新分のものを用意する必要があります。また、会社によっては、公共料金の領収証(NTT・電気・都市ガス・水道・NHK)・住民票の写し・印鑑証明書が必要になります。

消費者金融の融資が早いわけ

インターネット契約が充実している。
消費者金融が長年の小口融資業務で構築したシステム。
瞬時に属性別に振り分け。
膨大な情報の中から、返済能力や融資額を決定。
融資を希望する消費者の心理を知り尽くしている。

さらに、消費者金融には貸金業法が適用されていることでもお分かりのように、銀行のような多種多様な業務を抱えていないため、貸金業務に専念できています。ですから、最短の時間で審査・融資ができる努力を日々重ねているのです。

会社別特徴

<アイフル>
アイフルの特徴は、とにかくどの世代の人でも、初めての利用でも初めてではない人でも親切にわかりやすく借入まで誘導してくれます。友人紹介キャンペーンをしている場合もあり、成約の場合は紹介者にクオカード10,000万円分プレゼント。

商品もキャッシングローン・かりかえMAX・おまとめMAX・事業サポートプラン・ワンポチッと・ファーストプレミアム カードローン・目的別ローン・レディースアイフルと品ぞろえ豊富です。

インターネットが消費者金融利用の代名詞のようになっていますが、アイフルも例外ではありません。しかし、ネット利用が苦手な方のためのサポートもしっかりしています。

郵便物の受け取りにも6種類の配送時間が選べ、申し込みくらいはネットでもいいけど、契約は不安…。という方のために、PCやスマートフォンからの契約書等の配送時間選択ができたりと、他の消費者金融とは一線を画しています。

アイフルは独自のスコアリングシステムによる与信のノウハウを当初から有しており、今でも銀行らとの提携をせず、独自経営で孤高の消費者金融として業界の中では有名です。

<アコム>
アコムには、初回限定無利息期間のキャンペーンが有名です。アコムに初めて申し込む方は申し込んだ翌日から30日間無利息でお金が借りられるというサービスです。このサービスの対象条件は、返済期日を35日ごとで契約された方に限られます。

30日以内で返済が完了すれば、無利息で借入が可能ですし、30日を超えた借入をしていても、30日までは無利息、その後の借入期間については通常金利がかかるというものです。たとえば10万円借入をした内、7万円まで無利息期間で返済できていれば、残金の3万円に通常金利がかかってくるというものですね。

ただし、アコムを契約して、借入が始まってからの30日ではありません。契約日の翌日から無利息日数のカウントは始まりますので、現金が明日必要だという前日に契約をされるのが一番無利息期間を満了できることになります。

<プロミス>
初回限定条件付き30日無利息(Eメールアドレス登録、ポイントサービス登録)WEB契約なら即日融資が可能!ネットでの契約は消費者にとってもかなり便利な上に、そのネット契約なら「即日融資可能」なのですから、願ったり叶ったりのカードローンです。

そして、初回申込の方限定でプロミスのポイントサービスに申し込んだ場合、「30日間無金利サービス」を行っています。プロミスのポイントサービスとは、プロミスのインターネット利用でポイントが貯まるというシステム。

プロミスでの申込や借入でポイントが貯まり、貯まったポイントは無利息サービスなどに利用できるというものです。ですから、ポイントサービスを利用すれば、初回の無金利が利用でき、さらにポイントをためて再び無金利サービスが受け入れられるという夢のサービスと言っても良いでしょう!

<ノーローン>
ノーローンの特徴といえば、借入から最初の1週間は無利息で融資をしてくれることです。さらに!1ヶ月に1度なら、何度でも毎月1回、1週間無利息なんです!もちろんネットからの申込みが即日融資のカギですし、24時間リアルタイムに利用可能なので多忙な方にも便利ですよ。

ノーローンはインターネットを生活の一部にしているような若者に人気です。その理由の一つに、選べるポイントコースがあり、楽天スーパーポイント・ネットマイルコースポイント・Gポイントコースの3つのコースが選べます。

楽天スーパーポイントは、楽天会員登録を利用して楽天の各サービスが利用できるものです。楽天のポイントは、1ポイント1円として楽天で利用できるため、日用品からお取り寄せまで、ネットでの買い物などを利用される方にはとっても嬉しいサービスです。

ネットマイルコースは350万人が参加する日本最大級のポンとサイトで、貯まったポイントは航空会社のマイレージや旅行、ギフト券などさまざまな特典との交換ができるため、生活のすべてのポイントをマイレージにしたい方や、マイレージを貯めてラウンジを利用する目標などがある方は、是非選びたいポイントですね。

Gポイントとは、Gポイントとして貯めたポイントを、さまざまなポイントに交換できるサービスです。インターネットを利用していると、“ポイント”というキーワードがたくさん出てきます。それをGポイントい絞っていくと、マイレージなども含む120社のポイントと交換できるすぐれものなんです。

120社の中の珍しいところでは、ユニセフを通じての寄付などもあり、「インターネットと消費者金融」の組み合わせは、「インターネットとお買い物」と同じテイストがあるのです。消費者金融は、現金という商品を売っているため、ネットを媒介すればポイントで消費者も得をするというものなのです。

消費者金融の人気の秘密

  • 手軽に利用ができる
  • 小口の融資専門なので気負わなくていい
  • 審査に通りやすい
  • 無利息期間がある
  • 誰にも見つからない短時間で全てが終わる

人は、誰にも見せたくない顔というものがあります。毎日幸せに生きるためには、自分の知っている自分と他人が知っている自分が多い方がコミュニケーションも問題が無い場合が多いですね。

しかし、他人を噂話のネタにして自分の心のバランスをとる人が多い時代です。その標的にならないためには、注意が必要なことは黙っていた方が自分の身を守ることにもつながります。そういう意味からも、「借金」は、短時間で秘密裏に進められる会社の方が人気が出るのですね。実際はその部分が焦点かもしれません。

消費者金融を必要とする人たち

  • 銀行融資が受けられない人
  • 融資を急いでいる人
  • 24時間ネットを利用している人
  • 借入を内緒にしたい人

人気だから利用することと必要としているから利用することは別物です。しかし今の消費者金融は両方の需要があるのですから、利用者が多いのも当然です。

消費者金融とネット社会

誰もがインターネットを駆使して生活するようになった今、さまざまなサービスはインターネットを介して行われるようになりました。今現在、社会を支えている人たちがリタイアした後は、ますますネット生活が当たり前になるでしょう。

そうなると、消費者金融も徐々にネット申し込みオンリーになりそうですね。さまざまなサービス業がネット利用を推奨するのは、経費削減にもつながるからです。消費者側も自宅に居ながら希望のサービスが受けられるのですから、こんなに便利なことはありません。(参考ページはこちら→今もネット申し込みは増えています

物事は二極の道を辿ることが多く、安くて量の多い食品が爆発的に人気の半面、高くても素材が良い食品もかなり売れています。その先にある理想的な未来は想像できますが、実際にどちらに傾くか、または傾かないかは誰にもわかりません。

インターネット社会は考える限り続きます。表に出て行かなければならない融資システムなら、こんなに消費者金融の人気が出たとは思えないのが正直なところです。やはり、自分の判断と自分の努力で完済までいけば、何もなかったことになりそうな消費者金融を利用しようとする人の心理が消費者金融を選ばせるのでしょう。

同時に、多忙な人の便利ツールになっていることもまた事実なのです。

消費者金融のこれから

銀行と消費者金融の垣根を超える時期が来るのではないでしょうか。それは、利用する消費者がイメージにとらわれなくなることが大きな要因だと思います。法律的な結果が出るかどうかは厳しい問題だと思います。しかし日本には、根っこは違っても同じように見えるというものは多く存在します。

幼い社会から成熟期へと入ると、自ずとどちらでもいいことというのは増えるものです。社会の成長も人一人の成長も同じです。もう、ホワイトカラーとブルーカラーを差別する社会も古いと言えるでしょう。

消費者金融を利用しているあなたを周りはどう見るかではなく、あなたが利用しやすく、あなたが利用したいのはどこか?ということです。そう考えられる人が世の中に一人でも増えると、もっと自由で幸せな社会になりますね。

新着記事
ページトップへ