> > 家族にばれないでカードローンを組む方法を厳選しました

家族にばれないでカードローンを組む方法を厳選しました

家族にばれないようにカードローン契約を結ぶのは、現代のインターネット利用であれば可能となっています。ただ、それ以外で家族にバレてしまうケースがあるというのを知っていないといけません。
(⇒ネット申し込みが盛んなカードローン

例えば、明細書などの発行がそうです。または、カードローンの通知書などを家族が見てしまってもバレてしまうケースが存在するのです。あからさまに隠してしまってもカードローンというのはバレやすくなる一方なので、適度にバレない方法を駆使してカードローンを継続利用しましょう。

また、基本的なカードローン利用をバレなくする方法や、現代流のカードローン利用をバレなくする方法については以下のとおりとなっています。特殊なものでもありませんので、多くの人が以下のバレない方法を用いるだけで恩恵を受けられるようにもなっています。

出来るだけ賢くカードローン利用をしたいという方は、良ければお役立てください。

バレてしまうパターンを知る

カードローン利用がバレてしまうパターンというのは、それほど多くありません。特に以下のような点だけは注意するようにしておきましょう。

契約書類に関する郵送は、必ず発生するようになっています。これはどこのカードローン業者でも同じとなっていますので、契約書類の存在でカードローン利用がバレるケースというのは非常に多いです。

どのようにして対応するのが一番なのかというと、これについてはネットで書類対応をできる業者を選択するのがベストです。例えば、モビットなどのサラリーマン金融であれば、このような対応をしてもらえるようになっているので、サラリーマン金融の利用についても検討しておいたほうがいいです。

連絡方法も簡単で、ネットからの申込の際に「通知は必要・不要」となっている項目で、ネットからのメールや電話などは不要にサインをしておくだけでいいです。このようにしておくと、毎月に受け取る書類量がかなり減るので、家族にばれないでカードローンを利用し続けることができます。

通知書類と業者名のサービス

あまり知られていませんが、業者名が入った通知書類が郵送されてくるケースは減っています。近年では、個人情報保護も踏まえて、個人情報が郵送書類であっても見えない工夫がされているので、到着した書類を破いてしまわない限りは、大事な情報を見られることもありません。

特に業者名についてはかなり工夫がされています。サラリーマン金融では顕著で、封筒のような形状のものが送られてくる際には、宛名などしか見えないようになっています。中に入っている書類についても半透明でしか見えません。

ただ、このサービスについては一部の大手サラリーマン金融しかしていないので、銀行と中小サラリーマン金融については対応していないケースもあります。なので、気になる人は予め業者に相談のメールを送り、対応の可否を検討しておいたほうがいいです。

非常にバレやすい条件

次のような条件を守って利用していない場合については、業者のサービス対応に関係なく、カードローンを利用しているのが家族にバレやすくなります。家族にばれないで利用したい場合は、特に気をつけておいたほうがいいでしょう。

  • 返済などが滞納している状態
  • 連絡先が個人の電話でなく固定電話になっている
  • 大手サラリーマン金融以外のサラリーマン金融の利用
  • 個人で金銭貸借を行っている業者の利用
  • 実店舗で契約を結びATM入出金も実店舗となっている
上記のような条件を満たしていると、非常にバレやすい状態となります。その理由ですが、カードローン業者から電話がかかってくるか、もしくは利用しているところを目撃されやすくなってしまうからです。

また、返済などが滞納している場合ですが、高確率で家族にカードローンしているのがバレてしまいます。その理由ですが、このような状態に陥った契約者に対しては、返済に関する督促状が別のハガキとして郵送されてくるようになっているからです。

こちらについては、白色のハガキで郵送されてくるケースもあるので、到着後に家族に見られた場合については、カードローン業者を利用しているのが一目瞭然となります。

さらに電話などが繋がらない状態が続くと、家族などにも電話がいったりしますので、返済などが面倒になってもカードローン業者に電話をしておくのは大事であったりします。

後、このような対応については大手サラリーマン金融がサービスの1つとして対応してくれているだけです。つまり、あまり聞いたこともないようなカードローン業者では同じような対応をしてくれない場合が多いので、返済や電話対応には注意しておかなければいけなかったりします。

毎月で届く利用明細について

カードローン利用しているのを家族にばれないようにしたいというのであれば、利用明細書には特に注意を払っておかないといけないです。利用明細書は毎月で郵送されてくるようになっているので、できる限りインターネットのみで対応が終わるように工夫しておきましょう。

今回のケースでは、予めカードローン業者に利用明細書についてはネットのみで対応して欲しい・・・と、連絡しておくだけで問題ありません。

基本的にインターネットで使えるアカウントを、カードローン契約と同時に作成してくれる業者であれば問題なく対応してくれます。また、インターネットで使えるアカウントの処理画面についてですが、項目については非常に少ないので操作は難しくありません。

利用明細書などの発送については、ヘルプ画面を見ながらでも要・不要の選択を適用できるようになっています。もし、どうしても見つけられないという場合には、カードローン業者と電話相談をしながらで設定するようにしましょう。

初回の契約のみ店舗で行う

カードローンをバレないで済ます方法ですが、実は実店舗をあえて利用するというのもバレないテクニックの1つとされています。

なぜ実店舗を使ったほうがいいのかというと、実店舗では契約時の書類やカードについては、その場で利用できるように発行してくれる(処理してくれる)ようになっているからです。

もし、インターネットなどで同じような対応をしてしまうと、後日に利用された書類関係については郵送されてくるようになっています。また、実店舗ではサービスも違っていますので、初心者が利用してみるとプラスになるようなメリットが多く発生する場合もあります。

例えば、実店舗では電話などを通じて契約ができるようになっているので、書類にどのような記入を行えばいいのかが簡単にわかります。インターネットでは最低限のヘルプが用意されているだけなので、わからない場合は毎回で業者と相談しないといけません。

次に、実店舗ではすぐにカードが発行されるので、融資をすぐに受けることができるのです。インターネットからの契約は、契約後にカードが郵送されるようになっているので、1・2日間ほどその時間でラグが発生する場合が多いとなっているのです。

インターネットは秘匿性が高い代わりに、不便と感じる部分もあるので必ずしも万能というわけではありません。

便利なTV窓口で契約

カードローンで有名な三菱東京UFJ銀行では、TV窓口が用意されていることでも有名です。

TV窓口とは、即座にカードローン発行できるようになっているサービスで、初心者が今では特に利用しているサービスとして有名です。どこのカードローン業者でも対応しているのではなく、主に三菱東京UFJ銀行のような大手銀行のみで対応しているのが特徴となっています。

TV窓口では、契約者と窓口相談スタッフとの間で契約が進行していきます。リアルタイムで契約についてのアドバイスがもらえるようになっているので、今では多くの初心者が利用しているというわけです。

また、プライバシーについても保護されるようになっているので、TV窓口については他の人から見られないような状態で利用できるようにもなっています。この方法でカードローン発行すると、他の審査手段よりも早い時間でカードを受け取ることができます。

大人気のWEB完結型契約

現代のカードローン契約というと、人気はWEB完結型カードローン契約に集中しているようになっています。その理由ですが、WEB完結型を利用しないとWEBのみで契約ができないようになっているからです。

インターネットを利用してカードローン契約をするというのは、今では誰もが知っている基本的な契約手段となっています。しかし、通常のインターネット利用の審査では、後になって業者から契約書類が郵送され、契約者は書類の必要項目に記入をして返送しないといけないようになっています。

つまり、WEB完結型を選択してインターネットでカードローン契約をしない限りは、基本的に書類などのやり取りがどうしても発生するとなっているのです。

WEB完結型はサラリーマン金融ではモビットが有名です。モビットは三井住友銀行グループとなっていますので、高い信用を誇っているだけでなく、さらに金利についてもサラリーマン金融では平均より低いとなっているので、初心者が高確率で使っている金融業者であったりもします。

もし、カードローンを利用しているのがばれない契約先で迷っている場合には、モビットを選択すればリスクについては最低に等しくなりますので、全金融業者の中でも特にオススメできる業者だったりします。

銀行とサラ金の比較

銀行とサラリーマン金融についてですが、比較をすると借りやすいのはサラリーマン金融となります。サラリーマン金融は審査そのものが甘くなっているので、どうしても審査についてはスムーズなものにしたいというのであれば、サラリーマン金融を選択しましょう。

サラリーマン金融は過去に過払い金返還請求騒動がありました。これは、金利などが規制されるようになってから発生した騒動で、サラリーマン金融では20%超の金利時代があったので、今ではその分で発生した過払い金については返還を求めて、訴えが発生している業者も多いとなっています。

これにより、中小サラリーマン金融などでは運営ができなくなるような業者も出てきました。大手サラリーマン金融であっても同じような被害に遭っているため、今では新規顧客開拓のために尽力している業者が多いのです。

減ってしまった契約者の再獲得を行っている状態のため、審査においてはあまり厳しい対応をとらなかったりします。借りられる金額は30万円前後で審査に受かるケースが多いとなっていますが、銀行のように何度審査しても受からないほど厳しくないのが魅力となっています。

銀行でもバレないカードローン

カードローンは、サラリーマン金融が推奨されやすいとなっています。やはり、利用しているのがバレにくいというのが大きいのでしょう。ですが、銀行を利用してカードローンしたとしてもバレにくくなる方法は存在します。

それは、銀行カードにローンを付帯させるというものです。

銀行カードとは、銀行の入出金・振込などにおいてキャッシュディスペンサーに通すカードです。主に個人の認証用で必要となっているのですが、通常ではカードローンなどは付帯されていない状態で発行されます。

ですが、現代の銀行は新規顧客を開拓するために、新しいサービスを積極的に導入しようと尽力しています。つまり、長く利用されている銀行カードであれば、場合によっては簡単な審査だけでローン可能なカードに早変わりするというわけです。

審査についても銀行の窓口で行えます。カード利用時には、通常の利用と同じでいいので、銀行カードを通常通りに利用して入出金されればいいだけとなっているのが最大の利点です。

一般的な利用と大差ないので、他人に見られたとしてもカードローンをしているようには見えません。また、銀行にはローンに関する連絡も行ってきませんので、申し込んだ後のリスクについても非常に低いとなっています。

ただ、現在利用されている銀行で過去にトラブルがあった場合には、審査で通りづらいケースもありえるので、なるべく長期で利用されているが、健全な利用のみで他の利用は存在しない場合に、銀行カードからのローン契約を検討しましょう。

カードローンとデザイン

誰でもそうですが、何かしらのキャッシュサービスを受ける際には、カードを提示しないといけません。クレジットカードなどが顕著ですが、その際にはクレジットカードを利用しているところを見られたりします。

しかし、今ではそのようなユーザーの意向についても反映されています。例えば、プロミスやレイクなどではサラリーマン金融のようなデザインなどは採用していません。プロミスのカードでは青色に記号が入力されているだけとなっているので、一般の人がちょっと見ただけではどこのカードなのかがわからないようになっています。

また、クレジットカードのようにカラーについては選べるものもありますし、近年ではアニメキャラクターや業者のマスコットキャラクターから、好きなデザインを選択できるようにもなっています。

子供向けデザインのものもあれば、大人向けデザインのものもあるので、デザイン1つで華やかなカードになるものまであります。このようにちょっとした工夫をするだけで、後ろめたさのないカード発行を金融業者では行えるようになっているのです。

銀行のメリット・デメリット

銀行カードローンについてですが、メリットもあればデメリットもあります。

例えば、メリットは金利が安いという点と、あまり電話などがかかってこない点です。これだけ見ると、家族にばれないでカードローンするのに最適かと思えますが、金利などは大きなメリットでもなかったりします。

というのも、銀行の金利は4.0~14.5%で多いとなっているからです。サラリーマン金融は4.5~18.0%で多いとなっているので、金利については上限金利の分で3.5%程度しか差がありません。

借りる金額が大きくなっていくと、最終的には銀行もサラリーマン金融も一緒なのです。ちなみに、上限金利で借りている場合で3.5%ほどの金利差がある場合ですが、20万円を1年間で返済という場合であっても7000円程度しか差がありません。月額では約600円の差となります。

つまり、銀行のメリットとはあまり電話などがかかってこない点のみとなります。将来的に大きなローンを検討されていないのであれば、初回のカードローンはサラリーマン金融でいいでしょう。

次にデメリットですが、銀行にはデメリットも複数御座います。例えば、銀行は審査スピードにムラがあります。1日以内で終わるところや3日程度かかるところがありますので、銀行でカードローン審査する際には審査期間の予定は確認しておきましょう。

他にも、審査が厳しいので職業によっては、審査通過とならない点もデメリットとなりやすいです。具体的には、夜のお仕事に就いている場合や低収入のアルバイトやパートに関しては、審査通過がかなり難しいと思っておいたほうがいいです。(参考ページはこちら→銀行融資は何故シビアなのか

無利息期間で損のないローン

現代では無利息期間ありのカードローンや、無利息キャッシングという名称で見かけるサービスですが、サラリーマン金融では積極的に導入されているサービスの1つです。

無利息とは、一定の日数(約30日間)か金額で利息が一切発生しないというサービスです。

今はサラリーマン金融について不安を感じているという人は、最初の利用は数万円程度としておくか、もしくは1ヶ月以内としておき利息がかかっていない状態で利用を控えるようにしてみましょう。

そうされるだけでも、無利息期間で損も無駄もないカードローンが可能となります。家族にばれないカードローンを考えるあまり、使いたくもない金融業者を選択するのはリスクもありますので愚策と言えます。

新着記事
ページトップへ