> > 審査が甘いカードローンはどこ?フリーターでも利用できるのか

審査が甘いカードローンはどこ?フリーターでも利用できるのか

最近は銀行が開いていなくても利用することができるカードローン。とても便利になっているので、カードを作っておきたい、と思う人も少なくない。しかし、利用するなら必ず審査に合格しなければならず、「審査が心配」という人もいるのではないかと思う。

利用したいけどなかなか審査に合格することができず、利用することができない。といった人もいるだろう。カードローンは複数の業者に申し込みすることはできるが、あまりしすぎるのも逆によくない。(参考ページはこちら→複数申し込みが招く事態

申し込みをするなら、ある程度期間をあけるか2から3社程度と数を抑えておくといいだろう。

検索してみるとわかるが、初めてカードローンに申し込みをして審査に落ちた。その後、別のところに申し込みをしてみたら審査に合格することができた。

といったことがあることも少なくない。これは審査の基準が厳しいところ・甘いところがある、ということなのだろうか。そうだとすると、審査の甘いところでお金を借りたいと思う人も多いのだろう。

では、審査の甘いところはどのような人が利用することができるのか。アルバイトやパートで生計を立てている「フリーター」でも契約することが可能なのか。気になる人もいるのではないだろうか。

  • 審査が甘いところはどこなのか?
  • カードローンはフリーターでも利用することができるのか?

紹介していきたいと思う。

審査が甘いカードローンはどこ?

カードローンを扱っているところは銀行だけでなく、消費者金融や最近では信販系でも扱っているところがある。(参考ページはこちら→どんなところでお金を借りられるの?

  • 銀行
  • 消費者金融
  • 信販

どこの系列が審査で合格しやすいのだろうか。ネットなどで検索したことがあるのなら、わかる人もいると思うが、「消費者金融」は審査が甘く通りやすい。とか言われている。

銀行では審査に合格できなかったが、消費者金融のカードローンなら合格することができた、などと書いてあることもよく見かけることもある。銀行は金利も低く、支払う時の利息がそんなにつかないから、まずは銀行系のカードローンを検討してみるといい。

銀行で借りられなかった場合、または借りられないと思ったなら審査の甘い消費者金融を利用するようにするといいだろう。

フリーターでも利用できるのか?

審査の甘いところは消費者金融と紹介してきた。では消費者金融でフリーターでもカードローンを利用することはできるのだろうか?ちなみに以下のようなところが存在している。

  • アコム
  • アイフル
  • モビット
  • プロミス

上記のところは大手なのでWeb上に公式サイトも存在している。申し込みの対象者や対象年齢、詳細などは公式サイトでも確認することができるのだ。

消費者金融名 フリーターも利用できる? その他
アコム 利用できる 派遣もOK

ちょっと調べてみたが、カードローンを扱っているところはアコムで、アルバイトやパートの人でも利用することができるようになっている。そのほかのところではフリーローンやキャッシングローンなどといった名前が付いている。

フリーローンについては利用用途が特に決められていない、というところではカードローンに似ているが、正確には違うもののようだ。詳しく違いを知りたいのであれば調べてみるのもいいだろう。

フリーローンは利用できる?

カードローンと似ているフリーローンやキャッシングローンなどについて。このローンはアルバイトやパートといったフリーターでも利用することができるのだろうか。ちょっと調べてみた。

消費者金融名 フリーターも利用できる?
アイフル 利用できる
モビット 利用できる
プロミス 利用できる

上記のところすべてで利用することが可能だ。正確にはカードローンとフリーローンなどは、違うようだが、フリーターでも消費者金融でお金を借りることはできるようになっている。どこを利用するかは自分の自由だから、詳細を一度よく調べてから決めるのもいいだろう。

銀行系カードローンなら?

消費者金融のカードローン・フリーローンでならフリーターでも利用することができることがわかった。では銀行系だったらどうなのだろうか。審査が厳しいとか言われているから、フリーターだとやはり借入が厳しいイメージがある。

銀行系のカードローンと言えば、以下のようなところが大手で聞いたことがあるだろう。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン

最近は上記のような銀行でも、「即日融資に対応してくれる」ようになっていて、本当に便利だ。銀行系は即日融資もできないようなイメージがあるかもしれないがそうではないようす。肝心のフリーターでも利用できるか?についてだが、公式サイトで確認してみた。

消費者金融名 フリーターも利用できる?
三井住友銀行カードローン 利用できる
三菱東京UFJ銀行カードローン 利用できる

どちらもアルバイトなどをしているフリーターでも利用することができるようだ。カードローンを利用する場合は、基本的には自信に安定した収入がある、ということが条件になっている。

フリーターで「安定した収入」に自信があるなら、申し込みしてみるといいだろう。

アルバイトでも利用できるのか?これは公式サイトのカードローンのページにも載っているが、よくある質問に書いてあることもある。利用する前にフリーターでも利用できるのか、心配なら自身でもよくある質問などを確認しておくようにしよう。

フリーターのカードローン審査

フリーターでもカードローンを利用することは可能だ。もちろん審査に合格する必要があるのだが。アルバイトなどフリーターの人はお金を借りるときの審査で不利。と言われているようだ。

収入が低かったり、勤務年数が短かったりすると審査で不合格となることもある。また他社からの借り入れ状況によっても審査の結果が変わってくる。カードローンを利用する前に、自分のこともよく見直しておかないと後で痛い目を見ることになる。

銀行や消費者金融の公式サイトには具体的に年収が○○円以上必要と、と書いてあることは少なく、正確にどのくらい必要なのか?答えるのは難しい。カードローンを利用する場合「安定した収入」が必要だから、毎月一定の給料をもらっているなら審査に通る可能性もあるだろう。

また勤務年数は長ければ長いほど審査で有利になる。1年以上の勤務年数があるのなら勤務年数についての問題もないだろう。カードローンを利用できるかどうかは、審査を行ってもらわないとわからない。勤務年数が1年未満だったとしても借りられる場合ももちろんあり得る。

最近では公式サイトで仮審査を受けることもできるから、「フリーターで審査が心配」ということなら一度受けてみるといいだろう。

利用するときに注意すること

フリーターでカードローンを利用するときに注意しておきたいこともある。まあフリーターに限らずなのだが。

カードローンには総量規制というものがあって、借り入れできる額に制限がかかることがあるのだ。どのくらいまで?というと、「年収の3分の1まで」の借入しかできないようになっていて、人それぞれ借り入れできる最高額は変わってくる。

たとえばフリーターの年収が150万だったとしよう。そうなると、総量規制がかかり150万の3分の1、つまり50万円しか借り入れができない、ということになるのだ。自分の年収はわかると思うから、最大でどのくらい借りられるのか、確認しておくといいだろう。

規制があるとはいえ、カードローンで限界まで借りられるということは少ないようだ。フリーターだと、正社員よりも年収が少ないことがほとんど。借りられる額もそれに比例して少なくなってくるから、あまり多額の借り入れには期待することができない、ということも覚えておくといい。

ちなみにこの規制は銀行系には適応されない。ここでも紹介した

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン

といったカードローンなら年収の3分の1を超えて借り入れすることが可能だ。ただ3分の1を超えてくると、返済も大変になってくるようだから、借り過ぎには注意が必要といえる。

お金の借り過ぎには注意するようにしよう。

フリーターでカードローンを利用

正社員でなくても最近のカードローンは利用することは可能で、お金に困ったときなどに借入することが可能だ。銀行系でも消費者金融系でも利用することができる。もちろん審査では不合格になってしまうこともあるから、必ず利用できるという保証は残念ながらない。

銀行系と消費者金融系、どちらが審査に通りやすいかというと、「消費者金融系」と言われている。できるだけ高い確率で借り入れを行いたいのであれば、まずは消費者金融を利用してみるといいだろう。もちろんフリーターでも利用可能なところに。

消費者金融

  • アコム
  • アイフル
  • モビット
  • プロミス

逆に銀行系は審査が厳しい分、金利が低く設定されていることが多く、返済するときに利息を安く済ませることが可能だ。できるだけ金利・利息を抑えたいのであれば、審査が厳しいが銀行系カードローンの利用を検討してみるといいだろう。

銀行系カードローン

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン

カードローンを利用する前に行われる審査では、自分の情報が審査され、しっかり返済を行ってくれる人なのか?審査することになる。勤務年数や安定した収入はあるのか?といった情報も重要になってくる。利用する前に、一度自分の収入や勤務年数といった情報をよく見直してみるのもいいだろう。

借入できる額は、自分の年収・収入によって変わるのだが、消費者金融の場合だと年収の3分の1までしか借入することができないようになっている。年収が低い人の場合だと、借入できる最大の額が低くなることもあるから注意も必要だ。

銀行系は年収の3分の1以上を借入することは可能だが、調子に乗って借り過ぎてしまうと、返済がかなり大変になり遅延してしまう、ということが起こることが少なくない。カードローンなどで多額を借りられるのは魅力的だし、お金に困ったときにはうれしいが、後々のことを考えると借り過ぎも考え物だといえる。

お金はできるなら借りないほうがよいのだが、万が一借りるのであれば期日までに返済できる範囲で、無理なく返済できる額を見極めて借りるようにしよう。
新着記事
ページトップへ