> > ニートでも借りられる!?三菱東京ufjのキャッシング

ニートでも借りられる!?三菱東京ufjのキャッシング

自称ニートの人が三菱東京UFJ銀行でキャッシングをしようとしたらどうなるのでしょうか。ここではニートの定義から、三菱東京UFJ銀行についてまとめてみましたので、参考になさってください。

ニートとは

ニートという言葉、よく聞きますが、正確な定義は理解しているでしょうか。ニートとは簡単に言うと「働いていない人」のことになります。学生のように教育を受けている人ではなく、就職活動などをおこなっていても、仕事をしていない人のことを総称してニートと呼んでいます。

ただ、就職活動をしていないからいといって、「働く意欲がない人」というわけではなく、働く意欲はあっても仕事をしていない人のことを指しているようです。年齢は15歳~34歳までで、病気療養中、介護のために離職した人、ボランティア活動中の人なども含まれ、収入を得ていない人のことをニートと呼んでいるようですね。

三菱東京UFJ銀行とは

三菱東京UFJ銀行といえば、誰もが知りうる日本の最大メガバンクのことですよね。銀行なので、預金はもとより、お金を借りるための商品もたくさん用意されています。さらに、2008年に消費者金融のアコムを三菱東京フィナンシャルグループの傘下に取り入れることで、消費者金融のノウハウを持った銀行キャッシングができあがったことになります。
(⇒銀行キャッシングの基本的な性能

三菱東京UFJ銀行でのキャッシングといえば、「バンクイック」というカードローンが有名でしょう。ここでは、三菱東京UFJ銀行のバンクイックについての詳細をまとめてみました。

  • 三菱東京UFJ銀行バンクイックのメリット
  • 申し込みの手順
  • 申し込み時間
  • 申し込みの条件
  • 契約時に必要なもの
  • 借り入れる方法
  • 返済方法

バンクイックのメリット

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックのメリットとは、何といっても銀行系のカードローンなため、総量規制の対象外というのがポイントでしょう。融資額の上限が年収の1/3以上可能ということと、金利が低いということでしょうね。さらには、消費者金融であるアコムのノウハウを取り入れているので、銀行なのに即日融資が可能であること、審査も柔軟に対応してくれる、などのメリットがあります。以下にまとめてみました。
・即日融資可能
・最短30分で審査完了
・3秒で完了する借入れ診断あり
・最大融資額500万円
・金利は4.6%~14.6%
・融資額が100万円までなら収入証明書不要
・三菱東京UFJ銀行に口座がなくても可能
・返済シミュレーションあり
・借入れは1,000円単位で可能

申し込みの手順

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックを申し込むためにはどうすればいいのでしょうか。申し込む手順としていくつかあるので、順番にご紹介します。(参考ページはこちら→融資申し込みの方法について

■ インターネットで申し込む
審査結果をすぐに知りたい人や、即日融資を希望している人におすすめなのが、インターネットからの申し込みです。インターネットから申し込むと、最短30分で審査結果が返ってきます。審査結果は、メールまたは電話にての回答となります。審査結果がでたら、近くの三菱東京UFJ銀行内にあるテレビ窓口にて契約手続きをおこない、カードを受け取ります。受け取りの際は、身分証明書が必要となります。カードを受け取ったらそのままATMにて借入れが可能です。

■ テレビ窓口で申し込む
申し込みからカードの受け取りまで一度に済ませてしまいたい人は、三菱東京UFJ銀行内にあるテレビ窓口へ直接足を運ぶのがおすすめです。テレビ窓口での審査は最短40分で、審査に通ればその場で契約手続きをおこない、カードを受け取ることができます。カードの受け取りには、身分証明書が必要となります。そのままカードを使ってATMで借り入れることが可能です。
■ 電話で申し込む
電話は毎日申し込みが可能です。(平日は9:00~21:00、土日祝日は9:00~17:00)
まずは、「0120-959-999」へ電話をかけて、オペレーターに従ってください。審査結果は、電話または郵送にて連絡があります。契約手続きは、近くの三菱東京UFJ銀行内にあるテレビ窓口まで行くか、FAXで必要書類を送付後、郵送(簡易書留)でカードを受け取ることが可能です。
■ 郵送で申し込む
利用申込書をインターネットからダウンロードするか、FAXにて書類を取り寄せます。(FAX:0120-46-5919)
申し込みの際に、テレビ窓口もしくは郵送のどちらにするか、受け取り方法を指定します。審査結果は、電話または郵送で回答があります。契約手続きは、FAXまたは近くの三菱東京UFJ銀行内にあるテレビ窓口で行います。カードの受け取りは、郵送(簡易書留)か、テレビ窓口での受け取りとなります。

申し込み時間

バンクイックを申し込むための受付時間は、インターネット、もしくはモバイルであれば365日24時間受付可能です。テレビ窓口は、平日9:00~21:00、土祝日10:00~18:00、日曜日10:00~17:00です。電話での受付は、平日9:00~21:00、土日祝日9:00~17:00なので、きちんと調べてから申し込むようにしましょう。

申し込みの条件

申し込むための条件というものがあります。国内に住んでいる人で、年齢は20歳~65歳未満の人が対象となります。原則、安定した収入がある人が条件ですが、学生や収入がなくても配偶者に安定した収入のある人であれば申し込むことは可能です。
(⇒融資の年齢制限には特に注意

契約時に必要なもの

契約の際に必要なものは、本人を確認するためのもの(運転免許証・パスポート・健康保険証など)と、融資額が100万円を超える人は、収入を証明するための書類が必要です。収入証明書とは、源泉徴収票・確定申告の書類・給与明細などです。融資額が100万円以下の人は、収入証明書の提出は不要です。

借り入れる方法

借入れは、三菱東京UFJ銀行のATMはもちろんのこと、提携しているコンビニATMでも利用可能です。
提携しているコンビニは、「セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート」で、嬉しいことに利用手数料は0円です。利用できる時間帯は、各コンビニのATMによって違ってくるので注意してください。ちなみに、1日に借入れできる金額は、最大50万円となります。

返済方法

返済方法は、指定の口座から自動で引き落とされる方法と、ATMから返済する方法があります。自動引き落としは別途手続きが必要です。ATMからの返済は、三菱東京UFJ銀行のATMもしくは提携しているコンビニのATMから可能で、利用手数料は0円です。提携コンビニは、「セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート」です。

ちなみに、返済を忘れがちな人は、会員ページから登録すると、返済の3日前にメールで知らせてくれるサービスがあります。返済が遅れてしまうと、遅延損害金が発生するので、忘れずに返済するようにしましょう。

ニートは三菱東京UFJ銀行でキャッシンクできるか

ニートの定義と、三菱東京UFJ銀行のことは理解できたかと思いますが、ここからが本題ですね。さて、ニートの人は三菱東京銀行でキャッシングできるのでしょうか。そのまま考えると、ニートというだけではキャッシングは難しいといってもいいでしょうね。三菱東京UFJ銀行の条件は「安定した収入がある人」ですから、仕事をしていないニートは条件から外れることになります。

ただし、ニートといっても以下の条件を満たしている人であれば、三菱東京UFJ銀行でキャッシングを受けられる可能性があることは事実です。ニートにどのような条件があれば可能なのでしょうか。以下にまとめてみました。

  • 配偶者に安定した収入がある
  • 家賃収入がある
  • 不動産を所持している

配偶者に安定した収入がある

本人はニートですが、同居している家族に安定した収入がある場合は、キャッシングできる可能性があります。消費者金融は、総量規制の対象となっているため、借入れをおこなう本人自身に収入がなければ融資することはできませんが、銀行でのキャッシングは、家族収入としてみてくれるため、配偶者の収入も加味してくれます。

ただし、あくまでも配偶者の収入を元に融資してくれるわけなので、高額な融資を期待してはいけません。本人に収入がない場合は、最高でも30万円程度だと考えておきましょう。もちろん、きちんと返済をしなければ配偶者に迷惑をかけてしまうので、お忘れなく。

家賃収入などがある

例えば、働いていないけれど、家賃収入や駐車場収入など、定期的な収入がある人は融資してくれる可能性大です。家賃収入を「安定した収入」としてみてくれるかどうかは、金融機関によるので、三菱東京UFJ銀行に相談することをおすすめします。

不動産を所持している

不動産を所持している場合は、不動産を担保に借り入れることが可能です。三菱東京UFJ銀行は、特にこの不動産担保での評判がずば抜けて良いようです。不動産を担保に借入れをおこなって、返済ができなかった場合は不動産が差し押さえられてしまうので注意してください。特に、現在住んでいる不動産を担保にお金を借りるというのは慎重におこなってくださいね。

ニートのキャッシング

以上のように、ニートといっても別口で収入がある人であれば、三菱東京UFJ銀行でのキャッシングは可能でしょう。逆に、別口で収入もない、働いていないので安定した収入もない、という人は、ちょっとどころかかなり厳しいと思ってください。

収入がないということは、三菱東京UFJ銀行としても「どうやって返済するの?」というのがまず頭に浮かぶはずです。三菱東京UFJ銀行からしたら、収入がない人に貸すということはかなり危険なわけですよね。どんなに「必ず返します」と、口で言ったところで信頼してもらえるはずもありません。やはり、お金を借りるときには、きちんと働いて収入を得るようになってからにしたほうがいいでしょう。

例えば、どうしても働けないという場合以外は、アルバイトからでもいいので働くことをおすすめしますよ。毎日でなくても構いません。週に1日からでもいいので、働くクセをつけてみてください。自分で収入が得られれば、キャッシングをしなくても済むかもしれませんし、キャッシングをするとしても、働いてさえいれば堂々と申し込むことができるはずです。一日でも早く「ニート」から脱却することを願っています。

新着記事
ページトップへ