> > ブラックでも融資してもらえる銀行系カードローン

ブラックでも融資してもらえる銀行系カードローン

一度ブラックに陥ってしまうと、なかなか抜け出すことは厳しいものですよね。さらに、ブラックになった人というのは返済するためのお金がない人が多く、そのために借入れを希望しているがいるのは事実です。そんなブラックになってしまった人に融資してくれる銀行系のカードローンはあるのでしょうか。ここでは、ブラックの人と銀行系カードローンについてまとめてみました。

ブラックとは

ブラックとはいったいどういう人のことを言うのでしょうか。「お金を借りたのに返済していない」「返済期日を守らない」「クレジットカードの支払いを滞る」など、お金に関してだらしない人、約束を守らない人のことを総称して「ブラック」と呼んでいます。
(⇒延滞こそがブラックの最たる原因

「ブラック」というのは、金融機関業界の中ではあくまでも通称であって、正式名称ではありません。正式には「金融事故を起こした人」というふうに呼ばれていることが多いようです。

ただし、「これをやったら確実にブラック入り」という明確な定義があるわけではありません。ブラックになるかどうかは、各金融機関がそれぞれの判断基準で決めることなので、自分で判断するのはなかなか難しいことだと言えるでしょう。

自分はブラックなの

例えば、返済が何度か遅れてしまった場合、「もしかして自分はブラック?」と、心配になったとしても金融機関は教えてくれません。この、ブラックかどうかというのは、個人の指定信用情報機関に登録されているものなので、どうしても知りたい場合は、自分で指定信用情報機関に開示請求をして確認するしかありません。

指定信用情報機関とは

個人の指定信用情報機関とは、各金融機関が加盟して作られている「お金に関する個人の情報機関」ということになります。指定信用情報機関に加盟している金融機関であれば誰でも確認することができるため、融資の審査時にチェックされるところだと思っていいでしょう。

自分が借入れをおこなった金融機関が加盟しているかどうかは、指定信用情報機関のホームページで確認することができます。「加盟会員検索」のページに加盟している金融機関の一覧が表示されます。実際には検索するまでもなく、ほとんどの金融機関は加盟しているといってもいいでしょう。

この指定信用情報機関には、融資に関するすべての情報が登録されていると思ってください。「クレジットカードを作成」「カードの限度額」「キャッシング、カードローンの状況」「返済状況」など、お金にまつわることすべてが登録されています。すなわち、その人がいつお金を借りて、どこまで返済しているのか、返済はきちんとされているのか、など金融機関にはすべてお見通しということになります。

申込の際にウソの記述をしたとしても、この指定信用情報機関があるため、必ずバレてしまうわけですね。これを知らないで、ウソの記述をしてしまうと、審査に通らないばかりか、「ウソをついて申請した」という情報まで登録されてしまうので、さらに×が増えてしまう結果になってしまいます。「ウソをついてはいけいない」というのはこういう理由があるからだと覚えておいたほうがいいでしょう。

個人の指定信用情報機関に自分がどのように登録されているのか、開示する場合、いくつかの方法があるので以下で紹介したいと思います。

  • パソコンで開示請求する
  • 携帯電話で開示請求する
  • 郵送で開示請求する
  • 窓口で開示請求する

パソコンで開示請求する

パソコンができる人であれば、即時に開示することができ早くておすすめの方法です。費用はクレジットカード一括払いで1,000円です。毎日8:00~21:00まで利用可能です。

■ パソコンで開示請求する手順
1. 0570-021-717に電話をかけて受付番号を取得
(クレジットカード会社に届けている番号の固定電話・携帯電話を使用)
2. 電話をかけてから1時間以内にパソコンからお客様情報を入力
3. PDFでの開示報告書をダウンロード

携帯電話で開示請求する

クレジットカード会社に登録してある電話番号の携帯電話を利用する方法です。スマホからは利用できませんので注意してください。費用はクレジットカード一括払いで1,000円です。毎日8:00~21:00まで利用可能です。

■ 携帯電話で開示請求する手順
1. 0570-021-717に電話をかけて受付番号を取得
(クレジットカード会社に届けている番号の固定電話・携帯電話を使用)
2. 取得した受付番号を携帯電話から入力
3. 携帯電話の画面で開示情報を確認

郵送で開示請求する

開示請求のための申込書・本人確認のための書類・手数料(定額小為替証書)を郵便で送付します。指定信用情報機関に到着後、約10日前後で開示報告書が届きます。手数料は、ゆうちょ銀行で発行している1,000円の提携小為替証書となります。

■ 郵送で開示請求する手順
1. 必要書類をPCからダウンロード、または取り寄せも可能(0570-666-414)
2. 手数料1,000円の提携小為替証書、必要書類を以下の住所に郵送
〒160-8375
東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15F
株式会社シー・アイ・シー 首都圏開示相談室 宛
3. 約10日前後で開示報告書が到着

窓口で開示請求する

近くに指定信用情報機関の窓口がある人には、早くて便利な方法です。窓口は平日の10:00~16:00(12:00~13:00は昼休み)です。手数料は現金500円で、他の請求方法にくらべて一番安く済みます。必要な手続きが済み次第窓口にて開示となります。

■ 窓口で開示請求する手順
1. 必要書類と本人確認書を指定信用情報機関の窓口へ提出
2. タッチパネルにて本人確認後、申し込みを受け付け
3. そのまま窓口で開示報告書を受け取る

指定信用情報機関について

指定信用情報機関に登録されるということは理解したと思いますが、この情報いったいいつまで登録されているのか、内容を削除してもらえないのか、などさまざまな疑問があると思います。ここでは、いくつかの想定集から回答していきます。

個人の情報はいつまで登録されているの

指定信用情報機関に登録されている個人情報ですが、約5年程度で抹消されるとされています。すなわち、金融事故を起こしてしまったら、5年間はおとなしくしておいたほうが無難でしょうね。ただこの5年というのも「絶対」ではありません。子の期限についても金融機関によって違ってくるので、5年経って本当に抹消されたかどうかを再度確認してから、次の行動に移ったほうがいいでしょう。

登録されている自分の情報を削除したい

指定信用情報機関に登録されている自分の情報を、削除することはできるのでしょうか。登録内容が事実であれば個人で削除することはできません。この指定信用情報機関というのは、個人が登録や削除をおこなうものではなく、あくまでも金融機関の判断で実施されます。登録内容が事実無根であれば、金融機関に問い合わせて削除することは可能です。

借入れできない理由を知りたい

例えば、金融機関で審査に通らなかったとして、指定信用情報機関に問い合わせても理由はわかりませんので注意してください。指定信用情報機関というのはあくまでも金融機関から依頼を受けて、登録作業をおこなっている機関なので、詳細な内容までは把握していません。理由を知りたいのであれば、融資を依頼した金融機関に問い合わせるべきでしょう。

登録されている内容とは

指定信用情報機関に登録されている内容は、個人情報に加え、融資を申し込んだ日、内容、金額、返済回数、返済金額、返済状況などです。もちろん、審査落ちした情報なども登録されています。内容に関しては金融機関によっても若干違ってくるでしょうが、お金に関することすべてが登録されていると思っていていいでしょう。

銀行系カードローンとは

お金を借りようと思ったとき、消費者金融を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。確かに、消費者金融はお手軽で審査も柔軟というイメージがありますよね。実際その通りで、比較的敷居が低く初めてお金を借りる場所として定着しているのは確かでしょう。

では、銀行系のカードローンはどうなのでしょうか。銀行と聞くと、少しお堅いイメージがあって、やはり敷居が高く、なかなか手がだせないイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。ひと昔まえは確かにそういうイメージがあったでしょうが、最近の銀行は消費者金融と同じような感じで、お手軽にお金を借りられるようになってきています。

銀行でお手軽に融資を受けられるようになった背景には、消費者金融への総量規制が関係しています。元々消費者金融では融資額に条件は設けられていませんでしたが、2010年に貸金業に対して「融資できる上限は年収の1/3まで」という法律が制定されたため、年収の1/3以上の融資を希望している人は、消費者金融から借入れができなくなってしまったんですね。

借入れができなくなった人はどうするかというと、銀行系から融資を受けるしかなくなったわけですよ。そのため、銀行系も消費者金融並みに力を入れてきたというわけですね。敷居をどんどん低くして、サービスを充実させた結果、消費者金融のような借入れができるようになった、ということになります。お手軽なのはもちろんのこと、審査も限りなく柔軟にして、スピードもでてくるようになりましたね。

ただし、いくら銀行がお手軽になったからといって、誰でも借入れができるというわけではありません。審査が柔軟になったとはいえ、やはりそこは銀行です。審査に関してはきちんとやっているはずです。そのため、限りなくブラックに近い人が銀行系のカードローンで申し込んだ場合、どうなるでしょうか。ここでは、ブラックの人と銀行系カードローンについて考えていきたいと思います。

審査の緩い銀行系カードローン

審査の緩い銀行系カードローンなんてあるのでしょうか。確かに、巷で「○○銀行は審査が緩い」「ブラックでも審査通過した」なんて声をたまに聞きますが、本当にそうなのでしょうか。そもそも本人が「自分はブラックだ」と思っていても、実際は指定信用情報機関に記載されていなかったのかもしれませんよね。指定信用情報機関に記載する内容というのは、各金融機関が決めた基準で決まっているため、自分が思っていることとは違う可能性があります。逆もしかりで、自分ではブラックのつもりじゃなかったのに、ブラック登録になっているということもあり得るわけです。こればっかりは、金融機関でないとわからないということですよね。

とはいっても、確かに審査を緩くしてくれている銀行があるのは確かなようです。見極め方は、「専業主婦でも融資可能」となっていたり、「○○万円以下の融資は収入証明書の提出が不要」となっているところが比較的緩い傾向にあるようですね。世間一般で、比較的審査が緩めだと噂されている、銀行系カードローンは以下の通りです。

楽天銀行カードローン
・インターネット専用銀行
・融資額は最大500万円
・融資額300万円までは収入証明書不要
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大50万円)
・さまざまなキャンペーンあり(金利半額、ポイントプレゼントなど)
イオン銀行カードローンBIG
・融資額は最大800万円
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大50万円)
・融資額300万円までは収入証明書不要
三菱東京UFJ銀行バンクイック
・融資額は最大500万円
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大30万円)
・融資額100万円までは収入証明書不要
みずほ銀行カードローン
・融資額は最大1,000万円
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大30万円)
・融資額200万円までは収入証明書不要

ブラックでも融資可能な銀行系カードローンはあるの

比較的審査が緩い銀行はわかったけれど、実際ブラックの人でも通るのか、ということですよね。こればっかりは各銀行の判断なので、ここでは何とも言えませんが、確実にブラック登録されているのであれば、銀行系のカードローンを利用するのは難しいと言ってもいいでしょうね。銀行系に限らず、消費者金融でも難しいと思いますよ。

「ブラックでも借入れできた!」というサイトをたまに見かけますが、実際はかなり可能性が低いと思ってください。仮に借入れできた人がいたとしたら、運が良かったのか、はたまた運が悪かったのかはわかりませんが、滅多にない偶然だったということでしょうね。ブラックの人というのは、たいていが借金を抱えている人なので、さらに借入れができたのは運が良いというより、悪かったのでは・・と思ってしまいます。

実際、ブラックの人が借入れできる場所といえば、いわゆる「ヤミ金」になってしまうでしょう。ヤミ金というのは貸金業に登録せず、無許可で運営している機関が多いのが事実です。国に貸金業の届け出をしていないということは、違法な金利をふっかけてきたり、それこそヤクザまがいの暴力的な取り立てで追い詰める場合があるので注意してください。(参考ページはこちら→闇金を使ってはいけない理由は多数

ブラックと銀行系カードローン

ブラックの人がどうしても銀行系カードローンを申し込みたい場合ですが、手当り次第に次々と申し込むのだけは避けましょう。申し込んで審査に落ちてしまったら、その情報が指定信用情報機関に登録されてしまうので、ブラックに加え、どんどんマイナス情報が登録されてしまいます。

何も考えずに申し込むのではなく、銀行の窓口へ直接赴き、担当者に相談することをおすすめします。自分の今の状況を正直に話して相談するべきでしょう。銀行の担当者も人間なので、顔を突き合わせて困っていることを相談されたら、何とかしてあげたいと思うのが心情です。書類上では審査落ちするような内容でも、直接話しをすることで解決の糸口が見つかることはよくあります。担当者からお墨付きをもらったら、そこではじめて申し込むというのもひとつの手ですよ。

もちろん相談したからといって、必ず解決するわけではありません。ブラックというレッテルを貼られた人にとって、銀行での新たな融資は非常に厳しいものだと理解した上で相談しましょう。確率は低いかもしれませんが、ここは人間同士の心理を突くという作戦ですね。とにかく相手の心をつかむのが大事ですよ。

相談に行くときは、見た目の印象も大事です。みすぼらしい恰好や、逆に華美な恰好は避けて、清潔を心がけて心証を良くしましょう。あまりにもみすぼらしいと、「そんなにお金に困っているのかな」と思われてしまいますし、華美な恰好は「お金を散財しているのではないか」と、見られてしまうので注意してくださいね。

ブラックになってしまった人へ

ブラックになってしまったら、お金のことが頭から離れないと思います。考えてもお金が降ってくるわけではないので、第一に考えないといけないのは「少しでもお金を稼ぐ」ということですよ。お金に困ったから「お金を借りる」という考えではなく、「働いて稼ぐ」ことに考えをシフトしてください。

正社員で働いていて、定期的に収入がある人は、できる限りを返済に回すようにしてください。ちょっとの間、無駄な買い物や遊ぶことは我慢しましょう。定期的な収入がない人は、少しでも働くことを考えてください。今は日雇いのアルバイトはたくさんあります。日雇いというと、工事現場などの体力的にきつい仕事のイメージがありますが、最近では倉庫内の仕分けや、誰でも簡単にできる仕事がたくさんあります。

しかも日払いや週払いが可能なので、とにかく急いでお金が必要な人はチャレンジしてみてはいかがですか。そして、手にしたお金はできる限り返済にまわしてくださいね。返済が終わったら、銀行系のカードローンでの借入れができる可能性がかなり高くなります。まずは「今ある借金を片付けてしまう」ということに尽きるのではないでしょうか。
(⇒融資審査に通る基準とは?

新着記事
ページトップへ