> > 専業主婦でも借りられる審査の甘いキャッシングはここ!

専業主婦でも借りられる審査の甘いキャッシングはここ!

自身に収入のない専業主婦の人は世の中にたくさんいますが、そんな専業主婦でも突然お金が必要になるときってありますよね。お金を借りたいと思っても専業主婦で収入がないから無理だとあきらめていませんか!収入のない専業主婦だってキャッシングは可能なんですよ。ここでは専業主婦のキャッシングについて考えてみたいと思います。

専業主婦でも借りたいときがある

専業主婦がお金を借りたいとき、それはどんな時でしょうか。人によってさまざまな理由がありますが、子供のためのお金だったり、生活費が足りないなんて人もいるでしょうし、どうしても欲しいものがある場合もあるでしょう。もちろん我慢してやり過ごせるのであればそれに越したことはありませんが、キャッシングを上手く利用するという選択もひとつの手ではないでしょうか。

専業主婦がお金を借りるための条件

収入のない専業主婦でもキャッシングは可能ですが、残念ながら専業主婦が誰でも可能なわけではありません。専業主婦といっても多少条件があるんですね。専業主婦がキャッシングをするための条件とはいったいどのようなものでしょうか。その条件を順番にみていきたいと思います。
(⇒専業主婦でも借りられる場合とそうでない時もある?

  • 自身の収入について
  • 配偶者に安定した収入がある
  • 融資額の上限

自身の収入について

働いていない専業主婦は収入がないわけですが、働いていなくても収入のある人はそれだけでキャッシングができる可能性はあります。例えば、稀ではありますが、不動産を所有していて家賃収入があるなどの場合です。この場合は働いていなくても毎月収入が見込めるので、それだけで問題ないということですね。

では、収入のない主婦はどうでしょうか。収入がまったくない専業主婦でも借りることは可能です。専業主婦にお金を貸してくれる金融機関は「個人の収入」としてみるのではなく、「世帯の収入」で考えてくれます。すなわち、専業主婦個人に収入がなかったとしても、世帯に収入があればいいですよ、ということですね。世帯の中に働いて安定した収入を得ている人がいれば問題ないということになります。

配偶者に安定した収入がある

上記で述べたように、収入のない専業主婦に対しては「世帯年収」をみるので、配偶者に安定した収入があればキャッシングをすることは可能です。ここでいう配偶者、すなわちご主人になるでしょうが、ご主人に安定した収入があれば専業主婦でもキャッシングを受けることは可能です。

ただし、配偶者に安定した収入がない場合はちょっと厳しいかもしれません。例えば、配偶者であるご主人が仕事をしていない場合や、仕事をしていたとしても不安定な収入の場合は、審査に通りにくいかもしれませんね。金融機関にもよりますが、基本は「配偶者に安定した収入がある」というのが、最大の条件になると思っていてください。

融資額の上限

自身に収入のない専業主婦の場合は、そんなに高額な融資は期待してはいけません。金融機関によってさまざまではありますが、たいていは30万円~50万円までの少額融資が上限だと思っていてください。いくら配偶者に安定した収入があるといっても、個人に収入がないわけなので、金融機関側としても融資額を抑えざるを得ないといったところでしょうか。

もちろん、高額融資が絶対にできないというわけではありませんが、高額融資を受けるためにはそれなりの面倒な手続きが待っていると思ってください。審査もそれなりに厳しくなり、配偶者の勤務先への在籍確認や同意書など、時間と手間がかかることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。
(⇒在籍確認で行われる事とは?

融資にあたって気を付けなければいけないこと

収入のない専業主婦でもキャッシングが可能なことは理解いただけたと思いますが、どこの金融機関でも借りられると思ってはいけませんよ。専業主婦に融資をしているところは一部の金融機関に限られます。何も考えずにキャッシングを申し込んだのでは、サクッと審査に落とされてしまい、信用情報にキズがつくだけとなってしまうので、キャッシングを申し込むにしても気を付けなければいけないことを事前にチェックしておきましょう。

  • 必要な借入れ額
  • 配偶者の収入
  • いつまでに必要
  • 家族に内緒で借りたい
  • 他社からの借入れ状況

必要な借入れ額

キャッシングをしようと決めたら、必要な借入れ額はいくらなのか考えましょう。金融機関の広告を見ていると「融資額最大500万円」などとなっていますが、これはあくまでも最大です。しかも、収入のない専業主婦が対象なのではなく、個人に安定した収入がある人が対象となります。このような「最大融資額」は、専業主婦には関係ないと思っていてください。

あまり欲張らず、今本当に必要な額をきちんと明確にしておきましょう。当面いかほどあれば乗り切れるのか、最低限必要な金額を考えてください。キャッシングの額によって金融機関も変わってくるし、必要書類も違ってきます。

配偶者の収入

配偶者であるご主人に安定した収入はありますか。収入のない専業主婦がキャッシングを申し込むには、配偶者に安定した収入があることが最低限の前提条件となります。ご主人に安定した収入があれば、キャッシングは可能ですが、安定した収入がない場合は厳しいと思ってくださいね。

いつまでに必要

お金が必要になったら、そのお金はいつまでに必要なのかも考えてください。最近は即日融資が当たり前になってはきていますが、必ずしも即日お金を手にすることができるわけではありません。金融機関によっては、審査や手続きなどで時間がかかる場合があります。いつまでに必要なのかをきちんと考え、それに合わせて申し込むようにしましょう。何事も慌てるのはいけません。時間に余裕を持って申し込むようにしたほうがいいですよ。

家族に内緒で借りたい

最近では、家族に内緒でお金が必要になったという人も少なくないかもしれませんよね。もしくは、できることなら家族に内緒にしておきたいという人が大半ではないでしょうか。そんな人が多いからか、金融機関では「家族に内緒で融資可能」としてくれているところも最近増えてきています。どうしても家族に内緒でキャッシングをしたい人は、内緒にしてくれる金融機関を選ぶことをおすすめします。

もしくは、キャッシングを申し込んだときに「家族に内緒にしてほしい」ことを伝えれば、たいていの金融機関ではそのように処理してくれるはずです。こちらからお願いしなければ、郵便物が届いたりするので、必ずその旨を伝えることを忘れないようにしてください。

ただし、家族に内緒で借入れをおこなった場合、必ず返済をきちんとすることが大事ですよ。返済が滞ってしまうと、金融機関から連絡があるのは当たり前で、それでも返済しなければ、配偶者であるご主人に連絡が入ってしまいます。内緒で借りるのなら、返済をきちんとやらなければならないということを肝に銘じておいてください。

他社からの借入れ状況

これは専業主婦に限ったことではありませんが、他社からの借入れ状況が著しく悪い人は、キャッシングそのものが難しいと思ってください。あちこちの金融機関から借り入れをしており、返済が芳しくない人は新たにキャッシングなんて考えないほうがいいかもしれません。何も考えずに申し込んでしまうと、審査に落ちる可能性が高いだけではなく、「落ちた」という情報が個人信用情報に登録されてしまうので、どんどん負のスパイラルに陥ってしまいますよ。まずは、今ある返済をきちんと終えてから申し込むほうが賢明でしょう。

専業主婦でも借りられる金融機関

敷居の低いところである金融機関として思い浮かぶのは、消費者金融ではないでしょうか。確かに消費者金融は、お手軽でしかも審査に関しては比較的緩いと評判ではありますが、専業主婦の人はちょっと注意が必要です。

消費者金融は、総量規制という法律の対象となっているため、年収の1/3までしか融資できない決まりです。年収を元に貸し出す金額を決めるため、個人に収入のない専業主婦は対象外となってしまいます。自分で稼いでいる収入がないので、融資額も0円というわけですね。これは、いくら配偶者に安定した収入があったとしても借入れはできないので、間違っても消費者金融で申し込もうなんて考えてはいけませんよ。申し込んだところで、個人に収入がないわけなのであっさり審査落ちしてしまうという結果になるでしょう。

では、個人に収入のない専業主婦が借り入れることのできる金融機関とはいったいどこになるのでしょうか。それはずばり銀行です。銀行と聞くと、消費者金融に比べて敷居が高いイメージがあり、「収入がないのに借入れなんてできるの?」と、考えしまうかもしれませんが、収入のない専業主婦こそ銀行での借入れが可能なんですね。とはいえ、すべての銀行が可能というわけではありません。収入のない専業主婦に対して融資をこおなっている銀行をまとめてみましたので、その中から選択するようにしてください。

専業主婦でも融資が可能な銀行

収入のない専業主婦に対して銀行が融資をおこなっているとはいえ、銀行ならどこでも融資が可能なわけではありません。専業主婦でも可能な銀行で申し込むようにしないと、門前払いをくらってしまうなんてこともあるので、きちんと見極めてから申し込むようにしてください。

銀行のメリットは、消費者金融に比べて金利が低いところだといっていいでしょう。以下は、専業主婦に対して融資をおこなっている銀行です。さらに、銀行でありながら比較的審査が甘いところ、各銀行の特徴もまとめてみました。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • 新生銀行カードローンレイク
  • イオン銀行カードローンBIG
  • じぶん銀行カードローン
  • セブン銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行は誰もが知っている3大メガバンクである銀行ですよね。カードローンの種類のひとつとして「バンクイック」という商品があります。このバンクイックは、一度申し込みをしておけば、融資の限度額内であれば、ATMを利用していつでもどこでも融資を受けることが可能で、返済もATMからできるようになっています。審査も比較的甘く、収入のない専業主婦の人でも融資が可能です。

・収入のない専業主婦でも融資可能
・専業主婦の融資額は最大30万円
・最短即日融資
・審査は最短30分で完了
・金利は4.6%~14.6%
・提携のATMを利用すると手数料は0円
・返済シミュレーションで計画が立てやすい
・三菱東京UFJの口座があれば申し込みから融資までWEBで完結
・三菱東京UFJに口座がなくても融資可能

みずほ銀行カードローン

誰もが知っている3大メガバンクのひとつですが、メガバンクでありながらカードローンの融資を積極的におこなっている銀行でもあります。審査も比較的柔軟で、消費者金融並みのスピードがあります。しかも、収入のない専業主婦や女性に対して融資しやすい商品を取りそろえていることでも有名です。専業主婦の人向け商品として「みずほ銀行カードローン」と「みずほ銀行My Wing わたし応援ローン」の2種類があります。

・収入のない専業主婦でも融資可能
・専業主婦の融資額は最大30万円
・即日融資可能
・みずほ銀行の口座があると優遇
・金利は4.0%~14.0%
・みずほ銀行のキャッシュカードにキャッシング機能を搭載可能
・1,000円単位での借入れが可能
・多彩な返済プランから選択可能
・返済に自動引き落としが可能

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行は、店舗を持たないインターネット専用の銀行なため、ネットから申し込む方法のみとなります。専業主婦専用の申し込みページが準備されていたりと、専業主婦の人にとっては申し込みやすい銀行のひとつといっていいでしょう。しかも、「楽天銀行で審査が通らないと他の銀行はムリ」との口コミが多数あるくらい、審査が甘いことで有名です。ちょっと審査に不安のある人は楽天銀行で申し込んでみるのもいいかもしれませんね。

・収入のない専業主婦でも融資可能
・専業主婦の最大融資は50万円
・金利は14.5%
・楽天ポイント1,000ポイントプレゼント
・収入証明書不要
・ネットや提携コンビニのATMだと手数料0円
・さまざまなポイントキャンペーンあり
・楽天IDがあれば簡単申込
・入会金、年会費永久無料

新生銀行カードローンレイク

新生銀行といえば、インターネット専用銀行ですが、レイクは消費者金融というイメージがある人も多いのではないでしょうか。レイクは消費者金融だったのですが、新生銀行の子会社となることで、「新生銀行カードローンのレイク」という商品として生まれ変わったことになります。元は消費者金融ですが、今は銀行なので、もちろん総量規制の対象外となり、専業主婦の人でも借入れが可能となっています。審査は元消費者金融のレイクがおこなうので、比較的緩いといってもいいでしょう。専業主婦の人にとってはおすすめ銀行のひとつといえます。

・収入のない専業主婦でも融資可能
・融資額が5万円以内は180日間、それ以上は30日間無利息期間あり
・金利は4.5%~18.0%
・融資額100万円以内なら収入証明書不要
・即日融資可能
・レディースレイクという女性専用の商品あり
・借入れ診断あり
・返済シミュレーションで確認可能

イオン銀行カードローンBIG

イオンスーパーでおなじみのイオン銀行です。イオンスーパーということもあり、専業主婦への融資も積極的に行ってくれている銀行です。しかも銀行の中でもダントツに金利が低いので、近くにイオンスーパーがある人であれば、イオン銀行がおすすめだといえるでしょう。イオンスーパー店内に銀行の窓口やATMがあるので、スーパーに寄ったついでにキャッシングというお手軽さも専業主婦から人気が高い理由のひとつといえるでしょう。

・収入のない専業主婦でも融資可能
・専業主婦の融資額は最大50万円
・イオン銀行の口座がある人は即日融資可能
・金利は3.8%~13.8%
・融資額100万円までは収入証明書不要
・提携銀行、コンビニのATMでいつでも利用可能
・イオンスーパー内のATMは手数料無料

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で出資してできたインターネット専用の銀行になります。KDDIなので、auの携帯電話を利用している人にとっては嬉しいサービスがたくさんあります。もちろん収入のない専業主婦の融資も積極的におこなっていますので、auを利用していてなおかつ専業主婦の人向けといってもいいかもしれませんね。

・収入のない専業主婦でも融資可能
・専業主婦の融資額は最大30万円
・じぶん銀行に口座があれば即日融資可能
・融資額300万円以内は収入証明書不要
・金利は3.9%~17.5%
・auユーザーは金利を0.1%優遇
・1,000円単位で借入れ可能
・auユーザーは特典あり
・提携コンビニのATMでは手数料無料

セブン銀行カードローン

セブン銀行は、セブンイレブンジャパンとイトーヨーカ堂が出資してできたネット銀行です。基本的にはインターネット専用銀行ですが、イトーヨーカ堂店舗内のインストアブランチに有人店舗があります。ネットだけでは不安だという人にはいいかもしれません。また、セブン銀行のATMはイトーヨーカ堂かセブンイレブン内に設置されているため、近くにある人とってはとても便利な銀行だといえるでしょう。セブン銀行は高額融資を行っておらず、最大50万円までの少額融資になるため、もちろん収入のない専業主婦も対象となっています。

・収入のない専業主婦でも融資可能
・融資額は10万円・30万円・50万円のいずれか
・セブン銀行の口座があれば即日融資可能
・収入証明書不要
・金利は15%
・審査は最短10分
・1,000円単位で借入れ可能

まとめ

このように審査が甘く、収入のない専業主婦でも借入れが可能な銀行はたくさんあります。銀行を選ぶポイントは、まずは自分の優先順位をきちんと明確にし、自分の目的に合ったところを選択するといいでしょう。金利が気になるなら、無利息や金利の低いところを選択する、ネットが苦手で有人店舗を利用したいなら、近くに店舗のあるところにする、などです。

ただし、収入のない専業主婦への融資額は多くても50万円程度だと思っていてください。それ以上の融資額になると、配偶者の同意書や収入証明書が必要になったり、配偶者の勤務先への在籍確認があったりと、手間も時間余計にかかってしまいます。しかも、手間と時間がかかった上に審査に通らなかったなんてこともあり得るので、融資額に関してはあまり欲をださないようにしたいものです。

収入のない専業主婦に対して、どうして審査が甘く融資してくれるのかというと、「融資額が低い」からです。これに尽きますよ。このことを忘れず各銀行へ申し込むようにしてくださいね。

新着記事
ページトップへ