カードローンでお金借りる方法とコツを伝授します

カードローンでは、総量規制と総量規制対象外のものがあります。

大まかにカードローンで大きくお金借りる方法についてまとめると、総量規制対象外でなければ大きくお金借りるのは難しいとなっています。

また、そのために出来ることについても、実をいうとそこまで難しいものではありませんので、まずは基本的なことを頭に叩き込んで、そちらを実践する形で審査を受けにいくだけでよかったりします。

総量規制とはどのような規制なのか

カードローンを銀行やサラリーマン金融で受けようとした場合、総量規制ありとそうでないカードローンが用意されていて、サラリーマン金融では総量規制がかかっているものしかなかったりします。

総量規制とは、年収の3分の1までしか借りられないという規制なのですが、基本的に銀行カードローンについては総量規制対象外となっています。

また、年収の3分の1についてですが、絶対に3分の1まで借りられるというわけでもなかったりします。サラリーマン金融などが顕著なのですが、場合によっては年収の4分の1までしか貸してくれないケースもあるのです。

銀行を選んで大きくお金借りる

簡単なまとめとしては、数ある金融業者でカードローンを組む場合には、銀行を選択するようにしたほうが無難というまとめになります。

なによりも銀行では大きくお金借りるのも可能になっている点が、他の金融業者より優れているところであったりするからです。

前述した総量規制対象外だけでなく、銀行では1~500万円ほどの範囲でお金を借りられるようになっていますので、サラリーマン金融とは比較にならないほど借りれるようになっているからです。

サラリーマン金融では、1~50万円まで借りられるようになっているのですが、基本的に50万円以上というのは収入そのものの審査を受けないと借りられないようになっています。

手続きを考慮に入れると、最初からその審査をまとめてできる銀行のほうがカードローンでは優位に立てるというわけです。

信用力が高いほど評価が上がる

銀行では個人信用情報機関にアクセスをして、実際に審査を受けに来た相手が高額カードローンが可能な相手なのかをチェックできます。

つまり、カードローン審査において嘘などをついても簡単にバレてしまうというわけです。また、審査時間についてですが時間にして10分以内で個人信用情報については、確認が出来るようになっているとされています。

このような背景があるので、カードローン審査において嘘をつくのだけはやめておきましょう。

具体的に、年収・年齢・仕事先・借入件数・借入金額などについては、嘘をついているのがバレてしまうとペナルティがかかるようになっています。

主だったペナルティ一覧

銀行カードローン申請において、記述されている情報が誤っていると以下のようなペナルティが発生しますので注意しましょう。

  • カードローン審査で通りづらくなる
  • 他の業者のカードローン審査でも通りづらくなる
  • 審査に通ったとしても希望借入金額が減らされる場合が多い
  • 何度も嘘の情報で申請をしていると審査そのものを行ってもらえなくなる
  • 問題になる嘘の情報が目立った場合はブラックリストに登録されてしまう

上記の一覧に出てくるブラックリストについてですが、金融業者の間で要注意人物として扱われるようになるというふうに解釈をしておくとよいです。

また、ブラックリストになってしまうことをブラックリスト入りというのですが、そのように情報が登録されてしまうと基本的にその情報は長期に渡って消されることがないというデメリットがあります。

登録されないためにも、カードローン審査においては嘘の情報を記述しないようにしておきましょう。

審査で発生する情報の不備とは

銀行カードローンでは、情報の不備でも審査において信用が下がってしまうという問題点があります。

情報の不備とは、情報が欠けている状態でカードローン申請を行っている状態を言います。具体的に、氏名などの個人情報が欠けている場合には、審査はストップしてしまうようになっています。

なので、原始的ではあるのですがメモを用意しておき、メモ内には個人情報を記述しておくようにしておきます。このようなメモを用意しておくだけでも、情報の不備が少ない状態でカードローンの申請が行えるようになるのです。

借入件数・金額も配慮する

できるかぎり借入件数・金額についても配慮しておいたほうがいいです。また、こちらについては誤った記述が目立つ項目であったりもしますので、次のような点には特に気をつけておくようにしておきましょう。

  • 借入件数は全ての借入(カードローンやキャッシングなど)を含める
  • 借入金額については出来るだけ1万円単位で計算をしておくようにする
  • どこの金融業者を利用したのかはメモでまとめておくようにする

上記については、それほど難しいことではないのですが、情報の不備が目立つ項目であったりします。また、上記にも書かれていますが、借入件数という項目は実際にお金を借りている件数となっています。

つまり、小さな金額であっても借入をされているようであれば、借入件数としてカウントしたほうがいいのです。具体的には、数万円程度のショッピングローンがあったとしても、忘れずに記載するくらいが丁度よいのです。

カードを利用して信頼を得ておく

銀行カードローンでもそうですが、サラリーマン金融などでも信頼についてはカードの利用で得られるようになっています。

正確には、カードをはじめとしてローンを行っている場合に、ローンの返済などが安定して行われていると、金融業者の個人情報登録などでは信用のある個人として登録されるようになっているのです。

具体的にどのようにすれば信用をためやすいのかというと、それはクレジットカードを持つようにして、使うようにするだけでよかったりします。クレジットカードについては、カードそのものの審査も簡単となっています。

カードが発行されるまでには1週間ほどかかるようになっていますが、ちょっとしたショッピングでも使えるショッピング枠がついていますので、こちらを利用してローンなどを組んでいくようにすると効果的であったりします。

クレジットカードの審査について

クレジットカードを申請する場合ですが、できるかぎり審査が甘くなっているクレジットカード会社のもので申請をするのが理想となってきます。

また、そのような場合にクレジットカード会社で申請をするというのは、あまり理想的な行為でなかったりもします。

その理由ですが、大手のクレジットカード会社のカード審査については、通常通りの審査となっているからです。このようなカードについては、審査を受けるのは簡単なのですが、審査通過については容易くないケースが目立ちます。

なので、できるかぎり買い物をよく行う場所でカード申請をするようにします。家電をよく購入される場合には、家電量販店などで申請を行うようにし、ショッピングをよく行うという場合にはショッピングセンターで申請を行うのです。

このように購入先でカード申請をするようにしておくと、審査そのものが甘い傾向にありますし、何よりもクレジットカード利用時のポイントも早く貯まるようになっているのです。安易にクレジットカード会社で審査を行うというのはよくありません。

金利に着目して借りるようにする

大きくお金借りる場合、銀行やサラリーマン金融であっても金利にだけは着目をしておいたほうがいいです。というのも、金利が1%違うだけで返済総額は全く違ってくるからです。

借入金額 返済年数 金利:14.8% 金利:15.8%
100万円 5年 返済総額:1,421,105円 返済総額:1,452,715円

上記については、返済年数が5年であった場合の計算となっていますが、金利が1%違っているだけで返済総額は31,610円も違ってくるようになっています。

毎月の返済額で計算すると、月に527円しか差は発生しませんが、金利について着目していないと最終的にこれほどの差が発生してしまうのです。

金融業者で提示している金利

金融業者では金利というものが提示されていますが、14.5%や18.0%というのは基本的な金利に過ぎません。つまり、業者によっては更に金利が引き下がるというケースもあるのです。

具体的には、下記のような条件を満たすようにすると、金利については引き下げが発生するとされています。

  • お金借りる場合に借りる金額を大きくする
  • 金利ボーナスなどのキャンペーン時にローンを組む
  • 金融業者から新しいローンを勧められた際にローンを組む
  • 大型のローンを組んでいる状態でローンを組む
  • 無利息期間を利用してローンを組む

上記のような条件を守ってローンを組むようにすると、場合によっては金利が半分まで引き下がる場合があります。何よりも既に大きなローンを組まれている場合には、大きくお金借りるのも難しくなるケースが多いです。

大きなローンについてですが、一般的には高額ローンとされているものなのですが、不動産ローンや住宅ローンが該当となります。銀行では、これらのローンについても金融商品として取り扱っています。

既にこれらの内のどれかでローンを組まれている場合、銀行のカードローン申請時にその旨を連絡しておくようにします。すると、金利にボーナスが発生した状態で新しいローンが組めるようになったりするのです。

三菱東京の海外キャッシングが便利!他と違うオススメな点とは

海外に、旅行や仕事で出かける場合、日本のように治安が良くないことを考慮して、トラベラーズチェックを利用したり、できる限り、クレジットカードで支払いをしたり、場合によっては、キャッシングを利用したりすることがあるでしょう。(参考ページはこちら→海外で役立つ融資) また、それだけでなく、為替レートの関係から、意図的にキャッシングを利用する人も少なくありません。実は、為替交換の手数料を支払うよりも、キャッシングをしたほうが、手数料が安い場合があるのです。 (⇒...

北洋銀行クローバーカードは1枚4役!北海道の金融ならコレ1枚

もし、あなたが北海道にお住まいで、それほど頻繁に道外に出るわけではないのでしたら、北洋銀行のクローバーカードはとても便利なカードです。地方の銀行なので、長期旅行をすることが多い方や、頻繁に道外に出るという方にお薦めするものではありませんが、1枚で4役の銀行カードは、持っていると便利です。(参考ページはこちら→銀行カードローンには多機能なタイプもあります) クローバーカードは1枚で4役 北洋銀行のクローバーカードは、銀行カードなので、そもそもキャッシュカ...

ufjカードローン、他の審査への影響が気になるあなたへ!

近年、銀行カードローンの中でも、有名な大手銀行であり、即日融資も可能なufjカードローン、バンクイックが、とても人気があります。(参考ページはこちら→三菱東京UFJ銀行のカードローンが人気なワケ) ですが、一般にカードローン、キャッシングを利用すると、その人の信用情報にその事実が掲載され、各種ローンに影響を与えると言われます。ufjカードローンを利用した場合、他のローンへの審査はないのでしょうか。(参考ページはこちら→お金を借りれば他から借りるのは困難?...

エニーは主婦でも借りられる!?専業主婦が借りられる消費者金融

一般に消費者金融といえば、専業主婦は借りられない、ということが、浸透してきているのが、現在のキャッシング業界の状況だと思います。総量規制という法律が存在することによって、貸金業法に縛られる消費者金融、信販会社などでは、収入のない専業主婦がお金を借りるのは難しいのが現状です。 実際、大手の消費者金融を見てみますと、専業主婦は借りられないということがわかります。「安定した収入のある方」などの条件が付されていて、自分ではまったくお金を稼いでいない、無職の状態の...

会社や家族にバレるのは嫌!ローン審査を内緒で受ける方法

事情があってお金を借りたい、あるいは何か買いたいものがあって借りたいけれど、どうしても会社や家族に借金がバレるのは嫌…そういう方は、少なくないと思います。実際、自分がお金を借りることを考えると、あまり人に知られたいとは思わないですしね。 ですが、在籍確認や郵便物など、会社や家族にバレそうな要素というのは、つきものです。特に、審査の段階やいくつかの場面で、バレてしまいそうな瞬間というのは、存在します。 会社や家族に借金をバレないように借金する方法...

新着記事
ページトップへ